ホームBrand ComparisonseToro vs DEGIRO

eToro vs DEGIRO: 2022ではどちらのプラットフォームが優れているでしょうか?

効率的なオンラインブローカーの注意すべき機能を認識することは、トレーダーが最新の選択に間違いなく甘やかされているこの業界では非常に重要になります! eToroは暗号取引の世界でよく知られている名前ですが、DEGIROはヨーロッパで信頼できる株式仲買人として確固たる地位を築いています。

eToroは2007年でDEGIROは2013年に設立されました。どちらも投資家やトレーダーの多様なグループのニーズに応えており、eToroは関心のある人々に幅広い株式、商品、暗号通貨、通貨、その他の市場などを提供していますが、DEGIROはヨーロッパで最大の小売株式仲買人と見なされています。

当社のピック
eToro logo
eToro
5
$10
-
CySEC, FCA
Cryptocurrencies
eToro Mobile Trading Platform, eToro Trading Platform
-
Degiro logo
Degiro
4.75
$0
BTC, CRYPTO, ETH
-
-
-
Crypto ETFSとETNSを購入する..私たちの授与されたソフトウェアは、ユーザーフレンドリーなインターフェースをさまざまなオプションと組み合わせて、あらゆる種類の投資家に対して行われます。あなたの指先での基本的な分析ツール

eToro vs DEGIRO:セキュリティ

オンラインの世界には数多くのハッカーや詐欺師が存在しています。これによって全てのトレーダーは、取引を計画している取引プラットフォームに十分なセキュリティ対策を講じて自身の利益を保護する必要があります。 eToroとDEGIROのどちらもまだ重大なセキュリティ侵害を目撃しておらず、金融取引に対してはかなり安全であることを示唆しています。

eToroとDEGIROの両方で、アカウント上に追加のセキュリティレイヤーを作成するために2要素認証(2FA)を簡単に設定できます。 2FAを使用すると、モバイルデバイスで認証システムアプリを介することであなたのアカウントにアクセスできるのは自分だけであることを確認できます。

eToroではクレジットカード/デビットカード、銀行振込、Neteller、Skrill、PayPalなどのサードパーティの支払い処理業者を介して引き出しを行うことができますが、DEGIROでは手動の銀行振込のみが許可されています。これらのそれぞれの引き出しオプションは転送された資金の完全な安全性を保証します。

KYC / AML

eToroやDEGIROを含む世界中の全ての金融サービスプロバイダーは、KYC(Know Your Customer)プロセスに従って誰もがサービスを使用できるようにする前にユーザーのIDを確認する必要があります。これは、国際的なマネーロンダリング防止(AML)法に準拠するために不可欠な手順です。

eToroにアカウントを登録すると、同プラットフォームは有効な住所証明と政府承認の身分証明書をアップロードすることでアカウントからの入金と引き出しの制限を削除するように求めます。DEGIROに関しては、受け入れ可能な国の1つで有効な身分証明書、物理的な居住地、税務上の居住地を保持している場合にのみクライアントになることができます。また、登録時にDEGIROは携帯電話のカメラで身分証明書をスキャンして自分撮りをアップロードするように求めます。これら全ては、スマートフォンのDEGIROアプリを介して行われます。

サポートされている国と場所:あなたにぴったりのブローカーはどっちですか?

これらの仲介ポータルのいずれかで取引する能力は、主に居住国とそれに適用される取引法の種類によって異なります。

eToro

執筆時点でのeToro仲介ポータルはアルジェリア、アンドラ、アンゴラ、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン、バーレーン、バングラデシュ、ベルギー、ボリビア、ブラジル、ブルガリア、チリ、コロンビア、コスタリカ 、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エリトリア、エストニア、フィンランド、フランス、ジョージア、ドイツ、ジブラルタル、ギリシャ、ホーリーシー、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、イタリア、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、クウェート、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マレーシア、マルタ、メキシコ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、オマーン、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、カタール、ルーマニア、セネガル、セイシェル、シンガポール、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、タイ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、英国、米国*(一部の州)、ウルグアイ、ウズベキスタン、ベトナムでサービスを提供しています。

DEGIRO 

DEGIROの株式仲介サービスを利用する場合はオーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、イギリス、スイスに住居している必要があります。この情報は執筆時点では正しいものですが、アカウントを開設する前にはご自身で確認してください。

規制

eToroはキプロス証券取引委員会(CySEC)、キプロス投資会社(CIF)、英国の金融行動監視機構(FCA)、オーストラリア、証券投資委員会(ASIC)および金融商品指令(MiFID)におけるヨーロッパの市場などの世界中の評判の高い様々な金融当局によって規制、登録、ライセンス供与、包括的に規制されたオンラインブローカーです。

対照的に、DEGIROのオンライン株式仲買人はドイツの金融監督庁であるBundesanstaltfürFinanzdienstleistungsaufsicht(BaFin)によって監督されています。また、欧州中央銀行(ECB)の間接的な規制も受けており、DEGIROのオランダでの事業はオランダ中央銀行(DNB)によって監督されています。

このような有名な当局によって規制および監督されることは、市場におけるこれらの取引ポータルの両方によって生み出される信頼に大きく貢献します。

eToro vs DEGIRO:どちらがより広い暗号ポートフォリオを持っていますか?

2021年に2兆ドルの時価総額を超えた暗号通貨業界は、現在で最大かつ最も急速に成長している市場に数えられており、オンラインブローカーは暗号に投資して取引するための最良の媒体の1つとして機能します。

eToroでは多くの中型および大型株の暗号通貨を含む29種類の暗号通貨に投資して取引することができますが、DEGIROは現在株式仲介サービスのみを行っており、現執筆時点では暗号通貨は提供していません。

eToro通貨

以下にリストされているのは、eToroプラットフォームを介して投資および取引が可能な暗号通貨です。

  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコイン(BTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ステラルーメン(XLM)
  • イーサリアム(ETH)
  • NEO(NEO)
  • EOS(EOS)
  • カルダノ(ADA)
  • ライトコイン(LTC)
  • IOTA(MIOTA)
  • Zcash(ZEC)
  • コンパウンド(COMP)
  • テゾス(XTZ)
  • TRON(TRX)
  • メーカー(MKR)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • ユニスワップ(UNI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • アルゴランド(ALGO)
  • エンジン(ENJ)
  • Aave(AAVE)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ディセントラランド(MANA)
  • ポリゴン(MATIC)
  • 百万の芝(SHIBxM)
  • Yearn.Finance(YFI)
  • 基本注意トークン(BAT)

DEGIRO通貨

前述のように、現執筆時点ではDEGIROプラットフォームで投資または取引の目的で利用可能な暗号通貨はありません。

購入方法の比較

スイスフラン(CHF)、カナダドル(CAD)、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、オーストラリアドル(AUD)、英ポンド(GBP) などの様々な取引ペアを使用して、eToroポータルで暗号通貨を購入または取引できます。

一方でDEGIROを使用して株式を購入および取引する場合は、その国で使用されている法定通貨のいずれかを使用できます。

eToro vs DEGIROでの暗号購入

取引手数料

すべての証券会社のプラットフォームは、定期的な収入の流れを維持するためにそのサービスに対して料金を請求します。暗号通貨ブローカーは通常、従来の株式仲買人と比較した際の手数料は低くなっています。

定額料金

eToroではアカウントを何ヶ月も続けて使用しない場合、月額10ドルの定額料金で非アクティブ料金が請求されます。対照的に、DEGIROプラットフォームにはそのような非アクティブ料金および定額料金はありません。

入出金手数料

DEGIROもeToroも、彼らが保有する口座に預金をするための請求は行いません。

ただし、引き出しに関してeToroは通貨換算手数料とは別に一律5ドルの手数料を請求しますが、DEGIROはそのような手数料を課しません。大規模な頻度の低い引き出しを選択することで、eToroの引き出しコストを最小限に抑えることができます。

ブローカー取引手数料

eToroを介して処理された取引にて請求される特定の手数料や手数料はありませんが、各プラットフォームにはリストごとに「ビッド/アスク」スプレッドと呼ばれるものがあります。それはプラットフォームで提供される暗号通貨の購入価格と販売価格の違いを指しており、アスク価格はビッド価格に比べて高いことから、2つの違いとしてはeToroがどこからお金を稼ぐかです。 eToroの暗号通貨スプレッドは、検討中の暗号コインに基づいて0.75%から4.9%の範囲です。

DEGIROが請求する取引手数料は基本レートと変動レートの2つの要素で構成されており、どちらも資産クラスや金融商品によって異なります。また、変動金利は注文の量にも依存しています。

お支払い方法

eToroを使用するとクレジット/デビットカード、銀行振込、Sofort / Klarna、eウォレット(PayPal、Skrill、Neteller)などの複数の支払い方法を介して法定通貨の預金を行うことができます。使用可能な通貨には米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、カナダドル、ノルウェードル、ニュージーランドドル、ポンドスターリング、香港ドル、タイバーツ、メキシコペソ、スイスフラン、チェココルナ、デンマーククローネ、ポーランドズロティ、イスラエルシェケル、スウェーデンのクロナ、トルコのリラ、南アフリカのランド、シンガポールドルなどがあります。

DEGIROでは、受け入れ可能なヨーロッパの国で使用されている基本通貨を使用することで手動の銀行振込でのみ入金できます。

両方のプラットフォームのユーザーインターフェイスの比較

トレーディングプラットフォームのUI(ユーザーインターフェイス)が顧客に対してどれほどフレンドリーであるかは、ポータルの成功を決定する上で大いに役立ちます。eToroとDEGIROには使いやすくて包括的なUIを備えているため、トレーダーはあらゆる種類の情報を利用することで十分な情報に基づいた取引を行うことができます。

eToroにはナビゲートしやすいダッシュボードがあり、広く普及している「コピートレーディング」機能など、ある機能から別の機能に簡単に切り替えることができます。DEGIROはハードコアな株式仲買人であり、広範な株取引機能をすべて1つの画面にまとめたものです。

eToroの使いやすさ

出典: eToro.com

eToroのダッシュボードは非常にすっきりしていて、左側のメニューに複数のタブが表示されておりポートフォリオ、ウォッチリスト、ニュースフィードなどのさ様々なセクション間を簡単に移動できます。また、[発見]セクションの下から[ポートフォリオのコピー]および[人のコピー]オプションにすぐにアクセスするか、[トレードマーケット]をクリックして全ての取引可能な資産に直接アクセスすることもできます。

DEGIRO使いやすさ

出典: Degiro.co.uk

DEGIROは全ての重要な情報を1つの画面に表示し、使いやすい方法で表示することを好むトレーダーを対象としたかなり使いやすいインターフェイスを備えています。また、様々な市場にて過去の価格変動をより適切に分析するために使用できる数多くのチャート設定があります。それとは別に、最新のトップニュース記事を下部のセクションで表示でき、右側の領域には株の勝ち負けが表示されます。左側のメニューは市場、製品、ポートフォリオ、活動、お気に入りの間を簡単に移動できるようにします。

取引機能

eToroとDEGIROはどちらも中級レベルおよび経験豊富なトレーダーが効果的に使用できる仲介プラットフォームですが、eToroは様々な従来の資産クラスとは別に暗号通貨の取引も可能にします。彼らはベテランのキャンペーン参加者の行動を簡単にコピーして学ぶことができるので、新規のトレーダーにとっては非常に役に立つ機能です。一方でDEGIROは、主に株式仲買人を行っています。

どちらのサービスプロバイダーも詳細な価格チャートを含む複数の付加価値機能を提供しているため、技術的に健全なトレーダーがよく考えられた市場決定を下すのに役立ちます。

さらに、eToroは差金決済取引(CFD)を通じて投機的な暗号取引を促進しますが、DEGIROはオプションと先物を介して同じことを許可しますがそれは株式についてです。現執筆時点では、DEGIROは暗号取引やCFDを提供していません。

eToro vs DEGIRO:流動性とボリューム

様々な資産の可用性について公正なアイデアを得るためにも、流動性はあらゆる取引ポータルの適切な評価において非常に重要な役割を果たします。一方でボリュームは、プラットフォームで活発に取引されている様々な資産の量を示します。取引プラットフォームの流動性が高く取引量が多い場合は、問題に直面することなく適切と思われるときにいつでも簡単にポジションを開閉できます。

eToroには1700万以上の強力なユーザーベースがあり、それは世界のほぼ100か国に広がっています。DEGIROには主にヨーロッパのさまざまな地域に100万を超えるクライアントが存在しており、これらの数字は両方のプラットフォームで行われている大量の取引と流動性の問題を引き起こす可能性が低いことを示唆しています。

どちらが最高のカスタマーサポートを提供しますか?

貿易業界にてこれまでにDEGIROとeToroの両方が成し遂げてきた多くの功績には、彼らの効率的なカスタマーサービスチームにあります。

eToroは、問題を迅速に解決するためにオンラインのカスタマーケアの担当者とリアルタイムでやり取りできるライブチャットサービスを提供しています。また、電子メールやファックスでeToroと通信することも可能です。これらのメディアは全てポータルの詳細なオンラインサポートセクションとは別に、アクセスして多数のよくある質問に素早く回答することができます。

DEGIROにも、よくある質問を記載した「ヘルプセンター」があります。平日の午前8時から午後10時までは電話にて連絡することも可能です。様々な種類の問題を即座に解決するために、複数の電子メールアドレスも提供されています。

eToro vs DEGIRO:結論

あなたがもし暗号通貨での投資や取引を行おうとしている人であれば、明白な選択肢としてはeToroになります。DEGIROは現執筆時点にて提供されている暗号を持っていませんが、そのプラットフォームには全ての著名な暗号通貨を含むかなり包括的な暗号ポートフォリオがあります。

そうは言っても、両方のプラットフォームは非常に顧客中心で様々な投資家/トレーダーのタイプに対応および機能しています。 eToroは世界的に存在しており様々な法定不換紙幣を複数の支払い方法によって受け付けていますが、DEGIROの業務は執筆時点では主にヨーロッパに限定されており、銀行振込による現地の法定通貨預金のみを受け付けています。 DEGIROがヨーロッパ以外の国に事業を拡大して暗号取引の提供を開始した場合にのみおいて、これらのプラットフォームはより対等な立場になると言えるでしょう。

1
最小デポジット
$10
プロモーション
ユーザー評価
10
取引を開始
説明:
支払い方法
Bank Transfer, Wire Transfer
全ての規制一覧:
CySEC, FCA

よくあるご質問

  1. eToroは米国証券取引委員会(SEC)からライセンスを受けていませんが、米国のいくつかの州でサービスを提供しています。DEGIROは主にヨーロッパで株式投資や取引に関心のある人々によって使用されており、アメリカではサービスを提供していません。

  2. この2つの内、唯一暗号取引サービスを提供しているのはeToroです。検討中の暗号通貨に応じて0.75%から4.9%の範囲のスプレッドを請求します。

  3. DEGIROには、eToroのような「コピートレーディング」機能はありません。

  4. いいえ。DEGIROでは、銀行振込による入出金のみが可能です。
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。