ホームBrand ComparisonsPlus500 vs Trading212

Plus500 vs Trading212: 2022ではどちらのプラットフォームが優れているでしょうか?

Plus500は2008年、Trading 212は2004年に設立されており株式、商品、外国為替、暗号通貨、その他の様々な取引可能な資産に関しても最も経験豊富なオンラインブローカーとして数えられています。 Plus500は英国外で暗号取引を提供し続けていますが、Trading 212は2020年11月以来全ての暗号取引を一時停止しています。どちらのプラットフォームも忠実な支持者がおり、現在での取引世界で確固たる地位を築いています。

この詳細な記事ではセキュリティ対策、サポートされている国、規制、支払い方法、カスタマーサポート、手数料などにおける様々なパラメータをもとにこれら2つのオンラインブローカーを比較します。

当社のピック
Plus500 logo
Plus500
4.5
$100
ADA, AXS, BCHA, BTC, CRYPTO, CRYPTO10, DOT, EOS, ETH, FIL, LINK, LTC, MATIC, MIOTA, NEO, SOL, UNI, VET, XLM
ASIC, FCA, FSA, ISA, MAS, cysec-250-14-regulator
CFDs
Web Based Trading Platform, Mobile Trading Platform, Plus500, Webtrader
BTC、ETC、LTC、ネオ、XRP、IOTA、EOS、BAB、ADA、TRX、XMRのCFD暗号交換アカウントを開くか、特別な財布を使用する必要はありません。調整ブローカー - FCA、ASIC、CYSEC(ライセンス番号250/14)
Trading 212 logo
Trading 212
1.5
$1
CRYPTO
-
-
-
-

Plus500 vs Trading 212:セキュリティ

暗号通貨の取引や投資に関しては、暗号資産のセキュリティ面を最大限に重視する必要があります。オンラインの世界は詐欺師やハッカーが数多く存在しており、あなたが苦労して稼いだお金を奪おうと絶え間なく機会を試みてます。Plus500とTrading 212の両方では、その注目に値するセキュリティ違反をまだ目撃されていません。これは、これらの取引プラットフォームでビジネスを行うことがかなり安全であることを意味します。

どちらのサービスプロバイダーも取引口座の2要素認証(2FA)を促進し、投資家/トレーダーが追加のセキュリティレイヤーを作成できるようにします。2FAでは、アカウントへのアクセスをモバイルデバイスの認証アプリを介して個人的に認証した後にのみ許可されます。

Plus500はPayPal、Skrill、銀行振込、クレジット/デビットカードなどの複数のよく知られた支払い方法による資金の引き出しを許可します。ただし、Trading 212では以前に預金に使用されたのと同じ支払い媒体を使用して資金を引き出すことが義務付けられています。その引き出し方法にはクレジット/デビットカード、PayPal、銀行振込、Dotpay、Giropay、iDEAL、Carte Bleueなどが含まれます。これらの全ての支払いモードはその高いセキュリティのために市場で広く認識されています。

KYC / AML

様々な金融機関が実施しているKYC(Know Your Customer)プロセスはあなたにとって苦痛に思えるかもしれませんが、グローバルなマネーロンダリング防止(AML)法を遵守することで、全ての人にとって安全な取引環境を構築することが出来ます。

Plus500では、登録プロセスを完了するために有効な政府承認の身分証明書と別の住所証明を提出する必要があります。これらの書類を提出して初めて、それらのサービスを完全に利用できるようになります。

Trading 212では、住所の証明と政府発行の有効なIDを提出する以外にもサインアッププロセスを完了するために自撮りをアップロードするように求められる場合があります。

サポートされている国と場所:あなたにぴったりのブローカーはどちらですか?

世界中の規制やその他の要件によって、オンラインブローカーが全ての国で運営されることは困難であることに留意してください。したがって、デューデリジェンスの初期段階で特定のブローカーがあなたの国にサービスを提供しているかどうかを確認してください。以下は、Plus500とTrading 212が現在サービスを提供している国の詳細です。

Plus500

執筆時点で、Plus500は次の国で運用されています:アンドラ、アルゼンチン、アジア/太平洋地域、オーストラリア、オーストリア、バーレーン、ブルガリア、チリ、コロンビア、コスタリカ、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、フランスのギアナ、ドイツ、ジブラルタル、ギリシャ、グアドループ、香港、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、イタリア、クウェート、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マカオ、マレーシア、マルタ、マルティニーク、メキシコ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、オマーン、パナマ、ポーランド、ポルトガル、カタール、ルーマニア、サウジアラビア、セイシェル、シンガポール、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、英国、ウルグアイなどで、Plus500は米国市場に対応していません。

Trading 212

Trading 212の公式ウェブサイトを見ても、積極的にサービスを提供している国の明確なリストは提供されていません。ただし一部のサードパーティの情報源によるとルーマニア、英国、日本、アラブ首長国連邦、ポーランド、ドイツ、オランダ、スペイン、オーストラリア、シンガポールを含む100か国以上で運営されているようです。しかしカナダ、中国、米国などの国では使用できません。また、Trading 212は膨大な需要と継続的な容量拡張を理由とした上で、執筆時点での新規アカウント登録は受け付けていません。

規制

Plus500はヨーロッパ、英国、イスラエル、シンガポール、ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリアで完全に準拠し規制されているブローカーであり、英国の金融行動監視機構(FCA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、ブルガリアの金融監督委員会(FSC)、ニュージーランドの金融市場局(FMA)、南アフリカの金融セクター行動監視機構、シンガポールの金融当局などの主要な金融当局からライセンスを受けています。

そのような厳しい規制下で運営されている事から、Plus500がアジアとヨーロッパの暗号トレーダーの間で人気があることは驚くべきことではありません。それは積極的にCFD取引を提供していますが、暗号CFDの利用には現地の法律に応じて国ごとに異なる場合があります。たとえば、デンマークではPlus500で暗号CFD取引を実行できますが、英国ではFCAによる暗号デリバティブの禁止によって許可されていません。

Trading 212はキプロス証券取引委員会(CySEC)、英国の金融行動監視機構(FCA)、ブルガリアの金融監督委員会(FSC)によって規制されています。

Plus500とTrading 212はどちらも、英国のFinancial Services Compensation Scheme(FSCS)などの政府スキームを通じて顧客の資金を保護しているため、投資家/トレーダーに高いレベルの信頼を提供します。

Plus500 vs Trading 212:どちらがより広い暗号ポートフォリオを持っていますか?

2021年には2兆ドルの時価総額のマイルストーンを超えて、暗号通貨市場は現在でも多くの活動で賑わっています。その急速な人気の高まりにより、過去数年間で多くの評判の高い仲介ポータルが出現しました。

Plus500では主に時価総額が大きい6つの人気のある暗号通貨に投資または取引できますが、Trading 212には取引可能な暗号通貨はありません。2020年11月27日までは暗号取引を許可していましたが、その後はあらゆる種類の暗号取引活動を停止してFCAポリシーのステートメントに準拠していました。

Plus500通貨

Plus500では次の著名な暗号通貨での取引や投資が行えます。

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • カルダノ(ADA)
  • ステラルーメン(XLM)

これらとは別に、Plus500を使用すると時価総額に基づいて10の最大の暗号通貨を追跡する「暗号10インデックス」やETH / BTCペアも提供されます。

Trading 212通貨

上で強調したように、執筆時点ではTrading 212プラットフォームにて投資または取引の目的で利用できる暗号通貨はありません。

購入方法の比較

Plus500では暗号通貨の価格は米ドルで表示されますが、資産は差金決済取引(CFD)を通じて取引されてネイティブの法定通貨で効果的にポジションを開くことができます。対照的にTrading 212は米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、スイスフラン(CHF)、英ポンド(GBP)を含む全ての有名な法定通貨との手間のかからないCFD、ETF(上場投資信託)および株式取引を容易にします。

Plus500 vs Trading 212での暗号購入

取引手数料

ブローカーは、顧客に様々な種類の手数料を請求することによって収益を生み出してビジネスを継続します。暗号通貨仲介プラットフォームは株式、外国為替、商品を扱う対応プラットフォームよりも低い手数料を請求することが知られています。

定額料金

Plus500は、3か月間取引アカウントにログインしない場合には月額10ドルの非アクティブ料金を請求します。Trading 212にはそのような非アクティブ料金は請求しません。

入出金手数料

Plus500は、取引口座への入金および取引口座からの引き出しに料金を課しません。

Trading 212も引き出性しに対しては何も請求しませんが、預金の場合には特定の料金が発生する可能性があります。通常または即時の銀行振込の預金手数料は徴収されませんが、Google Pay、クレジットカード、デビットカード、Apple Pay、Skrillを介して行われた2000ユーロ以上のデポジットには0.7%のデポジット料金がかかります。

ブローカー取引手数料

2つのプラットフォームはどちらもそれらを介して実行される取引に対して取引手数料や手数料を請求しませんが、「ビッド/アスクスプレッド」と呼ばれるものが適用されます。これは基本的にポータルにリストされている取引可能な資産の売買価格の違いでありビッド価格は常にアスク価格よりも低く、それがブローカーに収益をもたらします。

Plus500は非常に競争力のあるスプレッドを持っています。例えば、ビットコインキャッシュでは2%をはるかに下回ってビットコインでは0.3%と印象的な数字を持っています。Trading 212は同プラットフォームにて利用可能なあらゆる種類の市場で非常にタイトなスプレッドを特徴としていますが、正確なスプレッドは検討中の商品および資産によって異なる場合があります。

お支払い方法

Plus500では銀行振込、即時銀行振込(預金のみ)、クレジット/デビットカード、Skrill、PayPalなどを介して資金の入金や出金を行うことが出来ます。

Trading 212では銀行振込、即時銀行振込、Carte Bleue、Direct eBanking、デビットカード、クレジットカード、Dotpay、Skrill、PayPal、Giropay、iDeal、PayPal、Apple Pay、 GooglePayなどが使用可能です。

ただし、提供される正確な支払い方法は国によって異なる場合があることに注意してください。

両方のプラットフォームのユーザーインターフェイスの比較

複雑なユーザーインターフェイス(UI)は新規のトレーダーにとっては非常に威圧的に映り、より優れたサービスプロバイダーは彼らを怖がらせる可能性があります。Plus500とTrading 212は、どちらも操作が簡単でレイアウトが明確かつ技術的で洗練されたダッシュボードを備えています。彼らは非常に専門的な仲介プラットフォームとして、全レベルのトレーダーに適切に配置されています。

Plus500の使いやすさ

出典: Plus500.co.uk

Plus500ランディングページでは、上半分のセクションに複数の取引ペアが表示されます。ペアのいずれかをクリックすると下半分の領域にその価格チャートが表示されます。暗号トレーダーは、このチャートや幅広い機能セットを使用して詳細なテクニカル分析を実行できます。取引は利用可能な「購入」ボタンと「販売」ボタンを使用することでかなり簡単に実行でき、アカウントの詳細と設定には左端のバーに並んでいるタブからアクセスできます。

Trading 212の使いやすさ

出典: Trading212.com

Trading 212は、全ての投資を一目で確認できる通常のビューと全ての投資の価格チャートを包括的に確認できる他にも、3つの異なる資産の価格チャートを表示する高度なビューの提供や比較が行えるテクニカル分析などがあります。様々なグラフのプロパティを試すことで、左側の様々なタブを簡単に切り替えることができます。

取引機能

Plus500とTrading 212はトレーダーに無数のチャートオプションを提供することで、幅広いインジケーターを簡単に組み込むことができます。

Plus500はCFD取引市場にて非常に人気があります。暗号トレーダーはポジションサイズを最大10倍に拡大することで、ブローカーから資金を借りてレバレッジ取引を行うことができます。10倍のレバレッジを使用することで50ドルの取引を500ドルまで簡単に変換できます。これはあなたの利益を大幅に押し上げることができますが、同時にあなたの損失も同じ係数で増幅されます。

Trading 212はCFD取引機能も提供していますが、株式、商品、外国為替などの従来の資産に対してのみ提供されます。

Plus500 vs Trading 212:流動性とボリューム

トレーディングプラットフォームの流動性は、タイムリーに資産を売買できるかどうかを判断するのに役立ちます。ボリュームは特定の資産についてポータルで実行された取引の量と数の指標であり、より高い流動性と取引量はあなたが適切であると考えた時間内に市場ポジションを開閉することができるので、一般的に問題のない取引経験へと変換されます。

Plus500は主にCFDを扱っているため、原資産の流動性は必要ありません。実際に所有したり譲渡したりすることなく、取引可能な資産の価格変動を推測するだけです。スプレッドは通常、BTC / USDやETH / USDなどの大量の取引を目撃する市場ではよりタイトになります。

一方でTrading 212は、約150万人の顧客、30億ポンド相当の顧客資産、1日あたり150万件近くの注文が実行されていると主張しています。これら全ての数字は高い流動性とボリュームを示唆しています。

どちらが最高のカスタマーサポートを提供しますか?

Plus500とTrading 212はどちらも、ユーザーに優れたカスタマーサービス体験を提供しており、それこそが長年のビジネスの成功の秘訣となっています。

Plus500は全ユーザーにライブチャット機能を提供するだけでなく、従来のチケット付きサポートサービスも提供しています。

Trading 212は24時間年中無休のカスタマーサポートを提供し、応答の平均時間は29秒ほどを約束します。また、彼らのモバイルアプリまたはウェブサイトを介するカスタマーサービスも行う事が出来ます。

Plus500 vs Trading 212:結論

Plus500とTrading 212はどちらもクライアントに幅広い顧客中心の機能を提供し、それぞれがタイムリーで十分な情報に基づいた潜在的に収益性の高い取引を行うのに便利です。しかし、Plus500の方が暗号取引に関しては明確な優位性があります。これは単に、執筆時点でのTrading 212が暗号取引を提供していないという事実によるものです。

Plus500は10年以上にわたって暗号市場で運用されています。中級から上級レベルのトレーダーに適していると思われるかもしれませんが、初心者がそのプラットフォームに慣れるにはほんの数回の取引しか必要ありません。当然のことながら、それは何年にもわたって多くの投機的な暗号トレーダーにとって最初の選択肢として浮上してきました。Plus500は他のプラットフォームと比較してもスプレッドが狭いため、その点においても優位に立つことができます。

1
最小デポジット
$100
プロモーション
ユーザー評価
10
BTC、ETC、LTC、ネオ、XRP、IOTA、EOS、BAB、ADA、TRX、XMRのCFD暗号交換アカウントを開くか、特別な財布を使用する必要はありません。調整ブローカー - FCA、ASIC、CYSEC(ライセンス番号250/14)
取引を開始
説明:
Plus500は、外国為替、商品、指数、株式、オプション、および暗号外菌を含む+ 2,000の金融商品に関するレバレッジドトレーディングを提供して、違い(CFD)の大手プロバイダーです。 CYSECライセンス番号(#250/14)
支払い方法
Bank Transfer, Credit Card, PayPal, skrill
全ての規制一覧:
ASIC, FCA, FSA, ISA, MAS, cysec-250-14-regulator
このプロバイダとCFDを取引するとき、小売投資家の77%がお金を失う。 CFDSがどのように機能するのかを理解し、お金を失う危険性が高いかどうかを理解するかどうかを検討する必要があります。 Plus500はCFDサービスであり、暗号化の購入を提供していませんが、CFD取引のみを許可します。

よくあるご質問

  1. 執筆時点では、Plus500もTrading 212も米国市場でのサービスを提供していません。

  2. Trading 212が暗号通貨を提供していないという理由だけではなく、Plus500の暗号通貨スプレッドは市場内でも最高位に匹敵します。

  3. いいえ。両方のプラットフォームもコピー取引機能は提供していません。

  4. Trading 212で暗号通貨取引が再び利用可能になるかどうかを合理的に推測する方法は現在なく、それは将来の規制の枠組みの進化に委ねられています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。