ホームMaker
Maker logo
Maker および eToro

Maker とは、そしてどのように機能するのか?

Maker logo
Maker (MKR)
...
24変化
...
7日間変化
...
時価総額
...
著者: Hassan Maishera news-post-updated: Apr 12, 2022

現在の分散型ファイナンス(DeFi)は暗号通貨の分野をリードする分野の1つであり、DeFiのおかげで世界中の人々が分散型の方法で金融サービスにアクセスできるようになりました。

Makerは世界でもトップのDeFi貸付プラットフォームの1つであり、これは分散型ファイナンスとステーブルコインの両方を組み合わせたユニークな暗号通貨プロジェクトです。それは人々が規定された期間の後にローンを借りてそれらを返済することを容易にし、MKRトークンはMakerDAOがMakerプロトコルを管理するために使用するためのものでもあります。前者は分散型自律組織で後者はソフトウェアプロトコルであり、どちらもイーサリアムブロックチェーンによって管理されています。

なぜMakerが発明されたのですか?

Makerトークンは、MakerDAOおよびMakerプロトコルのガバナンス暗号通貨として機能するように開発されました。基本的にMKRトークンは、ユーザーにプラットフォームでの投票権を与えます。そこにあるいくつかのDeFiプロトコルとは異なり、MakerはMKRトークンの所有者に配当を支払いません。代わりに所有者は、Makerのプラットフォームで提案された開発および更新に対する投票権を持っています。

MKRトークン保有者が投票する提案にはDeFiプラットフォームへの新しい担保資産タイプの追加、担保資産タイプのリスクパラメーターの変更、DAI貯蓄率の修正、DeFiプラットフォームのアップグレードなどが含まれます。

MKRトークンとDAIトークンはリンクされているため、主要なステーブルコインの管理に参加できることもMKRトークンの価値を高める独自の機能です。 MKRのもう1つのユニークな特徴は、その動的な供給が清算から生成されたDAIが未払いの債務をカバーするのに十分でない場合の資本増強リソースとして機能することです。それが発生すると、残りの債務をカバーするために新しいMKRトークンが作成されて販売されます。一方で必要以上のDAIが発生した場合には、過剰なDAIを利用してMKRを買い戻して消費することでMKRの供給を減らします。

したがって、MKR保有者はMKR供給のインフレとMKRトークンの切り下げを回避するためにDAIを適切に管理するように奨励されています。

Makerに投資する準備は出来ましたか?

Makerはどのように機能し、その背後にはどのような技術がありますか?

DAIステーブルコインを話さずにMKRトークンについて議論することは不可能です。これはMakerプロトコルが動作するために2つのトークンを必要とするためであり、DAIステーブルコインはMakerプロトコルユーザーがETHなどの別のデジタル通貨をプラットフォームにロックしてDAIでローンを取得するときに作成されます。その後にユーザーは、DAIステーブルコインを返却することで担保としてロックした暗号通貨を取り戻すことができます。

メーカーDAOプロトコルの主な目的は、グローバルなリーチを持つステーブルコイン(DAI)の作成を可能にする分散型の運用およびガバナンスシステムを持つことです。さらに、MakerDAOプロトコルは人々が暗号通貨を使用してDeFiサービスを楽しむことができるメカニズムも目指しています。

MKRトークンが作成されたのはガバナンスの目的であり、MakerDAOプロトコルが適切に機能して成長し続けるためにも、MKRトークンはエコシステムを管理するために使用されます。トークンは、DAIがスムーズに動作することを保証する変更を決定するために使用されます。

MKRトークンは、DAIステーブルコインの使用方法に影響を与える提案に投票するために使用されます。 MKRトークン保有者はどの暗号通貨をDeFiプロトコルにロックできるか、プラットフォームがロックされた資産を清算する価格などの様々な決定力を持っています。

MKRを保持している個人は、エグゼクティブ投票を介して重要な決定に投票できます。執行投票が可決されると、合意された提案に沿ってMakerプロトコルに変更が加えられます。幹部投票の前にはMakerコミュニティは提案投票と呼ばれる別の投票プロセスを通過します。プロポーザルポーリングは、変更が投票されてプロトコルに実装される前にMKRトークン所有者がプロポーザルに関する感情をチェックするための手段です。

これらの点によってユーザーがネットワークの変更を判断できるため、Makerプロトコルは他のステーブルコインプロジェクトとは異なります。一方でUSDT、USDCなどのステーブルコインではユーザーにはガバナンスの権利がありません。

Makerはリアルマネーですか?

Makerプロトコルには、MKRトークンとDAIステーブルコインの2つのトークンがあります。DAIは「リアルマネー」の全ての特徴を備えており、安定したドルペグは価値のあるストア、交換手段、アカウントの単位、後払いの標準として使用できることを意味しています。つまり、それらはメーカープロトコル内の債務決済に使用されます。

一方でMKRトークンは、これらの基準では実際のお金として定義することはできません。価格の変動性が高いため、MKRはこれらの目的には不適切でありトークンはとにかくこれらの用途向けに設計されていません。 MKRはメーカープロトコルに提案された変更に投票するために使用されるガバナンストークンであり、「リアルマネー」では実行できないということです。

暗号通貨の分野でのステーブルコインの価値は法定通貨に1:1で固定されているため、ステーブルコインはお金の機能を果たすのに適しています。また、交換の媒体として機能するように設計されたDASHやLitecoinのようないくつかの暗号通貨があります。

Makerの料金と費用

その他の全ての暗号通貨と同様に、MKRトークンの使用には手数料がかかります。MakerDAOボールトの場合にはユーザーは安定料金を支払う必要があり、その料金はMakerヴォルトの担保に対してDaiステーブルコインを生成する際の固有のリスクを処理するように設計されたプロトコルのリスクパラメーターです。ヴォルトの安定料金は、プロトコルを担当するMKRトークン所有者の決定に基づいているために一定ではありません。

さらに、MKRのトレーダーおよび投資家としては暗号交換、仲介プラットフォーム、P2Pネットワークから暗号通貨を購入する際には取引手数料を支払う必要があります。入金、出金、取引手数料はプラットフォームごとによって異なり、ユーザーがMKRトークンの購入に進む前に暗号通貨取引所または取引プラットフォームの取引手数料を適切に確認することをお勧めします。

Makerのメリットは何ですか?

Makerはメーカープロトコルの支配的な暗号通貨であり、所有者に様々なメリットを提供します。それらのいくつかは次のとおりです。

コミュニティガバナンス

MKRトークンの主な利点の1つはコミュニティガバナンス機能です。 MKR保有者にはMakerのDeFiプロトコルのガバナンスに参加するタスクが与えられ、この機能によってユーザーは実装する変更を決定する際にDeFiプラットフォームの将来をより細かく制御できます。Makerのエコシステム内では、アクティブプロポーザルスマートコントラクトの使用のおかげでガバナンスメカニズムがうまく機能します。スマートコンタクトはユーザーがプロトコルを制御できるように設計されており、ネットワーク全体でより高度な透過性を確保します。

トークン保有者はDaiステーブルコインのポリシーの変更、担保として受け入れる新しいコインの決定、ガバナンスシステムの改善などの重要な決定を下すことができます。

熱を持った料金

MKRトークンの価値を維持するために、プロトコルはデフレメカニズムを使用します。このシステムは担保付き債務のスマートコントラクトが閉じられたときに、MKRトークンで少額の利息が支払われることを保証します。料金の一部が燃やされることで、プロトコルが既存の供給と暗号通貨の需要の間の健全なバランスを維持することを保証します。

デフレメカニズムを備えたプロトコルはDeFiスペース内で非常に人気があります。これは、報酬トークンの発行ポリシーによって引き起こされるインフレによってDeFiプラットフォームが切り下げられないようにするためです。MKRトークンの発行者は、トークンを継続的に発行してその価値を維持することは不可能であることを知っています。

Makerは匿名で使用できますか?

暗号通貨市場は数年前よりも規制が厳しくなっており、マネーロンダリングなどの悪意を抑えるためにKYC(Know Your Customer)およびAML(Anti Money Laundering)ポリシーを実装した暗号通貨交換が必要になりました。したがって、これは暗号通貨を使用することの匿名性を取り除きます。

MKRトークンを匿名で使用するのは困難であり、それはプライバシーに焦点を合わせた暗号通貨ではありません。むしろ、メーカープロトコルのガバナンストークンとして使用されます。MKRトークン保有者は、暗号通貨を使用してMakerDAOエコシステムを管理することに関心があります。

Makerはどれくらい安全ですか?

DeFiセクターはまだ初期段階にあり、プロトコルのセキュリティの観点からさらに多くのことが必要です。過去数年にわたってDeFiプラットフォームに対する様々な攻撃が見られ、その結果数億ドルの損失が発生しました。ただし、これまでのところMakerプロトコルの重大なセキュリティ違反はありません。

Makerは、暗号通貨の分野で最も安全なネットワークの1つであるEthereumブロックチェーンによって管理されています。コインを冷蔵ウォレットに保管して最大限のセキュリティを確保することによって、読者がMKRトークンの安全性を個人的に確保することをお勧めします。さらにウォレットでは、2FAなどの追加のセキュリティ機能も実装できます。

どのチームがMakerの開発に取り組んでいますか

MakerはRune Christensenによって開発されました。他の主要なDeFiプロトコルと同様に、Makerエコシステムは世界中の様々な独立した開発者によって維持されています。 DeFiプロトコルの開発はMKRトークン所有者の投票に基づいて行われおり、開発者は Githubリポジトリを通じてMakerエコシステムに貢献できます。

どの金融機関がMakerに投資していますか?

いくつかの金融機関がMKRトークンに投資しています。世界をリードするデジタル資産マネージャーの1つであるGalaxy Digitalは、 MKRトークンを保有しており、DeFiインデックスファンドの12.7%が暗号通貨に割り当てられています。大手デジタル資産管理会社であるGrayscaleは、CoinDesk DeFiIndexに基づいてDeFiファンドにてMKRトークンの保有も行っています。暗号通貨とDeFiエコシステムはまだ成長しており、将来的にはさらにいくつかの金融機関がMakerプロトコルに参加する可能性があります。

Makerマイニング

MakerトークンはEthereumブロックチェーンでホストされているためマイニングはできません。ERC-20トークンとしてのMKRはまだ独自のブロックチェーンでホストされておらず、新しいMKRトークンを作成する決定はプロトコルのガバナンスを担当するトークン所有者によって決定されます。

Makerウォレット

MKRは主要なDeFiトークンでありEthereumブロックチェーンでもホストされています。これが意味するのは、様々なコールドおよびホットストレージウォレットによってサポートされていることです。MKRトークンをサポートするウォレットには次のものがあります。

  • Ledger Nano X(コールドストレージウォレット)

  • Ledger Nano S(コールドストレージウォレット)

  • Trezor(コールドストレージウォレット)

  • CoolWallet(コールドストレージウォレット)

  • MyEtherWallet

  • Exodus

  • Atomic wallet

  • Trust Wallet

  • Crypterium Wallet

  • Coinomi

上記のウォレットのいずれかを使用してMKRトークンを保存できます。MKRトークンやその他の暗号通貨に最大限のセキュリティを提供するために、追加のセキュリティ機能をアクティブ化するようにしてください。

Makerは投資する価値がありますか?

全ての投資家は、金融資産が投資する価値があるかどうかを自分で判断する必要があります。 MKRトークンを決定するには、MakerDAOプロジェクトを研究してそれが何を提供するかを理解することで、あなたの将来のパフォーマンスの可能性を検討する必要があります。プロジェクトに関する十分な情報があれば、それに基づいてトークンを購入するかどうかをあなたが決定できます。それにもかかわらず、私たちは常に読者が暗号通貨の変動性のために失うことができる金額だけを投資することをお勧めします。

よくあるご質問

  1. DAOは分散型自律組織の略です。DAOは過去数年にわたって暗号通貨の分野で人気を保っており、これらは企業の運用のさまざまな側面をスマートコントラクトに変換して管理を容易にすることで通常のトークン所有者にガバナンスに対する権限を与えるという独特なものです。

  2. MKRトークンは人気のあるERC-20トークンであり、様々な暗号通貨取引所、証券会社のプラットフォーム、P2P取引所などで見つけることができます。ただし、資金の最大限のセキュリティを確保するためにも規制された暗号通貨取引プラットフォームからMKRトークンを購入することをお勧めします。

  3. はい。モバイルデバイスでもMKRトークンを使用することは可能です。暗号交換とウォレットにはモバイルアプリがあり、そこでMKRトークンに簡単にアクセスできます。暗号交換のモバイルウォレットを使用すればMKRトークンの送信、受信、購入、販売などが行えます。

  4. これに答えるには、あなたの国の現地の暗号通貨規制を確認する必要があります。ただし暗号通貨は通貨よりも資産と見なされており、世界中のほとんどの国で合法です。

  5. CDPコントラクトはMakerを自律させるシステム機能です。これらのコントラクトは、DAIステーブルコインと引き換えにERC-20トークンをメーカープロトコルに送信したときに開始されます。送信するトークンはCDPスマートコントラクトにロックされており、ロックされた金額に対応するDAIを受け取ります。スマートコントラクトはローンが返済されると、担保付き資産を自動的に解放します。

  6. これは担保が預けられるスマートコントラクトに付けられた名前であり、ユーザーはMakerヴォルトを作成することでOasisBorrowなどのインターフェースを介してアクセスできます。

  7. MKRトークンは、Makerプロトコルを管理するために使用されており所有者にほとんどリスクを与えません。ただし、ユーザーには安全な手順を実装することをお勧めしています。

  8. MKR保有者によって承認されたイーサリアムベースの資産は、DAIを生成するための担保として使用できます。これを書いている時点ではMKRは承認されておらず、Makerコミュニティの多くはそれが不適切であると信じていますが、これは資本増強リソースとしてのMKRの役割として価格の下落がヴォルトの清算につながる場合の最後の手段の担保となるためです。したがって清算されるヴォルトの担保としてMKRを使用すると、MKRの価格に下向きの圧力をかける負のフィードバックループが発生する可能性があります。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。