ホームニュースビットコインが33,000ドルまで落ち込むと190万BTCが含み損に陥る可能性:Glassnode

ビットコインが33,000ドルまで落ち込むと190万BTCが含み損に陥る可能性:Glassnode


ビットコインは5月2日(月)に38,385ドル前後で取引されており、過去数ヶ月に見られた弱気圧力に未だ苦戦しています。昨年11月に7万ドル近くまで上昇した旗艦暗号通貨は、ピーク時から44%下落しています。

先週、BTC/USDペアは37,614ドルの安値を付け、ここ1ヶ月で最も低い価格水準となりました。

市場が大きくネガティブになる中、利益が出ているビットコインの供給量の70%が大幅に減少し、ビットコイナーたちの多くが含み損を抱えることになる可能性がある。これは、分析プラットフォームGlassnodeが月曜日に発表したオンチェーン分析レポートからの見通しです。

採算が取れないギリギリのところ

報告書によると、ビットコインが最近S&P500やナスダックと高い相関関係にあることから、下値の危険性が残っているとのことです。インフレ、金利上昇、地政学的な不確実性に対する懸念の中で、市場が動揺し続けているにもかかわらずです。

株式が急落した結果、暗号市場に連鎖し、多くのBTC保有者が「採算の取れないポジションを保有する奈落の底」に突き進む可能性があると、Glassnodeはニュースレターで述べています。

オンチェーンデータによると、短期保有者(STH)のコストベースは46,910ドルです。これは、現在短期保有者が保有している平均的なコインは、-17.9%の含み損を抱えていることを意味します。 STHsのMarket Value Realized Value(MVRV)指標も大きな痛みを指しており、オシレーターは-0.75標準偏差で平均から外れています。

執筆時点で価格が38,500ドルで取引されているため、追加で190万BTCを含み損(供給量の10%)に陥れるためには、市場が$33.6kまで下落する必要があります。」とGlassnodeチームは書いています。

 BTC供給の10%が損失に陥る可能性があることを示すチャート 出典:Glassnode

2018年から2019年、そして2020年3月には収益性が45%から57%にまで低下しており、短期保有者にとって最悪の事態がまだ起こりうることを意味しています。40%以上のウォレットが含み損に陥れば、パニック売りが連鎖的に市場を襲い、キャピタルのイベントが発生する確率が高まるでしょう。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。