ホームニュース2022年に購入&保有すべき暗号通貨TOP10

2022年に購入&保有すべき暗号通貨TOP10


暗号通貨は今年の良いスタートを切っていません。 CoinGeckoがまとめたデータによると、デジタルコインの時価総額は1月の2.04兆ドルから、4月には約1.9兆ドルに減少しました。すべての回復の試みは行き詰まっています。この記事では、2022年に購入・保有すべき最も有望な暗号通貨について見ていきます。

1. Ethereum

第2位の暗号通貨であるイーサリアムは、2022年に買い持ちするのに最適なものの1つです。このプラットフォームは、より多くの開発者と投資家を惹きつけるような大きな変化を遂げつつあり、開発者は、プルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステーク・ネットワークへの移行を実施しています。

また、シャーディングの概念を導入し、大幅に高速化する予定です。その結果、より多くの開発者が自分たちのアプリケーションを構築するためにこれを選択する可能性があります。その上、ほとんどの開発者は、欠点があるにもかかわらず、すでにそれを使っているので、2022年にイーサリアムの価格が上昇し続ける可能性があります。

2. Chainlink

Chainlinkは、業界最大のスマートオラクルプラットフォームです。その仕事は、主にオフチェーン同士のデータを繋ぐことです。DeFiやNFTなど、有用な外部データを必要とする様々な業界で、その利用はとても重要です。Chainlinkは、550億ドル以上の総保有価値(TVS)を持っているので、Chainlinkの価格は今後も上昇を続ける可能性が高いです。

3. Bitcoin

ビットコインはブロックチェーン業界で重要な役割を担っているため、購入・保有するのに安全な暗号通貨です。世界最大のコインであり、他のコインの基調を定める傾向があります。ほとんどの場合、ビットコインが上昇すると他の暗号通貨も上昇する傾向があり、逆もまた然りです。また、世界で最も保有されているデジタルコインの1つでもあります。

したがって、2022年に暗号通貨価格がプラスになるなら、ビットコインも上昇する可能性があります。また、ビットコインは機関投資家の間でも人気を集めています。

4. Near Protocol

Near Protocolも2022年に投資すべき有望な暗号通貨であり、開発者の間でかなりの支持を集めているプルーフ・オブ・ステーク型暗号通貨です。クリエイターは現在、より高速でスケーラブルにすることを目的としたnightshade shardingのアップグレードを実装しています。

このミッションを実現するために、Near Protocolは今年4月に約3億5,000万ドルを調達しました。この資金調達は、開発者が投資家から1億ドル以上を調達した数カ月後に行われました。これらの資金は、エコシステムの構築と開発者のインセンティブに充てられ、DeFiにロックされたその総額はほぼ10億ドルにまで上昇し、今年も成長を続ける可能性があります。

5. Mina Protocol

Mina Protocolは、あまり知られていない暗号通貨で、今年は良い年になりそうです。その価格はすでに年初来の安値から約61%も跳ね上がっています。Mina Protocolは、ゼロ知識(zk)ロールアップを使用して、開発者が高速アプリケーションを構築できるようにするブロックチェーンプロジェクトです。そのトークンの時価総額は11億ドル以上です。

Mina Protocolの開発者は、ベンチャーキャピタルから9200万ドル以上を調達しました。そのSDKは2022年にローンチされることが決まっており、このプラットフォームが人気を博す可能性があります。そうなれば、より多くの人がそのプラットフォームと交流することで、MINA価格は上昇し続ける可能性が高いでしょう。

6. Lido DAO

Lido DAOは、分散型金融(DeFi)業界をリードするブロックチェーンプロジェクトです。プラットフォームは、Terra、Ethereum、Solana、Kusama、Polygonで構築されています。そのEthereumとTerraのネットワークが最大です。またLidoのビジネスは、ステイクされた資産に流動性を提供することです。

例えば、Lido Staked Etherの時価総額は90億ドル以上であり、Lidoは170億ドル以上の総価値がロックされています。Lido DAOトークンの時価総額は8億7800万ドル以上です。2022年には、より多くの人がこのネットワークを受け入れるようになり、跳ね返る可能性があります。

7. Anchor Protocol

Anchor Protocolも2022年に購入・保有するのに安全な暗号通貨です。TVLが250億ドルを超える、世界有数のDeFiプラットフォームです。Curveに次いで2番目に大きなDeFiネットワークで、Terraのエコシステムでも最大のものです。

Anchor Protocolは、人々がそのプラットフォームにお金を預け、他の人が借りると報酬を得るようになります。2022年初頭、開発者が月ごとに得られる金利を微調整すると発表した後、Anchor Protocolの価格は下落しました。金利は毎月1.5%ずつ上がるか下がるかですが、Anchorはそのエコシステムがまだ成長しているため、安全な暗号通貨といえます。

8. Avalanche

Avalancheは、開発者が分散型アプリケーションを高速に構築できるようにすることを目的とした、ブロックチェーンプラットフォームのリーディングカンパニーです。Ethereumが1秒間に20件以下のトランザクションを処理するのに対し、Avalancheは4,000件ものトランザクションを処理することが可能です。また、トランザクションの平均価格が数セントと、比較的安価なネットワークでもあります。

Avalancheネットワークが力強い成長を遂げている一方で、開発者はそのエコシステムを強化するために4億ドル以上の投資を発表しています。1回目はAvalanche Rush、2回目はメタバースのための2億9000万ドルです。したがって、2022年のAvalanche価格は上昇し続ける可能性が高いでしょう。

9. Terra 

Terraは、業界で最も急成長しているブロックチェーン・プロジェクトの1つです。このネットワークは、160億ドル以上の時価総額を持つTerra USDなどの安定コインでよく知られています。また、DeFi業界における主要なプレーヤーにもなっています。エコシステムのトップDeFiアプリケーションには、Anchor Protocol、Lido、Astroportなどがあります。世界で最も急成長している暗号通貨の1つであるLUNAは、2022年の良い投資先と言えるでしょう。

10. Cronos

Cronosは、2022年に目を見張るような成長を遂げることが期待されている暗号通貨です。また、ネットワーク内の多くの開発者を魅了しています。DeFi Llamaによると、このネットワークには40億ドル以上のTVLを持つプロジェクトが数百件あり、ネットワーク内のアプリには、VVS Finance、Tectonic、MM Financeなどがあります。したがって、Cronosの価格は上昇し続ける可能性が高いでしょう。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。