今買うべきトップクリプトBSET 7:2023年の究極の成長

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

今買うべきトップクリプトBSET 7:2023年の究極の成長

By Alice Davies - 分読み (ショート)

現在の弱気市場であなたのお金をどこに置くかを知ることは難しいかもしれませんが、多くの人が今買うべきトップの暗号をいくつかのプロジェクトで検討しています。暗号化市場の下落傾向として、今あなたのポートフォリオを成長させ始めることは直感に反するように見えるかもしれません。しかし、これらの下降はいくつかの驚くべき投資機会を含んでいます。この記事では、7つの有望なプロジェクトを調査し、なぜ2023年が彼らの最高の年になる可能性があるのかを説明します。

1. Metacade(MCADE)ー2023年のトップクリプト

MetacadeはP2E(プレイ・トゥ・アーン)ゲームの世界に革命を起こすことを目的とした、エキサイティングな新しいプロジェクトです。このプロジェクトはゲーマーが同じ志を持つファンとつながり、最新のP2Eタイトルを探求し、Web3ゲームの将来について意見を述べることができるコミュニティハブです。専用フォーラム、ライブチャット、レビュー、リーダーボード、経験豊富なプレイヤーによる最新のGameFiアルファ版など、P2Eを有利に進めるために必要なものはすべてこのプラットフォームで見つけることができます。

Metacadeの最も重要な野望の1つは、GameFiの優秀な頭脳をプラットフォームに引き寄せ、その知識を他の人と共有することです。そのためレビューやヒント、その他の価値あるコンテンツをコミュニティで共有する人にMCADEトークンを提供することにしました。経験豊富なプロであれ、P2E初心者であれ、MetacadeをGameFiについて学び、より多くを稼ぐための究極の場所とすることに貢献することで、収入を得ることができるのです。

しかし、コンテンツを共有することはMetacadeで収入を得るための多くの方法のひとつに過ぎません。また、Metacadeのネイティブなテスト環境を使って気軽にゲームをテストすることで、P2E収入を増やすことも可能です。さらに2024年に予定されているMetacadeの求人掲示板には、Web3やゲーム業界の巨匠による数多くの募集が掲載され、ユーザーは自分の情熱を傾けながらキャリアを形成するチャンスを得ることができます。

2023年後半、Metacadeは最初のMetagrantを配布する予定です。これはコミュニティが構築するゲームを選択するための資金調達ツールです。開発者は競合するプロジェクトのプールに自分のアイデアを提出することができ、最も多くの票を集めたものがMetacadeの国庫から資金を受け取るというシンプルなプロセスです。これは、コミュニティへの参加とオーナーシップの感覚を育むだけでなく、開発者に草の根のファンベースを作り、以前は手に入らなかったような人生を変えるような資金を受け取る機会を提供するものです。

Metacadeの目標は、世界初のプレイヤーが所有するバーチャル・アーケードになることです。このビジョンを達成するために、本格的に開発された後は、分散型自律組織(DAO)になることを計画しています。DAOでは、Metacadeのユーザーがプラットフォームの変更を提案・投票し、コミュニティによって選ばれたリーダーによって実行されることになります。さらにコミュニティ間の信頼と整合性を確保するために、Metacadeはトレジャリーから行われるすべての取引は、処理される前に複数の署名が必要であることを要求します。

GameFi業界は2025年までに年間100%の成長率で加速すると予想されており(Crypto.com)Metacadeは素晴らしい2023年に向けて準備されているようです。そのコミュニティファーストの哲学と、P2Eのすべてのためのワンストップショップとなる計画は、群衆からそれを際立たせ、何千もの投資家は、Metacadeが2023年のトップ暗号になり得ることに同意しています。Metacadeはまだプレセールの第1段階ですが、発売以来125万ドル相当のトークンを販売しています。

この投資の洪水の一部は、MCADEが同じ期間に多くのトッププロジェクトをアウトパフォームする可能性が高いという事実に起因していると思われます。これらすべての要因を考慮すると、Metacadeは今すぐ購入すべきトップの暗号です。

>>> Metagateのプレセールはこちらから参加できます<<<

2. Binance Coin(BNB)ー世界最大の仮想通貨取引所とともに成長

Binance Coinは、世界最大かつ最も人気のある暗号取引所であるBinance取引所のネイティブトークンです。取引手数料の割引、Binance Marketplaceでのショッピング、Launchpadを通じたトークン販売など、Binanceの独占的な機能や特典にアクセスするために使用される多目的ユーティリティトークンです。

2017年の創業以来、BNBは一貫してトップパフォーマンスの暗号通貨の1つであり続けています。2017年11月の0.50ドルの安値から2021年5月の691.80ドルの最高値まで、BNBはほぼ140,000%高くなりました しかし今日の弱気市場では、BNBは2021年以前のブルラン価格に到達するまでの道のりは長いです。

BNBの人気が続いているのは、主にBinance取引所の継続的な成功と人気に起因しています。Binanceを利用する人が増えれば増えるほど、BNBの需要も増えます。さらに、このゲームで最も信頼され、確立されたプレイヤーの1つとして(最近ではBinanceの埋蔵量証明によってサポートされています)Binanceは今後も支配力を持ち続けると思われます。そのためBNBは今買うべきトップクリプトの1つとして素晴らしい選択となります。

3. Ethereum(ETH)ー10万TPSへの道を切り開くシャーディング

Ethereumは世界で最も人気のあるスマートコントラクトプラットフォームで、何千もの分散型アプリ(dApps)、NFTプロジェクト、暗号トークンの作成を可能にしています。「暗号の女王」とも呼ばれるEthereumは、先発者としての優位性を活かし、スマートコントラクトの分野を席巻してきました。多くの競合他社がトップの座を奪おうと試みていますが、Ethereumのような評価を得るには至っていません。

Bankless Timesの最近の記事には、Ethereumに関する印象的な統計が掲載されています。例えば、暗号所有者の約24.4%が世界的にETHを保有しており、その1日の平均取引量はおよそ160億ドルです!またEthereumの認知度は世界的に19.49%、世界人口の2.38%がEthereumを保有しています。さらにEthereumの認知度は世界で19.49%であり、世界人口の2.38%がEthereumを保有しているとのことです。

Ethereumは高い取引手数料、遅い速度、無駄なエネルギー消費などの批判を受けてきましたが、最近のプルーフ・オブ・ステークへの移行により、これらの問題は解決されると思われます。2023年後半に予想されるEthereumの最も重要なアップグレードの1つは、シャーディングでしょう。シャーディングにより、Ethereumのネットワークは大幅にスケールアップし、1秒間に約15トランザクション(TPS)から10万TPS以上までトランザクション速度が向上する予定です。この動きはEthereumのユースケースを大幅に拡大し、暗号採用の新しい波を起こすきっかけとなる可能性があります。そのためEthereumは、今買うべきトップ暗号の3番目の選択肢となっています。

4. Ripple(XRP)ーSEC vs Ripple終了時期が見えてきた?

Rippleは特に金融機関にとって、高速かつ安価な国際取引を可能にするために設計された決済ネットワークおよびデジタル通貨です。銀行は時間とコストがかかる従来のSWIFT銀行システムを使用する代わりにRippleを使用して、1セントにも満たないコストでほぼ瞬時に支払いを実現することができます。

このイノベーションは確かに革命的ですが、Rippleが長年抱えてきたSECとの裁判がその進展に影を落としています。2020年末、SECはRippleの生みの親であるRipple Labsに対し、XRPの販売が無登録の証券募集にあたるとして訴訟を起こしました。それ以来何千人ものRipple投資家がSECとの戦いに加わっています。

弁護士でRippleの支援者であるJohn Deaton氏によると、この訴訟は3月、4月、5月に和解に至るはずです。Rippleにとって複数の軽減要因があり、SEC からの説得力がないように見えるケースで、XRP はおそらく勝利して現れるでしょう。もし判決がRippleに有利なものとなればXRPは一夜にして急上昇し、Rippleは2023年の大規模な成長のために購入すべきトップ暗号の1つになると予想されています。

5. Chainlink(LINK)ー競争相手がほとんどいない重要なプロジェクト

Chainlinkは、スマートコントラクトに安全で信頼性の高いデータを提供することを目的とした分散型オラクルネットワークです。オラクルはイベント、トランザクション、APIなどの外部データをスマートコントラクトからアクセスできるようにするサードパーティサービスで、ブロックチェーン技術のユースケースを大幅に向上させるものです。

例えば、Chainlinkは金融サービスにおいてリアルタイムの価格データへのアクセスを可能にし、複雑な金融商品を完全に自動化することを可能にすることができます。このアクセスはMakerDAO、Aave、Synthetixなど、Chainlinkを機能させるために必要とする複数のDeFiプロジェクトで実現されています。また、Chainlinkは、スマートセンサーやメーターが生成するデータにアクセスし、スマートコントラクトに利用することも可能です。

このサービスは暗号の大量導入に不可欠ですが、Chainlinkはほとんど競合に直面していません。最も近い競合はBAND Protocolで、時価総額はチェーンリンクの10分の1にも満たないプロジェクトです。(CoinGecko)Google、Amazon Web Services、SWIFTなど多くのビッグネームと提携し、分散型オラクルのリーディングプロバイダーとしてのChainlinkの地位は揺るがないものと思われます。だからこそ、今買うべき暗号の第5位なのです。

6. Polkadot(DOT)ーDOTは100万TPSまで拡張できるか?

Polkadotは、ブロックチェーン対応ネットワーク間の相互運用性の問題を解決することを目的とした、Ethereumのライバルです。開発者はスケーラブルで柔軟性があり、ビットコインやEthereumのような別々のアプリケーションやブロックチェーン間の通信を促進できるようにPolkadotを作成しました。まず水玉模様を想像してください。次に、すべてのドット間を線で結ぶことを想像してください。各ドットが個々のブロックチェーンだとすると、Polkadotはドットをつなぐものです。

他のレイヤー1ソリューションとは異なり、Polkadotは分散化、スピード、セキュリティを念頭に置いて構築されています。他のブロックチェーンは1つの分野に秀でているかもしれませんが、Polkadotとは異なり3つ全てに秀でたものはほとんどありません。この成功の多くはPolkadotがパラチェーンを使用していることによるもので、パラチェーンは取引を連続的にではなく、効果的に同時に行うことを可能にします。

2023年第1四半期、Polkadotはパラスレッドを開始し、スケーラビリティを大幅に向上させる予定です。ブロック時間が12秒から6秒へと半減するだけでなく、トランザクションの速度も100倍から1000倍になるはずです。このスピードアップにより、Polkadotは1,000TPSから10万TPS以上、さらには100万TPSの可能性もあり、Ethereumに対する有力な競争相手となるでしょう。これらの有望な数字から、DOTは今買うべきトップ暗号の1つであると言えます。

7. Filecoin(FIL)ーAI の未来を動かす?

2023年のトップクリプトの1つとして最後に選ばれたのは、Filecoinです。 Filecoinは分散型ストレージネットワークで、ユーザーは未使用のハードドライブスペースを貸し出してFILトークンを獲得することができます。当初Filecoinは、価格高騰、詐欺、ハッキング、検閲に悩まされる集中型ストレージ業界に対するソリューションとして作られました。しかしFilecoinは事実上その逆で、市場が価格を設定し、そのプロトコルの分散化された性質が、不正アクセスや検閲が事実上不可能であることを意味します。

データストレージのニーズは今後増加する一方と予測される中、Filecoinは完璧なソリューションと言えるでしょう。Amazon Web ServicesやMicrosoft Azureなどのプロバイダーと比較して、Filecoinを使用してデータを保存するコストはほんのわずかであり、データセンターを増やす必要もないのです。何よりもAIの台頭のおかげで、Filecoinはすぐに支配的になる可能性があります。

AIが機能するためには、大量のデータが必要です。OpenAIのCEO、Sam Altman氏によると、ChatGPTの1回の応答にかかるコストは「おそらく1桁のセント」つまり通常のウェブ検索の10倍から100倍のコストになるという。このコストはAIの回答を生成するために必要なコンピューティングパワー(とサーバーの数)が膨大であることを反映しています。したがって、FilecoinはOpenAIのような企業が法外なコストに直面することなく製品を拡張するために利用することができるのです。

AIがこれまで考えられていたよりも急速に成長しているため、この安価な大容量ストレージの必要性は遅かれ早かれ2023年末には訪れるかもしれません。その結果、Filecoinは分散型ストレージ市場に君臨し続ける可能性が高く、今買うべきトップクリプトの1つです。

Metacade(MCADE)は今購入すべきトップクリプト

2023年が暗号通貨の世界にとってどうなるかは、まだ確定していません。しかし連邦準備制度理事会が2023年に利上げを後退させると予想されていることから、暗号の弱気市場の終わりを告げる可能性があります。そうなればこのリストの7つの暗号通貨は、特に言及された複数のカタリストを考えると、おそらくロケットの役割となるでしょう。しかしMetacadeは2023年のトップクリプトとして際立っています。

GameFi業界の爆発的成長の可能性、ゲーマーが好むであろう複数のコミュニティベースの機能、そして投資を呼び込む実績があることから、Metacadeは2023年に成功を収めると思われます。もしあなたがP2Eゲームのリーダー的存在になる可能性のある会社に入りたいと考えているのなら、探すのをやめて、その代わりに Metacadeのプレセールを見逃さないでください!

本記事で紹介したコインはこちらのeToroで購入することができます。

Metacadeの先行販売にはこちらから加できます。