ビットコイン億万長者が1年前より73%減少、暗号の損失が2兆ドルを突破した2022年の狂乱の時代

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

ビットコイン億万長者が1年前より73%減少、暗号の損失が2兆ドルを突破した2022年の狂乱の時代

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • 暗号通貨業界は2022年に入ると3兆円近い評価額になったが、今は8000億円になりました。
  • 2022年以降、ビットコインの億万長者は73%減少しました。
  • ビットコインは69,000ドル近くの史上最高値から75%引き戻されました。
  • ビットコインの供給量の25%は今年に入ってから赤字でしたが、現在は50%以上になっています。
  • 1BTC以上を保有する投資家が20%増加、ハードルの高さを実感しています。

かつて、暗号通貨市場の評価額は3兆ドルでした。正確にはビットコインが6万9000ドル近くという史上最高値で取引されていた2021年11月のことです。

しかしその後2022年がやってきました。COVIDマネーの印刷、ウクライナ戦争、サプライチェーン問題などの結果、インフレが勃発し、世界中の中央銀行が急騰する生活費危機を抑制するために利上げを余儀なくされたのです。

安価な流動性が市場から引き抜かれ、ビットコイン、そして暗号通貨全体がピンチを迎えました。トップ10の暗号通貨が崩壊し、トップ取引所の1つがカードハウスであることが明らかになり、その他多数の倒産や不祥事を目の当たりにしたのです。

その損失は2兆円を超え、本稿執筆時点ではビットコインはその価値の4分の3を失い、16,800ドルで取引されています。

ビットコイン億万長者

bitinfocharts.comのオンチェーンデータを見ると、ビットコインの大富豪は急速に減少しています。2022年に入ると、100万ドル以上のビットコインを含むアドレスが9万件ありましたが、現在は24,000であり、73%の減少に相当します。

オンチェーンデータは、ビットコイン価格チャートを見れば一目瞭然のことを要約していますーパーティーは終わり、投資家は少なくとも近い将来、ビットコイン保有から引退することを夢見ることはもはやありません!ビットコイン億万長者の4分の3近くがその地位を失ったことは、2022年が投資家にとっていかに醜いものであったかを要約する、おそらく最も優れたデータです。」とCoinJournalのディレクター、Max Coupland氏は述べています。

損失における供給量の割合は2022年に2倍に

2022年以前のビットコインのリターンは驚異的でした。その結果、供給量の大部分は利益を上げておりその年に損失を出した供給量はわずか25%でした。年末にはこれが倍増して50%を超えていました。ビットコインが過去10年間、世界で最もパフォーマンスの高い資産クラスだったことを考えると、これまた驚くべき統計です。

1BTC以上を保有するアドレス

一方、昨年に比べてビットコインが非常に安くなったため、1ビットコイン以上を保有するアドレス、いわゆる「ホールコイナー」の数は、そのアドレスに含まれる金額が大きく減少しても、過去最高となっています。

2022年に入り、1BTC以上を保有するアドレスは81万4,000を超えました。年末にはこの数は97万8000を超え、20%の上昇となったのです。

下のグラフで2022年を拡大するとわかるように、2022年の3大スキャンダル(Lunaのデス・スパイラル、Celsiusの債務超過、FTXの不正発覚)を背景にビットコインが急落した際に大きくジャンプしていることがわかります。

価格の下落に見合ったセンチメントの低下

2022年に発生した最大の問題は、おそらくこれらのスキャンダルに関連するものでしょう。暗号の評判は、FTXと失脚した元CEOのSam Bankman-Friedの衝撃的な没落によってハンマーブローのような打撃を受けました。

2022年11月時点のCNBCの調査によると、現在、暗号通貨を肯定的に捉えているアメリカ人はわずか8%だそうです。

暗号投資家は、もちろん以前にも同様の割合の下落を経験し、市場が跳ね返されただけです。しかし今回は、暗号はその歴史の中で初めて広い経済の後退と戦っているのです。

これまでは、ゼロ(またはマイナス)金利とウォームマネー・プリンターでしたが、私たちは今新しい環境に移行し、暗号の投資家は痛みを感じています。彼らは2023年に再び注目を集め、傷ついた資産クラスの評判を修復し始めることができることを望んでいることでしょう。

当社のデータをご利用の際は、https://coinjournal.netにリンクしていただけると幸いです。リンクを貼っていただくことで、データ分析調査を継続的に提供することができます。

リサーチ方法

アドレスデータはオンチェーンより取得。価格データはヤフーファイナンスより引用。