ホームニュースAMCのオンライン決済の3分の1は暗号またはデジタルだとCEOは述べる

AMCのオンライン決済の3分の1は暗号またはデジタルだとCEOは述べる


AMCは数ヶ月前に暗号通貨による支払いオプションを統合し、人気を集め始めています。

AMC TheatresのCEOであるAdam Aron氏は、暗号通貨とデジタル決済オプションが同社にとって持ち直しつつあることを明らかにしました。

AMCは米国の大手劇場チェーンの1つで、数カ月前に暗号通貨を採用しました。同社のCEOは、採用率が印象的であったことを明らかにしています。同氏は次のように述べています。

暗号通貨を受け入れるために必要だった同じITプログラミングは、Apple Pay、Google Pay、Paypal、Bitpay、Venmoなど、他の支払いタイプも受け入れることを可能にしました。これらの様々な新しい支払い方法を合わせると、印象的なことに私たちのオンライン支払い全体の約35%を占めるようになりました。

彼は、月曜日に行われた同社の2022年第1四半期決算説明会の一部として発言した際に、この声明を発表しました。

AMCは、ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、Litecoin(LTC)、Bitcoin Cash(BCH)、Dogecoin(DOGE)、Shiba Inu(SHIB)など、さまざまな暗号通貨を採用しています。CEOは、同社の暗号通貨分野への参入が多くのファンファーレに迎えられ、その普及率は目覚ましいものがあると明かしました。

暗号通貨空間への参入に加え、劇場チェーン会社は非代替性トークン(NFT)にも参入しています。

Aron氏は投資家に対し、AMCには現在、今年開始されたあるいは計画中の8種類のプログラムがあると説明しました。さらに、このテクノロジーは同社が映画チケットの販売を刺激するのに役立っていると付け加えました。

その一例として、11月に公開されたソニー・ピクチャーズの『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の初日に、同社は「AMC Stubs Premiere & A-List」と「AMC Investor Connect」の契約会員を対象に、6,000枚のスパイダーマンNFTを発行しました。

AMCのビジネスは、世界中の何十億人もの人々が自宅待機を余儀なくされたコロナウイルスのパンデミックの影響を受けた後、徐々に元通りに再開しています。

暗号通貨市場は不調で、ビットコインは現在1コインあたり31,000ドルを超えて苦戦しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。