ホームニュースAlgorandがFIFAとの提携を発表し、21%急騰

AlgorandがFIFAとの提携を発表し、21%急騰


カタールで開催されるFIFAワールドカップ2022に向けて、世界のサッカー統治機関であるFIFAは、ブロックチェーンの世界の主要なパートナーとの強力なパートナーシップの確立に取り組んできました。その趣旨で、FIFAはブロックチェーンプラットフォームであるAlgorandとの技術スポンサーパートナーシップ契約を結んでいます。

契約によると、Algorandは、ブロックチェーンでサポートされる公式のウォレットソリューションを提供し、Algorandは北米とヨーロッパでFIFAワールドカップカタール2022™地域サポーターになります。

発表の中で、FIFA会長のGianni Infantino氏は次のように述べています。

「Algorand とのパートナーシップを発表できることを嬉しく思います。この提携は、サッカーを真にグローバルなものにするという我々のビジョンの重要な要素である、我々のステークホルダーと世界中のサッカーファンへの透明性を確保し、サッカーに再投資するための持続可能な収益拡大のための革新的なチャネルを継続的に追求するという FIFA のコミットメントの明確な表れであります。Algorand との長く実りあるパートナーシップに期待しています。」

Algorand、FIFAのデジタルアセット戦略策定を支援

ブロックチェーンテクノロジーは、複数のデジタル資産をホストできるため、引き続き注目を集めています。 Algorandは、FIFAがデジタル資産戦略を開発するのを支援し、FIFAはプロモーションの機会、広告、メディア露出などのスポンサー資産を提供します。

現在、Algorandブロックチェーンは、2000を超える分散型ファイナンス(DeFi)アプリケーションとグローバル組織をホストしています。さらにAlgorandは包括性、成長、透明性のためにWeb 3デジタル機能の採用に取り組んでいるためゲーム、アート、音楽、スポーツ、金融などのグローバル業界のさまざまな組織を支援しています。

Algorandの創設者、Silvio Micali氏は次のように述べています。

「スポーツ界で最も世界的に認知され、卓越した組織であるFIFAとのパートナーシップは、Algorandブロックチェーンが持つ、世界のゲームを体験する方法を変革する可能性を示すものです。」

執筆時点で、ALGO(Algorandネイティブトークン)は0.7279ドルで取引されており、発表後の過去24時間で21.18%増加しました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。