アルトコイン価格予測2030年:Cronos(CRO)Polygon(MATIC)Metacade(MCADE)

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

アルトコイン価格予測2030年:Cronos(CRO)Polygon(MATIC)Metacade(MCADE)

By Alice Davies - 分読み (ショート)

2030年のアルトコイン価格予測を行うことは、ほとんど不可能な作業です。多くの専門家は来年の暗号市場がどうなっているのかさえ分からないため、長期的な予測は特に困難です。

しかし、プロジェクトの成功はその実用性によって判断することができます。そして、実用性の高いプロジェクトはCronos(CRO)Polygon(MATIC)Metacade(MCADE)の3つです。それぞれ業界に革命を起こし、人々のWeb3との関わり方を変える可能性を秘めています。 ここではそれぞれの2030年のアルトコイン価格予測をご紹介します。

Metacadeとは?

Metacadeはゲームを中心としたプラットフォームとして、開発者、ゲーマー、暗号愛好家を集め、P2E(プレイ・トゥ・アーン)ゲームの世界でコラボレーションを行い、新しいアイデアを生み出すことを目的としています。Ethereumブロックチェーン上に構築され、ユーザーがゲームをプレイし、リアルタイムで他の人と交流し、ネイティブな$MCADEトークンで貢献に対する報酬を得ることができるユニークなコミュニティハブを提供する予定です。

Metacadeの主要な特徴の1つは、開発者がゲーム開発の提案を提出し、その提案が$MCADEホルダーによって最も良いと投票された場合に資金を受け取ることができるMetagrantsファンドです。この革新的な取り組みは2023年に開始される予定で、プラットフォームの成長と発展を後押しするものです。

2024年、MetacadeはWork2Earnイニシアチブの一環としてジョブボードも開始する予定です。この機能により、ユーザーはゲーム業界をはじめとするギグ、インターンシップ、求人情報にアクセスできるようになり、一流の雇用者とつながる機会が与えられます。

収入をさらに高め、プラットフォームの各領域を円滑に運営するため、Metacadeはコミュニティメンバーの参加と貢献に対して報酬を与えるステーキングメカニズムを実装しています。この革新的なアプローチは誰もが恩恵を受け、利益を得ることができるコミュニティの構築に役立っています。

Metacadeはプラットフォームの成長と進化に伴い、2024年に完全な分散型自律組織(DAO)になることを目標としています。この野心的な目標はプラットフォームがDAOに移行し、DAOガバナンスを実現することで、コミュニティの手にしっかりと権力を握らせることです。

$MCADEはどのように機能する?

MCADEは、Metacadeのガバナンスとユーティリティのトークンです。Ethereumネットワーク上に構築され、賞金抽選、トーナメント報酬、エコシステム内の支払いに使用されます。また、プラットフォームに貢献する人への報酬にも使用されます。

MCADEは9つのプレセールステージで販売され、その中でトークン供給量の70%が利用可能になります。残りのトークンは以下のように分配されます。

  • 12.5% マーケティングおよびCEXリスト
  • 10% 開発チーム
  • 5% DEX流動性提供
  • 2.5% 競争報酬

2030年のMetacade(MCADE)価格予測

Metacadeは現在、第1段階のプリセールラウンドで0.01ドルで、プレセールステージ9が終了するまでに0.02ドルに到達する予定です。2025年にはWeb3ゲームの未来を切り開きながら、予想最高値の2ドルまで上昇し、有名になる可能性があります。これは2023年の他のアルトコイン価格予測と比較して、強力な投資対象であると言えるでしょう。

プレセール開始から4週間でMetacadeは125万ドル近くを調達し、長期的な成功に向けた準備が整いました。プロジェクトが達成可能なロードマップを実現することに現実味を帯びていることから、Metacadeは2030年末までに25ドルの高値に容易に到達する可能性があります。

2030年のPolygon(MATIC)価格予測

アルトコインの価格予測として優れているのはPolygonです。Polygon(MATIC)はEthereumのスケーラビリティを向上させるために設計されたDeFiプロジェクトです。これにより開発者はスケーラブルでユーザーフレンドリーな分散型アプリ(dApps)を、低い取引手数料と最高レベルのセキュリティで構築することができます。

これを実現するために、PolygonはEthereumの最高の機能とソブリンブロックチェーンを組み合わせ、本格的なマルチチェーンシステムを構築しています。これらの機能を組み合わせることで、PolygonはdAppsがEthereumネットワークの恩恵を十分に受けながら、安全でオープン、そしてより強力になることを保証します。

Polygonのトークン、MATICは過去12ヶ月で58.69%の価格下落を経験し、現在0.864ドルで評価されています。アナリストはMATICが2030年までに12.34ドルまで上昇すると予測していますが、しかし多くの人はこの上昇に懐疑的です。

2030年のCronos(CRO)価格予測

また、アルトコインの価格予想でポジティブなのはCronosです。Cronosは低コストで高い取引速度を保証しながら、エネルギー効率を高めるために設計された分散型オープンソースのパブリックブロックチェーンです。プロジェクトの目的はクリエイターエコノミーをサポートすることであり、DeFiやGameFi、そして最終的にはオープンメタバースの基礎インフラとして機能することです。

ネイティブトークンであるCROは、世界最大の暗号取引所の一つであるCrypto.comでの取引に使用されています。プラットフォーム全体の取引に使用され、他の取引所でも購入することができます。

CROは現在0.06107ドルの価値があり、過去12カ月間だけで88.66%減少しています。アナリストは、CROが2030年までに5.94ドルまで増加する可能性を示唆していますが、最近の取引所のスキャンダルを考えると、多くの投資家は取引所にリンクした暗号通貨を購入することに警戒しています。その結果、この数字は最初に予測されたほど高くはならないかもしれません。

結論 – Metacadeは上昇する可能性

結論として、本記事で紹介したCronos(CRO)Polygon(MATIC)Metacade(MCADE)の3つのアルトコインはいずれも、それぞれの業界に革命を起こす可能性を秘めた投資先であり、投資家心理が価格予測に大きな影響を与えます。

しかしゲームプラットフォームとしての有用性、プレセール中の強力なトークン・パフォーマンス、野心的なロードマップから、Metacade (MCADE) が明らかに勝者であると思われます。2030年末までに25ドルの高値に達する可能性があり、2023年の多くのアルトコイン価格予測よりも強力な投資対象であり、今後数週間は注視する必要があります。

CronosとPolygonはこちらのeToroで購入できます。

Metacadeのプレセールにはこちらから参加できます。