ホームニュースSnoop DoggとWiz KhalifaがApeCoinをテーマにした音楽NFTを立ち上げ、APE価格が高騰

Snoop DoggとWiz KhalifaがApeCoinをテーマにした音楽NFTを立ち上げ、APE価格が高騰

APEの価格は、投資家がコインを求めて下落する中、過去2日間にわたって強気のスタンスを維持しています。今日、人気ラッパーのCalvin Cordozar Broadus Jr(Snoop Dogg)は、彼の仲間のラッパーであるWiz Khalifaと共同で新しい音楽コレクションをリリースしました。

NFTコレクションは、「Ape Drops 03: An 8th 」と題し、BAYCとApeCoin(APE)をテーマに、8曲を収録しました。このコレクションは、マニフェストによって鋳造されました。

このニュースは、Bored Ape Yacht Club(BAYC)のオーナーであるYuga Labsが、Andreessen Horowitzというベンチャーキャピタルが主導するシードファンドで4億5千万ドルを調達した直後に発表されたものです。

Snoop Doggはツイートでこの販売を発表し、彼はトラックが2日間だけ購入可能になることを指摘していますが、ユーザーは購入前にトラックを聴くことができます。購入は、先週エアドロップで公開されたBAYCのAPEトークンのみで行われる予定です。

また、販売されるNFTは8000個で、各トークンの価格は12APEから15APEとなっており、これはコレクションの価格が各トークンで165ドルから210ドルの間であることを意味します。

NFT産業に群がるセレブリティたち

King Of LeonやGrimesなどのアーティストがNFTドロップをリリースしており、何人ものミュージシャンがNFT業界を活用しています。

Snoop Doggは、3回目のコレクションで''Ape Drop''と呼ばれるようになり、NFTスペースに参入しました。このラッパーはOpenSeaのコレクターでもあり、Crypto.comと共同で「Journey With the Dogg」のようなコレクションを発表しています。

さらに、Snoop Doggはメタバースにも参加しており、The Sandboxに参加して仮想空間にプレイアブルなアバターを1万体リリースし、その結果SandboxトークンであるSANDは月に一度のペースで高騰しています。

しかし、Snoop Doggだけでなく、Justin Bieber、Eminem、GunnaといったアーティストもNFTスペースでコレクションを発表しており、NFTバイヤーとして積極的に活動しています。

アスリートでは、Lionel MessiやLebron Jamesが最近NFTに参入しています。NFTに参加するセレブリティが増えたことで、NFTの普及が進んでいます。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。