ホームニュースApeCoinはYuga LabsがOtherside Auctionをキャンセルした後、今日10%以上上昇

ApeCoinはYuga LabsがOtherside Auctionをキャンセルした後、今日10%以上上昇


投資家やクジラによる購入が急増し、Yuga Labsのメタバースプロジェクト「Otherside」の人気が高まる中、ApeCoinは10%以上暴騰しました。

本稿執筆時点では、ApeCoinは一日の最高値である26.91ドルから下落した後、22.86ドルで取引されており、13.39%上昇しています。

Yuga LabsによるOtherside Auctionのキャンセルが、Yuga Labsが立ち上げた暗号通貨ApeCoinの価格を今日上昇させている最大の理由となっています。

Yuga LabsによるOthersideオークション中止のお知らせ

Yuga LabsのメタバースプロジェクトOthersideの土地売却で予定されていたダッチオークションを中止しました。ガス代とNFTの需要のバランスが取れなかったため、今回の決定に至ったとのことです。

ダッチオークション形式の販売では、提供総額が最高値に達する可能性をすべて分析した上で価格が決定されます。

OthersideはTwitterで、ダッチ販売でガス料金戦争が激化したことを発表しました。また、Otherdeed(BAYCの新プロジェクト)のNFT造幣の需要が高いため、NFTの造幣数が増えれば、ガス代がさらに高くなるとの憶測もありました。

Otherdeed NFTのガス料金の削減

NFTの幅広い流通を低下させることなく、巨額のガス代を削減する必要があるため、販売開始時は1ウォレットあたり2NFTしか鋳造できない制限がありますが、鋳造が進むにつれてレートが上がっていきます。

Otherdeed NFT1枚のコストは305 ApeCoin(APE)で、55000 OtherdeedがKnow Your Customer(KYC)ウォレットで購入できるようになりますが、ユーザーがセールに参加するにはKYCを完了させる必要があります。

各NFTの価格はOthersideのティーザー動画でも紹介されており、「305」という数字はマイアミのコードにもなっています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。