ミームコインが復活、ShibaとDogeが急上昇中?まさか…

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

ミームコインが復活、ShibaとDogeが急上昇中?まさか…

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • 2023年の暗号市場は、ミームコインが大幅な上昇を記録し、熱いスタートを切りました。
  • マクロ環境の軟化が利益を後押ししています。
  • Shiba Inuは50%上昇し、Layer-2エコシステムの立ち上げに伴うハイプもありました。
  • 当社のアナリストは、すべてが見かけ通りではない可能性があると投資家に警告しています。

 

これを書くのは少し変な感じですが、2023年の暗号市場はインフレデータの軟化により、金融政策の緩和が市場の予想よりも早く進むという楽観的な見方で好調な滑り出しを見せています。

そして、そのような「資産クラス」の1つとして、ミームが利益を得ています。RedditがGameStopをめぐってウォール街と戦争し、イーロン・マスク氏が毎日ふわふわの犬についてツイートし、マネープリンターのスイッチがしっかり入っていた時代です。

暗号空間の王様と女王様、つまりDogecoinとShiba Inuは、現在それぞれ今年22%と49%上昇しています。

Bonk :パーティに参加する最新のミーム

この奇妙な復活劇を最もよく表しているのは、Bonkの珍事件かもしれません。柴犬をモチーフにしたこのミームコインは、クリスマスの日にSolanaで発売されました。そのSolanaはSam Bankman-Fried氏と密接な関係にあり、度重なる障害でネットワークが停止し、トッププロジェクトのいくつかがライバル社のブロックチェーンに流出するなど、苦境に立たされていたのはご存知の通りだ。

客観的に見て、Solanaでローンチすること、それも弱気市場のどん底でローンチすることは、客観的に見て奇妙な決定でした。しかし暗号ミーム市場における論理とは何でしょうか。このコインは10日間で2500%上昇し、時価総額2億ドルを突破して爆発的に売れました。その後少し地盤沈下しましたが、まだ5000万ドルの時価総額で取引されています。

ミームが好調な理由とは?

しかし、なぜミームコインは好調なのでしょう?最初の答えは、暗号市場全体がそうだからです。最も大きな暗号を見ると、どれも素晴らしいリターンを出しています。それに比べるとミームはそれほど目まぐるしく変化しているようには見えません。

この急上昇はインフレデータが予想を下回ったことによるものです。数値はまだ極端で、FRBの目標である2%をはるかに超えていますが、ピークアウトの兆しが感じられます。投資家はこれをリスク資産の死刑宣告である高金利が、結果的に早く剥がれる可能性があるというサインと受け止めています。

Shiba Inuの方は、マクロ的な好材料以上に急騰しています。韓国で最も人気のある取引所であるUpbitに上場するというニュースを受けて、20%も急騰したのです。これは近々予定されている待望のShibarium Betaのローンチに対するハイプの中で行われたものです。

Shibarium Betaは、PolygonやArbitumの仕組みと同じようにEthereumの上に構築されたレイヤー2ネットワークになります。

これは持続可能か?

個人的には、この(まだ謎に包まれた)ShibariumのLayer-2プロジェクトにあまり大きなウェイトを置くことはできません。ミームはまさにそれ、ーミームーであり、これらは決して基本的な遊びではありませんでした。Shibariumがより高い値段で売るという希望をもって、それを買おうとすること以外に使われることはないと、私を納得させるには、hibariumについての盲目的な憶測以上のことが必要でしょう。

しかしミームにはそういうところがあるのです。ここには価値があるという議論はありません。ミームは常に慎重な投資に対する中指のようなものであり、実際の投資という「責任」に対する行儀の悪い弟分のようなものでした。

歴史上最も多くの現金を印刷している状況下では、これは楽しいことでありゲームでもあります。金利がゼロで安い資本がどこにでもあるような状況であれば、それは素晴らしいことです。そしてパンデミックが世界を襲い、何百万人もの人々が景気刺激策を使うあてもなく閉じこもることになれば、それは驚くべきことです。

残念ながら、それはもう私たちが生きている世界ではありません。以前にも言いましたが、もう一度言いましょう。ミームで冗談はもう終わりです。ミームはもはや、引退後の利益を得るためのチャンスではありません。ミームは常に無謀なギャンブルであり、それはそれでいいのです。今やミームは、無限のエンターテインメントを生み出す斬新なソースではなく、世界が2009年にビットコインが登場したとき以来最悪の経済状況に対処する中で、ただそこに座っているような状態です。

1~2ヶ月前に比べれば、状況は楽観的になっているかもしれません。しかし、インフレはわずかに低下しているにもかかわらず、依然として不自由な状態です。金利はまだ高く、この不安定な経済を非常に短い時間で大幅に悪化させる可能性のある変数が100万個あります。

衝撃的なことは言いませんが、犬用トークンには注意してください。音楽が止まったらーいつもそうなのですがー楽しい場所ではありません。