Metacade(MCADE)プレセールが投資家の興味を引く一方でAvalanche(AAVE)とPolkadot (DOT)は立場を表明

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Metacade(MCADE)プレセールが投資家の興味を引く一方でAvalanche(AAVE)とPolkadot (DOT)は立場を表明

By Alice Davies - 分読み (ショート)

3つの暗号通貨のストーリー:確立された2つの老舗通貨と、メタバースプロジェクトの領域で優位に立とうとする強力な新参者が登場しました。Avalanche (AAVE) と Palkadot (DOT) トークンはどちらも最近安定していますが、私たちが最も興味を持てるのは新星たちでもあります。Metacadeのユーティリティ・トークン、$MCADEを注意深く観察し、きたるプレセールに先立って何が提供されるのかを見極めたいと思います。 

AAVEーEthereumに匹敵するブロックチェーンプラットフォームとトークン

AAVEは、ユーザーが借り手または預け手の役割を担う分散型融資システムAvalancheに属するトークンです。このプラットフォームの基礎となる暗号通貨として機能し、すべての取引を促進するのがAAVEトークンです。現在、AAVEは10億米ドルの時価総額と140億AAVEの流通供給量を持っています。

AAVEトークンは、Avalancheプラットフォームでの投票権を許可する機能も果たします。これはAvalancheコミュニティがプラットフォームに関する変更、およびAvalancheプロトコルに関するあらゆる決定について提案し、投票するために使用されます。ーこれは他のメタバースプロジェクトと同様です。AAVEコインは1枚につき1票の投票権を持ち、ユーザーがトークンを多く保有すればするほど、より多くの投票権を持つことになります。

7月と8月の不安定な時期を経て、9月以降の価格は安定しています。当初の高値である114ドル前後を経て、価格は1トークンあたり75~76ドル程度に落ち着いているようですが、この底値が続くかどうかはまだ議論の余地がありそうです。現在の弱気心理を考えると、価格が以前の高値まで再び上昇する可能性はやや低いと思われますが、時間が解決してくれるでしょう。

DOTー便利な連携プロトコルとトークン

最もシンプルな形では、Polkadotは、無関係なブロックチェーンを安全な方法で接続し、それらの間で転送を可能にするプロトコルです。過去にこのような転送は多くの場合、処理時間と手数料の両方を増加させる多くの仲介ステップ(通常はブローカー)を必要としました。Polkadotは、このプロセスを一元化することで、こうした転送のオーバーヘッドを削減することを目的としています。

Polkadotトークン(DOT)には、ガバナンスツールとして、保有者が将来の開発について投票できるなど、いくつかの効用があります。また、ネットワーク上の検証を容易にするためにステーキングにも使用されています。DOTトークンは、ネットワーク上での接続と切断のプロセスであるボンディングという専門的な機能も持っています。もちろん、投資機会としても有用であると言えます。

現在の時価総額は60億米ドル超で、流通量は11億DOT超です。価格は過去最高値に近いものの、2022年初頭から安定的に推移しています。現在、Polkadotは特に今後の拡張計画を持たず、基本的にすでにロードマップが完成しているシステムに追加するために、コミュニティのアイデアに依存しています。

MCADEーMetacade のユーティリティ トークン

MetacadeとそのMCADEトークンを見てみましょう。我々が発見したところでは、これまで見た中で最もエキサイティングなメタバースプロジェクトの1つになる大きな可能性を持っています。このシーンでは比較的新しい存在であるMetacadeは一見すると面白いのですが、重要なのは、将来にわたって持続可能な拡張性を提供する、いくつかの斬新な機能を備えていることです。

究極のWeb3メタバースゲームコミュニティと呼ばれるMetacadeは暗号マニア、ゲーマー、gentuziaame開発者が自由に交流できる、アーケードをテーマにした空間を想定しています。このプラットフォームは、ユーザーがアイデアを交換したり、プロジェクトで協力したり、もちろんゲームをプレイしたりすることに重点を置いています。特にユニークなのは、このプラットフォームで数多くのメタバースゲームをホストする計画であることです。

Metacadeの通貨はMCADEトークンで、プラットフォーム上で多くの有用性を持っています。

MCADEトークンは、Play to EarnとPay to Playのアーケード・スイート、トーナメントへの参加と報酬、コミュニティが承認したゲーム開発資金、そして将来的にはメタバースゲーム関連の求人に対する支払いの可能性などで使用することが計画されています。

Metacadeはまた、MCADEトークンをネットワーク上の取引の検証から収入を得るステーキングに使用し、コミュニティの投票権を提供する予定であり、開発の後半にはDAOに移行する計画もあるようです。

MCADEが将来的に良いのはなぜ?

PolkadotやAvalancheとは異なり、MCADEはユーティリティ・トークンであり、Metacadeが時間をかけて機能を実装するにつれてユースケースを簡単に拡張することができるものです。複数のタイトルや統合されたゲーム開発など、仮想アーケードに関連するユニークな側面とともに、MCADEは広告やマーチャンダイジングに関連するプラットフォーム上の他の取引にも使用される可能性があります。

暗号領域がブロックチェーン技術に基づく新しいプロトコルとサービスを押し出し続ける中、メタバースプロジェクトが成熟するにつれ、その寿命について検討することがますます重要になってきています。AvalancheやPolkadotのようなプラットフォームで利用可能なトークンは変革的ですが、それらがもたらすインパクトが持続可能かどうか、そしてそれが投資対象としてどのような影響を与えるかを検討する価値があります。

強力な持続可能性には深いレベルのイノベーションが必要です。だからこそ、ゲームのような高成長セクターでコミュニティ主導のプラットフォームを提供するMetacadeのようなプロジェクトは非常に興味深いのです。MCADEトークンをMetacadeの多様な機能に密接にリンクさせることで、DOTやAAVEにはない固有のサポートがその設計に組み込まれています。是非MCADEをご覧いただき、その優れた可能性をご確認ください。

こちらからMetacadeのプレセールに参加できます。