ホームニュースAxie Infinityの作成者は、Binanceが主導する資金調達ラウンドで1億5000万ドルを確保

Axie Infinityの作成者は、Binanceが主導する資金調達ラウンドで1億5000万ドルを確保

この資金は、3月にハッカーがSky MavisのRoninバリデータノードとAxie DAOを悪用し、資産を失ったAxie Infinityユーザーの返金に充てられる予定です。

Axie Infinityゲームの開発会社であるSky Mavisは、大手暗号取引所Binanceが主導する1億5千万ドルの資金調達ラウンドを発表しました。

資金調達ラウンドはまた、ベンチャーキャピタルa16zとDialectic、暗号に焦点を当てた投資会社Paradigm、ゲームソフトウェア会社Animoca Brandsなど、暗号空間全体から他の主要な投資家を引き付けました。

Sky Mavisによると、資金は会社の貸借対照表にあるものと組み合わされ、最近の6億2500万ドルのハッキングの影響を受けたAxie Infinityのプレイヤーへの払い戻し計画に投入される予定だそうです。

この攻撃を受けて、同社は内部監査などによるネットワークセキュリティの強化に取り組んできました。プレイヤーへの払い戻しは、開発元が最初に約束したことの一つでもあります。

Sky Mavisは、ユーザーの失った資金をすべて払い戻し、将来の攻撃を防ぐために厳格な内部セキュリティ対策を実施することに取り組んでいます。」と同社のCEOであるTrung Nguyen氏は述べています。

彼はSky Mavisの計画にも触れました。

「明日のAxie Infinity:Originの発売を皮切りに、チームとして、この先にあるものに集中することを意図的に決定しています。を皮切りに、今後の展開に集中することにしました。また、今後のプロジェクトでバイナンスNFTと協力できることを嬉しく思っています。」

同社は、ハッカーが173,600 Ethereum(ETH)とUSDCの2550万ドルを盗むために悪用したRonin Networkブリッジを、セキュリティ監査が終わった時点で再開したいと考えています。

今後、ネットワークをさらに強固なものにするための方法として、Roninのバリデータ・グループは5人から21人に増える予定です。このプロセスは今後3カ月で完了し、バリデータは当社のパートナーとコミュニティ・メンバーの間で分割される予定です。

歴史的なハッキングにもかかわらず、Axie Infinityゲームは依然として最も人気があり、最もプレイされているNFTゲームです。 260万人以上がAxieNFTを所有していますが、現在、月間アクティブユーザーは約220万人です。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。