バハマはBankman-Fried氏に新しいコインを造るよう指示したという主張を否定

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

バハマはBankman-Fried氏に新しいコインを造るよう指示したという主張を否定

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • バハマ当局がBankman-Firedに新しいトークンの鋳造と当局への譲渡を依頼したとする裁判資料を提出しました。
  • バハマ証券取引委員会(SCB)も、管理下にあるトークンが盗まれたという主張に対して反撃しています。
  • どのような主張が真実なのかは分からないですが、この騒動でFTXに少しでも関係のある人物はバハマの規制当局を含め、誰であれ悪い印象を持たれることになるでしょう。

FTXが見事に破綻した後、この1〜2ヶ月の間に多くの驚くべき事実が発覚しました。少なくとも私にとって最も陰湿なものの1つは、バハマ政府がBankman-Fried氏と協力して、取引所の崩壊後に新しいトークンを鋳造していたということです。

新しいトークンを鋳造しようとしたバハマ政府関係者を弁護士が告発

FTXの弁護士は、12月に提出した法廷資料の中で、バハマ政府当局がBankman-Fried氏に「数億ドル」相当の新しいデジタル資産を鋳造するよう求め、一方で失脚したCEOが新しいトークンを政府当局の管理下に移すよう要請したと述べています。

ブルームバーグが発表した報告書では、バハマ当局者がBankman-Fried氏がFTXプラットフォームの重要なコンピューター・システムへのアクセスを回復するのを手助けしようと動いたことも紹介されています。この役人は、FTXプラットフォーム上にあるデジタル資産の一部を管理するためにシステムへの「不正アクセスを指示する責任があった」とのことです。

FTXの破綻後、ブロックチェーン上でお金が動いていることが明らかになったため、これは特に懸念されることでした。報告された「ハッキング」によって、破産申請後の数日間に4億7700万ドルの暗号が動き、ハッカーはその資金を様々な団体や通貨に橋渡ししようとしました。

これがバハマのBankman-Fried氏に対する圧力に関する話と関係があるかどうかは純粋な憶測であり、はっきり言って当局が関係していることを示す証拠は全くありません。

バハマの規制当局は本日、前述の米国FTX社の債務者代表であるJohn Ray III氏の発言に反撃する声明を発表しました。声明では、「John Ray III氏による、報道および裁判所への提出物の両方における重要な虚偽記載を再度訂正しなければならない」と述べています。

声明では、Ray氏が「宣誓して」提出した裁判資料は「証拠がない」とし、当局者がBankman-Fried氏に新しいトークンを鋳造するよう命じたという主張に対して断固として反撃するとともに、「(FTXの)従業員に新しいFTTトークンを3億ドル鋳造するよう」指示したと説明しています。さらに、バハマ証券委員会(SCB)の管理下にあるデジタル資産が「盗まれた」という主張にも異議を唱えました。

実際に何が起こったのか?

実際のところ、この騒動の内幕を知ることは不可能です。しかし明らかなのは、この一連の騒動は暗号通貨全体にとってより卑劣で恥ずべきものとなっており、FTXに関連する人物は時間が経つにつれ、ますます悪い印象を与えているということです。

FTXはバハマの規制に関して明らかに大きな失敗であり、その結果SCBは当然叩かれることになりました。他の疑惑が真実かどうか私たちには判断する証拠がありませんが、時間が解決してくれると信じています。

100万人を超える債権者、80億ドルの顧客資産の行方、そして多くの人生を台無しにしたFTXの事態は、その悲しみと重大さを言い表すのが難しいほどです。今こそこの混乱を整理し、Bankman-Fried氏以外の誰に責任があったのかを明らかにする時でしょう。