Bankman-Fried氏が逮捕、今後の動きは?Caroline Ellison氏とSam Trabucco氏の行方は?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Bankman-Fried氏が逮捕、今後の動きは?Caroline Ellison氏とSam Trabucco氏の行方は?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要ポイント

  • Sam Bankman-Fried氏がバハマで逮捕され、米国への身柄引き渡しに直面しています。
  • AlamedaのCEO、Caroline Ellison氏は、ニューヨークで目撃されたと報じられています。
  • 前CEOのSam Trabucco氏は8月に辞任し、他の2人と同じレベルの精査をほぼ回避しています。

ああ、Sam。

FTXの創設者であるSam Bankman-Fried氏は米国から刑事告発された後、バハマ警察によって月曜日に逮捕されました。バハマ、米国が間もなく身柄引き渡しを要求することを予想していると述べています。

Ryan Pinder司法長官による声明では、「受け取った通知とそれに付随する資料の結果、司法長官がSBFの逮捕を求め、わが国の引渡法に従って彼を拘束することが適切であると考えられた」と述べられています。

Bankman-Fried氏に対する起訴内容は電信詐欺、電信詐欺の共謀、証券詐欺、証券詐欺の共謀、マネーロンダリングと報じられています。この罪状は、Bankman-Fried氏を何十年も刑務所に入れることになるかもしれません。

今後は?

これは派手な告発でした、Bankman-Fried氏が本当にすべてをやっていたことが明らかになったのです。

彼は、今日午前10時(東部標準時)に下院金融委員会でFTXの出来事について公聴会で証言することになっていました。その代わりに、バハマのナッソーにある治安判事裁判所に出廷することになったのです。

彼がアメリカ本土に戻れば、裁判はすぐには起きないでしょう。これは無数の管轄区域にまたがる歴史的規模の犯罪であり、裁判には多くの時間がかかると思われます。

SECはまた、Bankman-Freid氏が投資家を欺いたとして、別の告発も行いました。

我々は、Sam Bankman-Fried氏が暗号で最も安全な建物の1つであると投資家に言いながら、欺瞞の基盤の上にトランプの家を建てたと主張しています」とSEC議長Gary Gensler氏は述べました。「Bankman-Fried氏によって行われた詐欺の疑惑は、暗号プラットフォームが我々の法律を遵守する必要があることを明確に呼びかけるものです。」

Caroline Ellison氏はどうなる?

誰も触れていないのはAlamedaのCEOであるCaroline Ellison氏がどうなるかということです。AlamedaはBankman-Fried氏が設立したトレーディング会社で、FTXの顧客資金が多額の取引損失を補填するために送られた場所でもあります。

Ellison氏は逮捕時に香港にいたとみられていますが、マンハッタンのカフェで目撃された可能性があり、すでに米国に滞在している可能性があります。

このため、司法取引が成立したのではないかという憶測を呼びましたが、これはあくまでも憶測に過ぎません。

Bankman-Fried氏は、自分がすべての業務を完全に監視していたことを繰り返し否定し、「Alamedaを経営していたわけではない」「彼らの立場の大きさは知らなかった」と争っています。

これは、Bankman-Fried氏が元恋人のEllison氏を投げ飛ばしていることを示唆しています。Ellison氏は11月9日以来ツイートしておらず、破産以来、停止状態です。

彼女は以前、11月6日にBinanceのCEOであるZhao氏に対して、破綻したFTTトークン(FTX取引所の流動性の低いネイティブトークンで、人為的にエコシステム全体を支えていた)をZhao氏から1株あたり22ドルで購入しようとツイートしていました。(Zhao氏自身も別件に関する刑事告訴を受けています。)

Ellison氏がどうなるかは時間が解決してくれるでしょうが、80億ドルという損害の大きさを考えると、Bankman-Fried氏とEllison氏の両氏が両社で起きていることを知らなかったというのは、ほとんどありえないように思われます。それに、二人ともそれぞれの会社のCEOであったという事実もあります。

Sam Trabucco氏は?

次に、Sam Trabucco氏のケースです。

Trabucco氏は、Ellison氏と並んでAlamedaの元共同CEOです。彼のタイミングはなんというか、面白いです。Ellison氏が単独でCEOに就任し、「トランプの家」が崩壊する3カ月も前に、彼は引退を表明したのです。

あの有名なツイートのスレッドで、彼は退任の理由として労働時間の増加と優先順位の変更を挙げています。

他のことがしたいと思うようになったんです。他のこととは?まだよくわかりません。最近、私は本当に幸せで、多くの時間を旅行したり、友人や家族を訪ねたり、自分自身について考えたり、いろいろなことに時間を費やしています。ボートを買ったのも良かったですね。

Trabucco氏がなぜ精査されないのか、私にはよくわかりません。5月のLUNAのデススパイラルは、Alamedaの多くの損失の引き金となり、FTXからの資金の混同を招いたとされています。彼が辞任したのは、この破綻から3カ月後の8月でした。CEOである彼は何が起こっているのか知っていたはずですが、ほとんど監視の目から逃れているのです。

また倒産後は沈黙を守っており、11月8日のツイートは「前途は明るい」と願ったのが最後でした。

彼は昨年、870万ドル相当の不動産を2件、すべて現金で購入したことも明らかになりました。これは上記のヨット購入に加えて、彼がFiverrでフリーランサーを雇ってロゴをデザインしたと伝えられています。(「Soak my Deck」と名付けたようです。)

つまり、彼がすべての重要人物であることを忘れてはなりません。

結論

この物語はまだまだひねりがありそうですが、トップ3人のうち1人が逮捕されたので、残りの2人がどうなるのかが気になるところです。

Bankman-Fried氏の裁判はしばらく始まらないだろうし、全体の決着も何年も先でしょう。他の2人についてはすべては賭けですが、彼らがすぐにでもドアをノックされないとしたら、私は驚きます。

このような事態は、業界全体にとって悲しいことです。