2022年12月に低価格で購入できるベストな暗号

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

2022年12月に低価格で購入できるベストな暗号

By Alice Davies - 分読み (ショート)

暗号投資家は、2022年12月に買うべき最高の暗号を探し求めています。価格が低い今、暗号通貨ムーブメントの長期的な信者にとっては、絶好の投資機会です。様々な噂を断ち切るために、この記事では、2022年12月に買うことができる最も有望な暗号プロジェクトを5つ取り上げます。

#1 Metacade (MCADE)ー巨大なブロックチェーンアーケード

2022年12月に買うべきベストな暗号は、MetacadeのネイティブトークンMCADEです。Metacadeは新進気鋭のGameFiプラットフォームで、この分野ではまだ始まったばかりです。このプロジェクトは、世界最大のブロックチェーンゲームアーケードになることを目指し、そのネイティブトークンMCADEを通じて幅広い稼ぎの機会をコミュニティに提供することを目指しています。

GameFiでは、様々なアーケードゲームを提供することで、GameFiファンの皆様に楽しんでいただけるよう、様々な工夫をしています。その代わり、MetacadeはMCADEを獲得するための様々な方法を提供しています。例えば、プレイヤーはブロックチェーンゲームに関する深い知識でMetacadeコミュニティに貢献し、貴重な洞察を提供することでMCADEトークンの報酬を得ることができるのです。

このプラットフォームは拡大を続け、やがて分散型自律組織(DAO)になることを目指しています。これにより、MCADEトークンの有用性がさらに高まり、投資家の数が増加することが予想されます。

これと同様に、Metacadeは定期的にプレイ・トゥ・アーンのトーナメントを開催し、競争力のあるゲーマーが集まり、オンラインで自分のスキルをテストすることができます。優秀なプレイヤーは、自慢できる権利を得るだけでなく、MCADEの報酬を得ることができます。

トークノミクス

MCADEトークンは全部で2,000,000,000あり、この量の70%がMCADEプリセールイベントのためにリリースされています。 価格はMCADEあたり0.008ドルから始まり、価格は上昇するように設定されているため、長期的な暗号投資家にとって大きな買い場となることを表しています。

MCADEを購入する理由

Metacadeは、ブロックチェーンゲームの世界における主要な名前になることができます。プレイ・トゥ・アーンのゲーマーのハブとなり、幅広い稼ぎの機会を提供することで、すでにコミュニティからかなりのレベルの関心を集めているのです。

Metacadeは始まったばかりなので、低価格によるダウンサイドは限られており、長期的な可能性から非常に高い報酬を生み出すことができます。Metacadeは他のGameFiプラットフォームよりもターゲット層が広いので、MCADEへの投資は長続きするものになると期待できます。

>>> MCADEプレセールはこちらから参加できます<<<

#2 Filecoin (FIL)ークラウドストレージを分散化

2022年12月に買うべきベストな暗号のこのリストのナンバー2は、クラウドストレージをアルゴリズム市場に変える分散型ストレージネットワークであるFilecoinです。FilecoinのプロトコルはFILトークンによって表され、マイナーたちはクライアントにストレージを提供することで収入を得ることができます。ビットコインと同様に、Filecoinの採掘者はコストのかかる計算を伴うブロックを採掘するために競争し、その作業量に比例して報酬を得ることができます。

Filecoinのクライアントは、Filecoinネットワークからファイルを保存したり取得したりするためにお金を支払います。支払いはすべてFILトークンで行われ、価格が低いときは採掘業者に損害を与え、価格が高いときは報酬を与えます。クライアントと採掘者の間のこうした取引は、スマートコントラクトを通じて自動的かつ匿名で完了します。

Filecoinは誰でも余分なハードディスクスペースを貸し出せるようにすることで、誰もがネットワークに参加し、FILトークンを獲得できるようにしています。このネットワークは、IPFSやBitTorrentなどの分散型ストレージシステムに関する以前の研究にヒントを得て、Protocol Labsが開発したオープンソースのソフトウェアです。

トークノミクス

Filecoinの総供給量は320,265,000です。この供給量の100%が流通しており、これ以上トークンが採掘されたり、鋳造されたりすることはないことを意味します。価格は現在4.48ドルで、FILトークン1つあたり150ドルを超える以前の史上最高値から下落しました。

FILを購入する理由

FILはデフレ的な供給と、世界中の個人、企業、機関に貢献できるユニークなユースケースを持っています。あらゆる先進的なウェブサイトがデータベースを利用してフロントエンドの情報を取得・検索しているように、コンピュータ・ストレージはインターネットそのものに不可欠なものです。

データストレージを分散化することは、データが改ざんされないことを意味します。高度なセキュリティで保護され、ファイルコインが作成した高度なブロックチェーンソリューションを使用して即座に取り出すことができます。前回の史上最高値を大幅に下回ったFILは、前回の高値奪還に向けて大きく上昇することが期待されています。

#3 Dogecoin (DOGE)ーMemesに実用性をもたらす

Dogecoin(DOGE)は、2013年にBitcoinのパロディとして作られた暗号通貨です。DogeミームにインスパイアされたロゴとShiba Inuのマスコットですぐに人気を博した。Dogecoinは、他の暗号通貨とは異なり、鋳造できるコインの総供給量にハードキャップがないのが特徴です。

Dogecoinは当初ジョークとして作られましたが、その後多くの支持を集め、2022年12月現在で110億ドル以上の時価総額を持つ正当な暗号通貨となりました。DogecoinはRedditやTwitterなどのソーシャルメディアプラットフォームでチップ通貨として使われることが多く、また、オンライン上の商品やサービスの支払いにも利用されてきました。

DOGECOINが商品の支払いに使われた有名な例としては、イーロン・マスク氏がDOGE保有者は近々Teslaの車をこの暗号通貨で購入できると主張したことが挙げられますそれ以来、マスク氏はDogecoinコミュニティの声高なサポーターであり、DOGEについてツイートする際にしばしば高い割合の価格変動を引き起こしています。

トークノミクス

DOGEの総供給量は132,671,000,000、現在の価格は0.087ドルです。時価総額で9番目に大きい暗号通貨です。総供給量にハードキャップがないため、DOGEの流通総量は1分間に10,000トークンずつ上昇します。

DOGEを購入する理由

Dogecoinはインフレ的な供給がある一方で、デジタル通貨の決済手段としては有力な選択肢です。エコシステムのために、より多くの効用が生まれるとの見方が強いです。またブロックチェーン上で高速かつ安価に価値を移転できることから、DOGEを決済に利用する商人が増加することが期待されています。

イーロン・マスク氏がTwitterを買収して以来、多くの人が、ソーシャルメディアプラットフォームがより多くの電子商取引機能をサイトに統合する際に、DOGEが支払方法のリストに追加される可能性があると推測しています。DOGEトークンの利用が増えれば、DOGEトークンを購入しなければならない人も増えるでしょう。その結果、時間が経つにつれてその価値は上昇する可能性があり、それこそが、低価格で購入するのに最適な暗号のこのリストに入る理由なのです。

#4 Chainlink (LINK)ーオフチェーンデータの収集

Chainlinkは、スマートコントラクトにオフチェーンデータソースとAPIへのアクセスを提供する分散型オラクルネットワークです。Chainlinkは、Synthetix、Aave、MakerDaoなど、Ethereumエコシステムの多数のプロジェクトで使用されています。Ethereum上に構築された最も初期のプロジェクトの1つであり、過去数年間を通じて最も活発で影響力のあるプロジェクトの1つであり続けています。

Chainlinkのチームは、初期から重要なEthereumのインフラに貢献してきた経験豊富な開発者で構成されています。Chainlinkネットワークは、2017年6月にEthereumのメインネットで稼働しました。それ以来、ChainlinkノードはさまざまなDeFiアプリケーションのために数百万のトランザクションリクエストを処理してきました。

Chainlinkはまた、主要なプロトコルに渡って統合されている、市場で最も広く採用されているオラクルソリューションです。オラクルはしばしば、オフチェーンデータを集約してオンチェーンで使用するため、ブロックチェーンに非常に有用なサービスを提供します。これは様々な異なる文脈で使用することができ、Chainlinkの広範な採用は、Google Cloud、Oracle、Weiss Ratingsなどの主要な組織によって認識されています。

トークノミクス

LINKの総供給量は1,000,000,000トークンで、現在このうち50%弱が流通しています。2021年の強気市場のピーク時に1トークンあたり50ドルに達した後、この価格は現在6.52ドルまで下落しています。LINKは、時価総額で21番目に大きな暗号通貨です。

LINKを購入する理由

Chainlinkプロジェクトは、より広い暗号エコシステムにおいて重要な役割を果たし、多くのトップDeFiプロジェクトにオラクルソリューションを提供することで信頼を得ています。ブロックチェーンエコシステムが成長し続ける中、Chainlinkもそれに伴って成長することが期待されています。

過去の史上最高値がトークンの現在価格のほぼ10倍であることから、LINKは今後数年間の堅実な投資対象であると言えます。他のデジタルサービスの円滑な運営に不可欠であることからエコシステムの主役となり、この低価格で大きな利益を生み出すことができます。このことから、2022年12月に購入すべき最高のクリプトの1つと言えるでしょう。

#5 Chiliz (CHZ)ースポーツファンを繋ぐ

Chilizは、お気に入りのスポーツチーム、クラブ、アスリートのファントークンを購入・取引するために使用できるデジタル通貨です。Chilizのプラットフォームは、ファンが自分のアイドルとつながり、クリックだけでなく、行動でサポートを示すことを可能にします。

このネットワークは、プロサッカーチームの間で非常に人気があり、
ヨーロッパのトップクラブがChilizと主要なパートナーシップを結んでいることが証明されています。ユヴェントスFC、FCバルセロナ、ASローマ、パリ・サンジェルマンなどが名を連ねています。これらのクラブのファンは、Chilizの統合された取引所でファントークンを売買することができます。

トークノミクス

Chilizの総供給量は8,888,888,888トークンで、現在このうちの約75%が流通しています。2021年に0.70ドルまで上昇した後、現在の価格は0.24ドルです。

CHZを購入する理由

全体として、CHZは市場の逆風に極めて強いことが証明されています。CHZトークンは2022年の弱気市場の間、非常によく持ちこたえており、これは通常将来の強い値動きの兆候となります。トークンは2025年までに5ドル以上に達すると予想されており、これは現在の価格の25倍となります。

大規模な既存ユーザーベースを持つ堅実なプロジェクトに参加したい投資家にとって、Chilizは強力な選択肢です。世界中のスポーツファンにサービスを提供できるため、ブロックチェーン技術がより広く採用されれば、その総価値は指数関数的に成長する可能性があり、価格が低いうちに購入すべき最高の暗号の1つであることは間違いないでしょう。

購入のベストタイミング

弱気相場は価格が最も低くなるため、購入に最適な時期です。ファンダメンタルズが弱いと冬を乗り切れないプロジェクトもありますが、強力なユースケースと十分な流動性を持つプロジェクトは長期にわたってここに存在することになります。

これらのトークンは、2022年12月に買うべき最高のクリプトです。かなり下落したものもありますが、それぞれ次の強気市場に向けて強力な投資機会を提供しています。 これらのトークンのいくつかを購入し、HODLすることは確かに価値があると証明されるかもしれません。

やがて価格は軒並み10~100倍程度に上昇すると予想されます。Metacadeのようなアーリーステージのプロジェクトは、立ち上げたばかりなので、トップクラスの投資チャンスと言えます。これだけ大きなユーザーベースを持つMCADEは、長期的なポテンシャルが高く、本当の意味での長寿を期待できます。そのため、トークン1つあたりの価格はわずか0.008ドルで、急速に上昇することが予想され、今こそMCADEに参加するチャンスと言えるでしょう。

MCADE プレセールはこちらから参加できます。