Reddit:2023年2月に投資すべき最高のICO

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Reddit:2023年2月に投資すべき最高のICO

By Alice Davies - 分読み (ショート)

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)は、プロジェクトが立ち上がるための資金を調達するための方法です。暗号の世界では定期的に利用されており、企業は宣伝効果を上げることで、さらなる投資や新しいユーザーをプラットフォームに引き寄せることができます。ICOは通常プラットフォームの将来を説明するホワイトペーパーとともに発表され、初期投資家はプロジェクトの進行に伴い、初期投資に対する利益の実現を期待できることが多いです。

2023年2月にあなたの暗号ポートフォリオに加えるべきベストなICOは、こちらです。

  1. Metacade (MCADE)
  2. VisaMetaFi (VISA)
  3. Heroes of Mavia (MAVIA
  4. Wombat Exchange (WOM)
  5. CryptoCitizen (CCASH)
  6. ByePix (EPIX)
  7. WeSendIt (WSI)
  8. Kryptview (KVT)

1. Metacadeーメタバースのための革命的なゲームプラットフォーム

Metacadeは、プレセールの段階ですでに大きな人気を博しているブロックチェーンベースの新しいプラットフォームです。このコミュニティゲームハブは、現実世界のビデオアーケードの興奮とコミュニティを再現する仮想ゲームハブになることを目指しており、すべてゲーマーの自宅にいながらにして楽しむことができます。このプラットフォームは、カジュアルなゲーマーからハードコアなゲーマーまでを魅了する膨大な数のP2Eゲームを提供し、その中核には魅力的なプレイ・トゥ・アーンの仕組みが備わっている予定です。

P2Eは、Metacadeのコミュニティが自ら収入を得るための数多くの機会のひとつに過ぎないようです。プレイヤーはゲーム・アルファを共有したり、レビューを書いたり、MCADEトークンを賭けたりすることでも収入を得ることができます。その他の画期的な機能としては、Metacade Create2Earnスキームがあり、開発者が新しいゲームの作成をサポートするための暗号資金にアクセスできるMetagrantsイニシアチブを特徴としています。さらに、求人掲示板ではWeb3の優秀なクリエイターと業界内のエキサイティングなキャリア機会をマッチングさせることを目的としています。

MCADEを購入すべき理由

MetacadeのネイティブトークンであるMCADEは最近プレセールを開始し、わずか3週間余りでベータフェーズを完売、100万ドルを調達しました。9回のプレセールにより、MCADEの価値はベータ版の価格である0.008ドルからプレセール終了までに0.02ドルまで上昇するため、分散型取引所に登場すればMCADEの価格が急騰する可能性があると期待されています。

現在の弱気市場の間に利益を得るこの範囲と、Metacadeの画期的なGameFiプラットフォームの長期的な成長の可能性は、Metacadeを暗号ポートフォリオを拡大したい投資家のための最高のICOの1つにしています。

>>> Metacadeのプレセールにはこちらから参加できます<<<

2. VisaMetaFi(VISA)ー卓越した新しいシンプルに使える暗号決済システム

VisaMetaFiのプラットフォームは、異なるオンラインマーチャントやブロックチェーンプラットフォームで使用できる新しい分散型暗号支払いシステムを特徴としています。Web3、DeFi、DAO、メタバース、MetaFiの決済機能が組み込まれており、投資に最適なICOの1つとなっています。

このプラットフォームにより、ユーザーは取引手数料なしで世界中のどこにでもステーブルコインを送金できるほか、送金するためにデジタルコインを交換したり、暗号をフィアットに変換したりする必要性を根絶することができます。VisaMetaFiを利用している大手企業には、休暇予約サイトのBooking.comがあります。

VISAを購入すべき理由

VisaMetaFiはネイティブVISAコインのリリースを含め、数万人のグローバルユーザーに到達し、プロジェクトのオープニングフェーズを成功裏に通過しました。

世界中のオンライン決済と暗号決済を可能にするシンプルでアクセス可能なフレームワークを持つVISAは、長期的に投資家の注目を集めることになりそうです。その結果、VISAは2023年2月に投資するのに最適なICOの1つです。

3. Heroes of Mavia(MAVIA)ー魅力的なP2Eバトルビルダーゲーム

Heroes of Maviaは、そのエキサイティングな基地建設とプレイヤー2プレイヤーバトル機能により、現在利用可能なブロックチェーンベースのゲームICOの中で最高のものの1つです。ゲーマーは自分の軍隊を作り、Heroes of Maviaのエコシステム内で敵の基地を占領し、進行に応じてRubyトークンを獲得することができます。

このトークンを使って、拠点のアップグレードや軍の装備、防衛の強化などを行います。このゲームには、NFTマーケットプレイス、ライブバトルストリーミング、ユーザーが軍事的な同盟関係を通じて協力し、受動的な収入を得るためのパートナーシップマネージャーなど、いくつかの魅力的な機能があります。

Maviaを購入すべき理由

ネイティブMAVIAトークンは、2023年第1四半期に予定されているNFTローンチと第2四半期のfree2playローンチに先立ち、この新しくエキサイティングなP2Eゲームプラットフォームに乗ろうとする投資家からすでにソーシャルメディア上で膨大かつ忠実な支持を集めています。

暗号の大物であるBinance Labs、crypto.com、Genblock Capitalからの支援を受け、MAVIAは2023年2月の優れた暗号ポートフォリオ投資となります。

4. WombatExchange(WOM)ーエキサイティングなステイブルスワップ通貨取引所

WombatExchangeは、そのホワイトペーパーでBinance Chainでホストされる「マルチチェーン・ステーブルスワップ」と定義されており、市場参加者がコインステーキングによって利回りを生み出し、最小レベルのスリッページの恩恵を受けながら、ステーブルコインをスワップできる新しい暗号取引所です。

ユーザーフレンドリーなインターフェースにより、WombatExchangeは暗号取引所に慣れていないトレーダーにとって優れた入口となります。さらに、利用可能な流動性プールは、ユーザーが複数の安定した通貨を保持する必要がないことを意味します。

WOMを購入すべき理由

WombatExchangeのネイティブ通貨コイン「WOM」は、保有者がプラットフォームのガバナンス提案に関する議決権や安定コインの流動性にアクセスできるようになる魅力的なICOです。この取引所はすでに、Hailstone VenturesやShima Capitalなど、複数の大企業の想像力と投資を獲得しています。

一方、Wombat ExchangeのTwitterアカウントは7万人のフォロワーに近づくほど急速に成長しており、暗号交換の世界で新しい可能性を探している投資家にとって最高のICOの1つとなっています。

5. CryptoCitizen(CCASH)ー中毒性のあるMMORPGメタバースゲームプラットフォーム

CryptoCitizenは、ストーリーのある世界で無料プレイとP2E機能を提供するもう一つのメタバース・ゲーミングです。このプラットフォームは多人数参加型オンライン・ロールプレイングゲーム(MMORPG)として、シューティングゲーム、レース、クラシックな1対1の戦闘要素など、多様なゲーム機会を提供し、多くの潜在的なユーザーを獲得しています。

ユーザーはチャレンジに成功し、「市民ランキング」を上げることでネイティブトークンを獲得し、限定NFTを利用する機会も得られます。

CCASHを購入すべき理由

CryptoCitizenは、アルファテスト段階で20万人以上の事前登録があり、すでにゲーム界に嵐を巻き起こしています。Gamescom 2022で発表され大絶賛され、Polkastarter、Firestarter、Seedifyを通じて、すでに3つのプレセール割り当てのCCASHを完全に割り当てています。

CCASHトークンの最大供給量は10億個で、CCASHが取引所に上場されたときにリリースされるのはわずか1.2%で、すでに巻き起こった騒動とオープンな取引所でのトークンの希少性から、CCASHは初期投資家が購入すべき最高のICOの1つになっています。

6. ByePix(EPIX)ーFacebookに挑戦するSocial2Earnプラットフォーム

ByePixは、Web3ベースのプラットフォームで、複数のエキサイティングな要素を1つの使いやすいハブに統合しています。DeFiアプリ、NFT、P2Eタイトル、そしてプレイヤーのあらゆるニーズに対応する完全機能のエコシステムなど、魅力的な要素が満載です。例えば、このプラットフォームの最初のP2Eタイトルの一つである「Gem Hunters」では、タスクを完了するとトークン化された報酬を受け取ることができます。

またEPIXコインで購入した仮想の土地は、耕作・開発した後に売却して利益を得ることができます。その他にも、同プラットフォームの「Social2Earn」イニシアチブを通じてソーシャルタスクをこなし、EPIXに投資してリターンを得ることも可能です。

EPIXを購入すべき理由

ByePixは、著名なベンチャーキャピタルから多額の投資を受け、大きな話題を呼んでいます。彼らの最終目標は、FacebookやInstagramのようなソーシャルメディア大手企業に挑戦することです。それは無理な注文に見えるかもしれませんが、ByePixにはコンテンツに対してユーザーに報酬を与えることで、長期的にソーシャルメディアの状況を改善するチャンスがあるのです。

この革新的なアプローチにより、EPIXは、エキサイティングでゲームを変える可能性のある暗号の機会を探している投資家にとって、検討する価値のある最高のICOの1つとなっています。

7. WeSendIt(WSI)ーエキサイティングな新しい分散型ストレージとファイル共有プラットフォーム

分散型クラウドストレージとファイル共有オプションを提供する新しい暗号サービスであるWeSenditは新しいWeSendIt 3.0リリースを発表し、ユーザーがデータを送信するたびにトークン化された報酬を獲得することができるようになりました。

このBEP-20トークンは広告、スケーラブルなデータストレージ、サブスクリプションの割引と交換することができ、プラットフォームへの顧客紹介を通じてさらなる報酬を得ることができます。

WSIを購入すべき理由

Amazon、Google、Microsoftなどの技術大手によって提供される集中型のファイル共有やデータ保存オプションに代わる低コストな選択肢として設計されたWeSendItの暗号世界への進出は、この分野における10年以上の経験によって支えられています。彼らは150カ国で300万人以上の顧客を獲得し、WSIを2023年2月に購入すべき最高のICOの1つにしています。

WSIトークンはすでに2022年9月にプライベートセールを成功させています。分散型データストレージの需要は今後数年間で増加する一方であり、WSIは潜在的に豊かな利益を受け取るために投資する価値のあるICOであると言えます。

8. Kryptview(KVT)ー暗号投資家への情報提供を支援するインタラクティブなResearch2Earnプラットフォーム

Kryptviewの新しいインタラクティブな「Research-to-Earn」プラットフォームは、暗号通貨、トークン、およびプラットフォームに関する研究を作成し、共有することに特化されています。ユーザーは暗号プロジェクトの評価、分析、レビューで報酬を得ることで、コミュニティと交流することができます。

さらに、ユーザーは他のプラットフォームメンバーが当該資産を調査して情報を提供することで、潜在的な価値を得るための誘因として、資産に「調査バウンティ」を提供することができます。KVTコインは報酬の分配に使用され、エコシステム全体を支えています。

KVTを購入すべき理由

この種のプラットフォームとして初めて暗号の主流になることを目指し、The BloxやMattersを含む複数の大手暗号支援者がこのプロジェクトに支援を提供しています。

KVTが取引所に登場する際には高い需要が見込まれるため、早期に参入することで投資家は長期的な利益を得ることができるようになります。このためKVTは現在利用可能な最高のICOの1つであり、その革新的で市場をリードする可能性のある提供物によって、将来的に得られる可能性のある報酬を得ることができます。

まとめーMetacadeは 2023 年に投資すべき最適なICO

ICOは、投資家にとって公開市場に出る前に適切なプロジェクトを支援することができれば、早期に大きな利益を上げることができる優れた方法です。多くのプレセールでは期間中に同様の段階的な価値の増加を提供しており、どこで価値を見出すことができるかを理解することが重要です。

Metacadeの豊かで多次元的なロードマップは、P2Eタイトルの驚くべき今後の範囲とGameFi開発をリードするのに役立つMetagrantsスキームに加え、ユーザーに多くのエキサイティングな収益の可能性を提供します。これらの要素が相まって、2023年2月のICO投資機会として最適なものとなっています。ベータ段階の迅速な完売と、すでに200万ドル以上の資金調達により、MCADEは2023年と2024年に新機能のリリースでロードマップが結実すると、急騰する見込みです。

eToroで最適なICOトークンを購入するならこちら

Metacadeのプリセールにはこちらから参加できます。