BinanceのCEOであるZhao氏が刑事告訴される可能性ー暗号にとって何を意味するのか?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

BinanceのCEOであるZhao氏が刑事告訴される可能性ー暗号にとって何を意味するのか?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)
  • 司法省の検察官がBinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏を刑事告発するのに十分な証拠があるかどうかで意見が分かれています。
  • Binanceの業界における地位は非常に優位であり、彼らに関するいかなる話も今や大きな問題です。
  • 告訴に関係なく、Binanceの埋蔵金証明は透明性の要求を満たせないでしょう。
  • 現在、顧客はすべてが大丈夫だと盲信的に願うことを余儀なくされているため、暗号はその倫理観全体を変える必要があります。

再び来ました。ロイターの報道によると、司法省の検察官がBinanceの捜査に関して、次のステップをめぐって意見が分かれているようです。

同取引所は、マネーロンダリング防止法や制裁を順守していない疑いがあるとして、2018年から捜査を受けています。

この報告書は、連邦検察官の一部が取引所に対して積極的に進めたいと考えていると主張しています。彼らは、CEOのChangpeng Zhao(CZ)氏を含む個々の幹部に対して刑事告訴するのに十分な証拠があると考えています。

Binanceが反撃

Binanceはこの報道を批判したことについて驚いた人はいないでしょう。

ロイターはまたもや勘違いしている。今度は我々の驚くべき法執行チームを攻撃している」とツイートしています。

さて、これは暗号業界における新しい嵐なのでしょうか?Binanceに問題があるのでしょうか?

他の関係者(名前を挙げる必要はありません、私は特定の人について話すのにうんざりしています)からこの空間での悪ふざけを考えると、膝を打つような反応に飛びつくのは簡単なことです。しかし、今回はそのような内容ではありません。

これは2018年に始まった長期間の調査であり、Binanceが規制当局と揉めているのは周知の事実です。アメリカの子会社Binance.USの前CEOであるBrian Brooks氏は規制当局の締め付けにより就任からわずか3カ月で退任しているのです。

CZは当時、Binanceは「今後、完全に規制された金融機関になるよう軸足を移す」とし、規制の経験が豊富な後任のCEOが見つかれば、退任することに「非常にオープン」であると述べていました。

したがって、これは全く予想外の展開ではなく、現在進行中の調査であることは一般によく知られていたのです。

暗号にまつわるさらなる問題

しかし、これは警鐘を鳴らすような状況ではないものの、暗号業界の大きな問題を要約しています。Binanceは透明性から程遠く、業界全体にとって健全とは言えません。

Cryptoは今、CZとBinanceが空間全体にとって極めて重要なポイントにもなっています。取引所の一歩間違えれば致命的なことになりかねません。その重要性は、業界で苦境にあるプレイヤーを支えるためにCZが設立した10億ドルのファンドを見ればこれほど明らかなことはないでしょう。(ちなみにこの動きは、過去に「最後の貸し手」としてSam Bankman-Fried氏が担ったことを不気味に彷彿とさせるものです。)

市場の支配力と透明性の欠如を考えると、規制当局がかつての「本部のない」取引所(ちなみに、正式な本部はまだないようです)を狙っているのは完全に理にかなっています。

CoinbaseとBinance最後の2つのプレーヤー、一方には透明性が存在する

Binanceは、Coinbaseと並んで今や暗号業界全体で最も重要な企業と言えるでしょう。しかし両者は全く異なる存在です。Coinbaseは上場しており、透明性という点では全く異なるレベルにあるのです。上場企業が通過しなければならない必須の開示やその他の輪は負担になるかもしれませんが、顧客に安心と安全を提供します。

一方、Binanceは大きな成功を収めた数年間を通して法律を回避してきました。これは彼らを批判しているわけではありません。この業界は文字通り何もないところから、規制が全く存在しない状態で立ち上がりました。昔はそうでなければ何もできなかったのです。

しかし暗号産業は成長し、Binanceはその財務に関して言えばいまだに完全な謎が存在します。いくつかの主張があるにもかかわらずです。

埋蔵量の証明は、この透明性の問題を解決することが大きな目的でしたが、そのプロセスは満足のいくものではありませんでした。私は週末に数時間かけてこの問題を理解しようとしましたが、参加したときよりも混乱した状態となっています。

KrakenのCEOであるJesse Powell氏は、この件に批判的であり、彼は良いポイントを指摘していると思います。

公平を期して、CZはこれを改善すると言っていますし、まだ日が浅いです。しかしこれまで公開された情報からは、Binanceの内部構造あるいは財務の健全性についてはほとんど何も見えてきません。

転換期を迎えた暗号

Binanceが市場を圧倒的に支配していることを考えると、CZは今や暗号で最も重要な人物であると言えるでしょう。

このような話が続くと、暗号の評判は泥沼に引きずり込まれるだけで、実際のところ今一番の問題になっています。機関投資家、主流メディア、そして暗号に詳しくない人たちはこうした話題を見て目を丸くしてしまうでしょう。多くの人が今この業界に近づくことを恐れているはずです。

私の考えでは、Binanceが真の透明性を確立するために協調的な努力をするのを見るのは良いことだと思います。これまでの彼らの努力は非常に不十分であり、この業界の一部の悪質業者と比較して有利だからといって、この点で彼らがうまくいっているとは言えないと思います。

今年1年間の業界の混乱、特に最近のFTXを考えると、Binanceは当然かどうかは別として、より高い基準で自分自身を保持する義務があります。以下のような出来事はおそらく完全に正当なものであるにせよ、それが意味するところはこの業界にとって懸念すべきことです。

暗号の精神は決して信用せず、検証することです。しかし私たちは皆、資金に問題がないことを保証してくれるCEOSの集まりのつぶやきに頼っています。(時々、本当に時々ですが、特定の人々はこの真実を「曲げる」ことで知られています。)

CZはここしばらくの間、この分野の他のプレイヤーに対して非常に批判的で、声高に発言してきました。個人的には彼がその混乱から自分自身を分離し、Binanceをできるだけ透明性のある場所に持っていくことに集中することを望みます。

なぜなら、規制当局がこうした中央集権的な暗号プレイヤーを追いかけてくるのは完全に理にかなっているからです。それはもう少し透明性を得るまで、彼らがすべきことなのです。

しかしその日が来るまでは、Binanceが誠実に行動し、カモがいることをただ「願う」しかないのです。疑惑を避けるため、この希望が見当違いであることを示唆する証拠はありません。

暗号の主な特典の1つは、正しいことを行うために中央集権的な金融機関を盲目的に信頼する必要がないことだと思ったのですが…