Binanceのハッキング事件は分散化の危険性を浮き彫りに

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Binanceのハッキング事件は分散化の危険性を浮き彫りに

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

仮想通貨取引所Binanceネイティブ チェーンは、数百万ドルの暗号が暴露されるに至った悪用により、木曜日に停止されました。

この事件は明らかに暗号の世界に衝撃を与えましたが、私にとっては非中央集権の危険性を浮き彫りにするものでもあったのです。

誤解しないでほしいのですが、非中央集権は、暗号通貨が構築されているすべての土台となる間違いなく唯一最大の柱です。金融、お金、そして経済について、私たちが知っているすべてを根底から覆す可能性のある概念なのです。世界をより良い場所にすることができるのです。

しかし、今回のBinanceの事件は、暗号通貨の初期段階において、分散化が非常に現実的なリスクももたらすことを浮き彫りにしています。(サトシ・ナカモトがビットコインのホワイトペーパーを書いたのが2008年であることを忘れてはいけません。)

Binanceで何が起こったのか、分散化はそれとどんな関係があるのか?

木曜日の夜遅く、攻撃者がBinanceのチャンスを狙い、チェーン上の最初の動きは、200万BSCトークンが彼らのターゲットになったことを示唆しています。

BNB Chainは1億ドル以上の資産が動いたと推定していますが、700万ドルの資産がほぼ即座に凍結されたことを確認し、総損失を減少させました。

チェーン全体を停止させるという決定はBinanceの驚くべき動きです。私が述べたように、ブロックチェーンは分散型であることが前提です。このエピソードは、BNBが全く逆であることを示しています。

明らかに、これはあらゆる種類の問題を投げかけています。暗号純粋主義者たちは、これが文字通り1つの企業がエコシステム全体を動かしているという事実、つまりWeb 2.0と暗号が闘おうとしていることと全く同じであることに怒っているのです。

これには一理あります。そしてBinanceが700万ドルを凍結できたことは、暗号のマントラに反しているにもかかわらず、中央集権にはその利点もあることを示しています。700万ドルは、今回の不正アクセスの規模に比べれば小さいかもしれませんがそれでも相当な金額です。これはまだ初期のことで、これを読む頃にはもっと没収されているかもしれません。

Binanceの評判は落ちる?

Binanceは市場で非常に強い立場にあり、また非常に人気のあるCEOによって運営されているため、この事件はほとんどもみ消されるだろうと私は考えています。

Binanceは以前にも一度、ハッキングされたことがあるくらいです。また技術的には、消費者に対する直接的な攻撃ではなく、空中から1億ドルのBNBを生み出す魔法であり、重要な違いです。(それでもBNB保有者にとっては恐ろしいニュースですが)

前回は、Binanceの顧客が狙われました。2019年、ハッカーは4000万ドルのビットコインを盗み出したのです。Binanceの反応は模範的で、影響を受けた人は誰でも補償されることを顧客に保証するためにすぐに動きました。まさにそれが実現したのです。このようなことが再び起こった場合に顧客を補償する目的で、それ以来、保険基金さえ立ち上げました。

暗号のような新しい技術では、残念ながらこのようなことが起こるのは必然です。Binanceのような企業は、顧客の資金が常に安全であることを保証しており、そのリスクは明らかに軽減されているのです。

しかし、これはある程度の中央集権があればこそ可能なことです。完全に分散化された世界では、このような悪用は処罰されないでしょう。実際ここで仮定の話をするまでもなく、顧客は常に資金を盗まれ、ほとんど救済を受けることはありません。

分散化とは美しいものです。しかしこのエピソードは、それがリスクもはらんでいることを不親切にも思い起こさせるものです。業界が自力で立ち上がり、イノベーションを起こし、物事を進めていく一方で、顧客はそのことを心に留めておく必要があります。

安全に。