ホームニュースBinanceはSolanaの出金を一時停止

BinanceはSolanaの出金を一時停止

世界最大の暗号通貨取引所および取引プラットフォームであるBinanceは、金曜日の午後にユーザーに与えられた通知によると、Solana(SOL)ネットワークでの引き出しを停止しました。

通知に従って、SOLの引き出しの停止は、大量のトランザクションの失敗を受けたものです。同取引所は、この問題は4月25日以降、何度も発生していると説明しています。

Solana(SOL)ネットワークでの出金は、2022-04-25(UTC)以来、数回にわたって停止しています。これは、空白のトランザクションIDで生成された大量の引き出しが原因です。」と通知されました。

Binanceは、障害がオンチェーン(Solana上)で始まるため、出金に影響を及ぼすと付け加えました。

オンチェーン取引に失敗したことが確認されると、対応する出金依頼は拒否されることになる。全体のプロセスは、少なくとも4時間かかります。

同取引所は、「安定的かつ長期的な解決策」を見つけるためにSolanaと協力しているとしています。 これに関するアップデートがあれば、ユーザーに通知されるとBinanceチームは付け加えました。

Solanaは現在、時価総額が317億ドルで6番目に大きい暗号通貨です。

過去24時間では10億ドル以上の取引量を記録し、そのうち1億6000万ドル以上がBinanceのSOL/USDTのペアで取引されています。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。