ホームニュースBit2me、ブラジルに新オフィスを開設し事業拡大を目指す

Bit2me、ブラジルに新オフィスを開設し事業拡大を目指す

スペインの暗号通貨取引所であるBit2meは、Latamへの事業拡大に大胆な一歩を踏み出しました。現地メディアの発表によると、Bit2meはブラジルにコンプライアンス業務に取り組む新オフィスを設立したことを明らかにしました。これは、同取引所がスペイン語圏で導入している運営戦略の1つです。

Bit2meによると、ブラジルは暗号ユーザー数が多く、暗号市場もあるため重要な要素であるとコメントしています。これを裏付けるように、Bit2meのCFOであるPablo Casadio氏は次のように述べています。

「ブラジルは、すでに2000万人以上のブラジル人が暗号通貨に投資しており、この新しい技術について学ぶことに関心があることを示しているので、Bit2meがラテンアメリカに参入する上で重要な国です。」

同国での円滑な運営のため、取引所は元Binanceの社員であるRicardo Da Ros氏を迎え入れ、同国での拡大する事業を監督することになりました。取引所は、Da Ros氏がブラジル市場に参入することで、暗号市場とビットコインについて顧客により多くの情報を提供できるようになると、非常に楽観的な見方をしています。

Da Ros氏によるコメント:

「Bit2meによって、ブラジルにおける暗号通貨の知識を向上させ、この革命に関心を持つすべてのブラジル人にサトシ・ナカモトのアイデアを近づけることができると信じています。」

コンプライアンスに基づくサービスアプローチ

同取引所は、常にコンプライアンスに基づいたサービスアプローチを信条としており、2月にスペイン銀行から仮想資産サービス・プロバイダー(VASP)のライセンスを発行された最初の取引所でもある。

ブラジルの取引所には、すでに顧客との取引を保護するための設備が整っていることから、コンプライアンスという考え方が導入されるかもしれません。

同取引所によると、このオフィスは金融テロやマネーロンダリングの防止に役立つという。さらに、ブラジルは仮想資産サービスプロバイダーの運営を規制する暗号法の承認に取り組んでいます。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。