ホームニュースオンチェーン分析によると、ビットコインの底はまだない

オンチェーン分析によると、ビットコインの底はまだない

Dan Ashmore, CFA

オンチェーン解析は魅力的です。ブロックチェーンに排他的で、暗号の外には存在しません。しかし、オンチェーンに飛びつくことで、しばしば市場心理に関する興味深い洞察を得ることができ、特定の指標は将来の値動きを予測することさえあるのです。

もちろん、ビットコインの歴史が10年余りと短いため、どの指標が単なる偶然で、どれが実際の価値を持つかはまだ明らかではありません。しかし、それは楽しみの一部ではないでしょうか。

利益における供給の割合

私は今週、Twitterで、オンチェーン分析に興味があるならぜひフォローしておきたい、@OnChainCollegeがまとめたエキサイティングな指標に出会いました。彼は、市場がどれだけ過熱しているか(または冷めているか)を測るために、利益が出ているビットコインの供給の割合に注目しています。歴史的に、これはビットコインの弱気市場の開始と終了を非常によく知らせてきました。

そして、これらのバンドは現在、交差するのに非常に近い状態です。

この指標が何であるかを説明すると、ご存じない方のために、利益中の供給の割合は、現在の価格がそれらのビットコインが購入された価格よりも高い既存のビットコインの割合を指します。供給利益率が50%を超えると、トップシグナルとなり、50%を下回るとボトムシグナルという説があります。

下のグラフは、これを2011年までさかのぼって示したものです。なお、@OnChainCollegeは、損失供給率(赤)と利益供給率(緑)をチャート上に配置しています。この2本の線が交差することが指標となるのでしょう。

歴史的正確さ

ご覧の通り、過去に4回だけ交差しています。直近では2020年3月、COVIDの発症で市場がガタガタになった時です。私の見解では、これは暗号史上最も怖い時期で、まさに実存的な出来事でした。(正直なところ、世界全体の実存的な危機のように感じられました)

悪魔の証明として、この事例をブラックスワン・イベントとみなし、このクロスオーバーに続く印象的なバウンスを見過ごすこともできるでしょう。しかし、他の事例を見ると、2019年、2014年、2011年の3つの事例すべてで予測能力が成立しているのです。

それはそれで結構なことです。しかし市場は今、何を言っているのでしょうか。損失の供給比率は利益の供給比率を越えていません。このパターンが維持されるとすれば、底打ちまでにまだ多くの痛みを伴う可能性があることを意味します。

オンチェーン分析の警告

もちろん、オンチェーン分析には、サンプル空間が小さいだけでなく、データが非構造的であり、景観に重大な変化をもたらす可能性があるという注意点があります。今日私たちは猛烈なインフレ、タカ派的なFRB、そして恐ろしい地政学的な情勢を目の当たりにしています。これが引き金となり、1939年以来、株式にとって最悪の年明けとなりました。

これらのマクロ的な逆風は、ビットコインの歴史上初めて、深刻で一貫した弱気心理に逆らって上流に泳いでいることを意味します。さらに、ビットコインは、2011年、あるいは2014年当時はニッチなインターネットマネーであったこととの共通点がほとんどありません。今日、ビットコインは本格的な資産クラスの中に位置し、機関投資家の資金が流入し、マクロのテーブルにも座っています。

これらのことは、これらの帯域が再び交差した場合、歴史が繰り返されるという保証からは程遠いことを意味しています。とはいえ、これは目を離せない魅力的な傾向であり、私の個人的なお気に入りであるアナリストによるオンチェーン分析の優れた活用法でもあります。今後、追跡するのが楽しくなりそうです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。