ホームニュースビットコインが4万ドルを下回るー米国のインフレが大きなリスクとして続く

ビットコインが4万ドルを下回るー米国のインフレが大きなリスクとして続く

最近のBitcoin(BTC)の上昇に歯止めがかかりました。数日間上昇した後、メガキャプコインは再び4万ドルを割り込んでいます。この下落の主な原因は、米国でのインフレの拡大とウクライナ危機による経済減速の脅威であるとされています。以下はそのハイライトです。

  • 40,000ドルは重要なサポートであり、BTCは今後数日でさらに弱体化する可能性があります。

  • 米国のインフレ率は7.9%と予想を上回り、過去40年間で最高となる見込みです。

  • プレス時、BTCは24時間で約7%下落して39,200ドルで取引されていました。

データソース:Tradingview

Bitcoin(BTC)はさらに下落する?

ここ数週間、Bitcoin(BTC)はかなり乱高下していますが、この高いボラティリティの中でも、40,000ドルは重要なサポートゾーンであり続けています。メガキャップがこのマークを下回るたびに、さらに下落を続けてきました。

多くのアナリストは、37,000ドルのマークに注目しています。弱含みが続き、BTC が 37,000 ドルを下回るようであれば、次の上昇の前に 32,000 ドル付近で底打ちすることが予想されます。しかし、ブル勢が何らかの方法で価格行動を4万ドルまで押し上げることができれば、BTCの持続的な回復力を見ることができるかもしれません。

しかし、米国の高インフレ、経済減速の脅威、ウクライナ危機を考えると、BTCに十分な持続的上昇モメンタムがあるとはとても思えません。

これはBTCを購入するのに最適な時期?

最近の課題があっても、全体として、ビットコインの長期的な見通しは非常に有望に見えます。実際、2022年末までに100,000ドルを見ているとの見積もりがあります。39,000ドルかそこらで購入するのは素晴らしいアイデアかもしれません。

BTCの価値が6桁に達していない場合でも、今年は史上最高値を更新する可能性があります。これは、現在の価格から100%を超える利益を表します。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。