ホームニュースビットコインは債券よりもリスクが低い、とMichael Saylor氏

ビットコインは債券よりもリスクが低い、とMichael Saylor氏

Micro Strategyは、過去数年間にビットコインに数十億ドルを投資しており、その投資を増やす予定です。

Micro StrategyのCEOであるMichael Saylor氏は、ビットコインは債券よりもリスクが低いと考えています。彼は最近、顧客にビットコイン401(k)の提供を導入したFidelityに大きく賭けた後、この発言をしたのです。

Saylor氏はCNBCの取材に対し、Fidelityの最新の提供を喜んでおり、長い目で見れば大きな利益を得られると信じていると語りました。Fidelity Investmentsは、401(k)口座のオプションとしてビットコインを提供する米国の退職年金制度プロバイダーとなりました。

この資産運用会社は、年央までにビットコイン401(k)オプションを顧客に導入すると述べています。Fidelityは2兆7000億ドル以上の運用資産を持ち、現在米国で最大の401(k)プロバイダーです。

Saylor氏は、この最新の展開に興奮し、次のようにコメントしています。

「ビットコインはデジタル資産であり、退職金制度に最適な資産です。債券よりも、株よりも、商業不動産よりも、金よりも、リスクが低い。このために作られたようなものです。401(k)貯蓄プランを提供するのは技術的な挑戦ですが、フィデリティはそれを克服しました。だから、これを従業員に提供できるのは本当に喜ばしいことです。Fidelityは、現在デジタル資産を所有している、あるいは所有したことのあるアメリカ人が8000万人いるという問題に指をくわえてみていたのです。」

またFidelityの採用により、投資商品市場の重要な空白が埋められると付け加えました。

ビットコインはここ数カ月、パフォーマンスが低下しており、現在1コインあたり40,000ドルを下回って取引されています。しかし、Saylor氏は、主要な暗号通貨の長期的な価格の可能性については強気であると主張しています。彼はこう言っています。

「マキシマリストは孫にあげるために買っていて、ドルコスト平均法をしています。彼らはすでに全てを手にしているので、市場をコントロールすることはできません。テクノクラートは、GoogleやFacebookのような次の大きな技術ネットワークだと考えている。テクノロジーに強気を感じているとき、彼らは買います。テクノロジーに弱気を抱いているときは、売りに走ります。トレーダーは、その時の気分で、リスク資産と相関のある資産、あるいは相関のない資産と考えています。今は、リスクと相関していると考えている、だから彼らがリスクを売っているのなら、ビットコインを売っているのです。」

現時点ではトレーダーとテクノクラートがビットコイン市場を支配しているが、長期的にはマキシマリストが勝利すると述べました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。