ホームニュースリスクオフの心理が再燃する中、ビットコインは41,000ドル付近で態勢を整える

リスクオフの心理が再燃する中、ビットコインは41,000ドル付近で態勢を整える

ビットコイン(BTC)は、リスクオフの感情が市場に戻ったため、月曜日の夜に4万ドルのサポートに向けて日中下落した後、41,000ドルを上回っていました。

週末に42,250ドルの高値まで上昇した後、強気派はその勢いを維持することが困難であることがわかりました。

英国に拠点を置くデジタル資産ブローカー、グローバルブロックのアナリスト、Marcus Sotiriou氏は月曜日未明、BTC価格のリトレースメントは "ロシア・ウクライナ戦争を巡る懸念 "に起因すると指摘しました。

彼は、ウクライナのマリウポリ市の状況に関するロシアからの脅威の高まりと、ゼレンスキー大統領を暗殺しようとしている傭兵の報告を主要な懸念事項として指摘しています。

「これらの出来事は、ビットコインと株式が売り切れた一方でドル指数が上昇したため、今朝の世界市場にリスクオフのセンチメントをもたらしました。」と、ビットコインが41,000ドルを下回った事に対して、Sotiriou氏は述べました。

連邦準備制度理事会のコメント後にBTCがスリップ

月曜日深夜の市場取引では、2000万ドル以上のBTCロングが清算されましたが、その痛みのほとんどは、米国連邦準備制度理事会(FRB)のPowell議長のコメントが市場に届いた後のものでした。

全米企業エコノミスト協会での発言の中で、Powell議長は、FRBはインフレに対処するための積極的なアプローチを開始する準備ができていると述べました。

同議長は、早ければ5月にも50ベーシスポイントの利上げに踏み切る可能性があると指摘し、投資家のリスクオフ心理を揺さぶりました。ウォール街がネガティブな反応を示す中、ビットコイン市場でも同様の動きが見られ、BTCは40,600ドルの安値まで下落しました。

これは、強気派が42,000~44,000ドル付近の当面の抵抗レベルを支持に転じることがまだ難しいことを意味しており、逆に言えば、これらの供給ゾーンの周辺では、依然としてベアが優勢であることを示唆しています。

「健全な」プルバックだが、強気派は40,000ドルを保持する必要がある

デジタル資産ヘッジファンドARK36のエグゼクティブディレクター、Mikkel Morch氏は、先週の上昇に続く「健全な」引き戻しだとコメントし、BTCに強気を維持していてします。

ビットコインは週末に42Kドルを記録した後、少し後退しましたが、それでも40Kドルを大きく上回って週を終え、現在41,000ドルのレベルを維持しています。このようなリトレースは、先週の顕著な上昇の後では健全と思われます。」と指摘しました。

暗号アナリストのCredible Crypto氏は、ビットコインが上昇する可能性を高めるには、42,500ドルを突破する必要があると考えています。それが失敗した場合、主なサポートは29,000~32,000ドルのゾーンになるシナリオを予測しています。

Morch氏も、買い手が40,000ドル以上を維持して継続的な動きをしない場合、このような展開になると見ていますが、彼は最近の高値への反発を楽観視しており、週足のバリアを上抜ければ、46000ドルのターゲットが視野に入ってくる可能性が高いです。

BTCが4万ドルを超えている限り、継続する可能性は十分にあります。しかし、ブルズが46,000ドルで抵抗を取り戻すことができた場合にのみ、より持続的なレッグアップを期待できます。それまでは、不安定な短期的な動きがしばらく続く可能性があります。」とヘッジファンドマネージャーは付け加えました。

ビットコインは月曜日遅くに約41,008ドルで取引されていました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。