ホームニュースビットコインの部族主義が暗号通貨業界の足かせになっているとRippleCEOが指摘

ビットコインの部族主義が暗号通貨業界の足かせになっているとRippleCEOが指摘

ビットコインは時価総額で依然としてナンバーワンの暗号通貨であり、時価総額の40%以上を占めています。

RippleのCEOであるBrad Garlinghouse氏は は最近、ビットコインや他の暗号通貨をめぐる部族主義が現在暗号通貨を抑制しているとCNBCに語りました。

暗号通貨市場はおよそ2兆円の規模ですが、Garlinghouse氏は成長の余地があると述べており、以下のように語っています。

私の判断では、二極化は健全ではありません。私はビットコインを所有し、Etherを所有し、他にもいくつか所有しています。この業界は今後も発展していくと確信しています。

Garlinghouse氏によると、主要な暗号通貨は、誰かが他の暗号通貨の成長に影響を与えることなく、すべて成長することができます。彼は、現在の暗号通貨市場を1990年代後半から2000年代前半のドットコム時代と比較しました。彼はこう言っています。

ヤフーもeBayも成功する可能性があります。両者は異なる問題を解決しており、異なるユースケース、異なるオーディエンス、異なるマーケットがあります。これらの類似点は、今日でも多く存在すると思います。」

業界の成長にもかかわらず、いくつかの暗号通貨はかなり熱心な支持者を集めています。ビットコインのマキシマリストや、EtherやSolanaのような他の暗号通貨のマキシマリストがいるのです。

ただし、Garlinghouse氏は、この細分化が暗号通貨業界に悪影響を及ぼしていると考えています。彼は、細分化がワシントンの政策立案者へのロビー活動の観点から暗号業界に影響を与えていると指摘し、以下のように付け加えました。

「ワシントンD.C.の暗号業界の間の調整の欠如は、私は衝撃的であると思います。」

3月、米国のジョー・バイデン大統領は、暗号通貨のリスクとメリットを調査するよう政府に求める大統領命令に署名しました。

Rippleは、規制当局が同社がXRPトークンを無登録証券として発行したと主張し、2020年から米国証券取引委員会(SEC)との法廷闘争に巻き込まれています。

SECは、10億ドル以上のXRPを無登録証券で販売したとして、Rippleとその幹部数名を提訴していました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。