ホームニュース「ビットコインの売りは大規模な買い場」Chamber of Digital Commerce CEOが語る

「ビットコインの売りは大規模な買い場」Chamber of Digital Commerce CEOが語る


月曜日のビットコイン価格は急激に下落し、30,000ドルを下回り、2021年7月以来の最低水準を記録しました。

暗号市場での売りが月曜日のウォールストリートの大不況を反映して29,996ドルの安値を付けたため、ビットコイン供給の40%以上が未実現の損失に陥りました。また、Glassnodeのオンチェーンデータは、現在の見通しを2018年のベア市場の見通しと比較した場合、さらに多くの苦痛が残る可能性があることを示唆しています。

ビットコインと株式との短期的な相関関係を考えると、状況はさらに悪化する可能性があります。つまり、より高いレートや他のマクロ逆風の中で株式の損失が増えると、BTCも急落する可能性があります。 28,000ドルのレベルを超えて後退する可能性のあるビットコインはますます厳しくなっているようです。

しかし、Chamber of Digital CommerceのCEO兼創設者であるPerianne Boring氏は、ドローダウンは「大規模な購入の機会」と述べています。

Boring氏は、火曜日のCNBCの「Squawk Box」のインタビューで、FRBの引き締めの中で株式と債券市場に見られた暴落を指摘し、「すべてが下がっている。」と述べ、CNBCのAndrew Ross Sorkin氏に、この安値は「Buy the dipのチャンスである。」と語りました。

今週の最大のディップバイヤーの中には、1500万ドル以上の価値がある500BTCをスナップしたエルサルバドルがありました。

Boring氏はまた、人々は伝統的な資産のようにビットコインを取引しているが、暗号通貨はそうではないと述べました。ここでもまた、BTCの価格に焦点が当てられていますが、本当はネットワークの価値に焦点を当てるべきでしょう。

ビットコインが将来どこに行くかという点で、彼女は、評価モデルによるベンチマーク暗号通貨の公正価値は、現在48,000ドルから180,000ドルの間であると述べました。

ビットコインは11月に史上最高値の69,000ドルに達し、現在の価格水準では、そのピークから54%近くも下落した状態で取引されています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。