BlockFiが倒産、主な原因は?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

BlockFiが倒産、主な原因は?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)
  • BlockFiは、FTXへの「重要なエクスポージャー」を理由に破産を申請した最新の企業となりました。
  • Bankman-Friedが担保に入れたと主張するRobinhoodの株を取り戻すためにFTXを提訴しました。
  • BlockFiの破産は、今年初めにFTXからの4億ドルの信用枠によって救済されたため、長い間待ち望まれていたことでした。
  • 顧客は痛みを感じ続けているため、この分野には規制が必要です。

また一つ、埃をかぶることになりました。

誰もが予想した動きとして、BlockFiは月曜日に破産を申請しました。

破綻した暗号貸し手の裁判所への提出書類には、10万人以上の債権者がおり、破綻した取引所FTXへの「重要なエクスポージャー」を非難していることが明らかになりました。これは暗号の教科書にまた一つ暗い印をつけることになり、そのスペースはすぐになくなってしまうでしょう。

BlockFiの破産が近づいていた

BlockFiは、3週間近く前のFTXの破綻の余波で引き出しを停止していました。CelsiusやVoyager Digital、その他多くのプラットフォームの投資家が言うように、一般的にはこれが最後の藁となるでしょう。顧客から資金を引き出せないような状況では、顧客の信頼を得ることは難しいです。

だから、今週の申請は驚くには値しません。BlockFiは、復活の望みがあると主張していました。手元資金は2億5700万ドルで、破産手続きに必要な資金を確保し、債務者負担の融資を回避できると述べています。

皮肉屋と言われようが、この会社がここから回復することはないでしょう。BlockFiのアドバイザーであるMark Renzi氏は、BlockFiは「2022年が暗号通貨業界にとって他に類を見ないほどひどい年だったにもかかわらず、前進するために十分な位置にある」と主張しました。

もしこれがwell-positionedのことなら、私は英語の授業を受け直す必要があります。私が言ったように、顧客がBlockFiに再び資金を託すとは思えないからです。バランスシート上の大きな穴は言うまでもないし、文字通り破産を申請しているという小さな問題もあります。

BlockFiがFTXを提訴

BlockFiはまた、Sam Bankman-Fried氏が現在不履行となっている融資の担保として差し入れたとするRobinhood株を差し押さえるためにFTXを提訴しています。Bankman-Fried氏は今年初め、Robinhood株の7.6%を購入しました。

破産申請は別として、この追加的な法的トラブルは、この全体がいかに厄介で近親相姦的であるかを単純に浮き彫りにしています。暗号の次が何であるかを分析したときに書いたように、Bankman-Fried氏は多くの壺に手を突っ込んでおり、この騒動を解くプロセスは楽しいものではないでしょう。

その多くは、今年初めにLunaが破綻したことと関連しています。それはFTXの姉妹取引会社であるAlamedaが自らも伝染病に巻き込まれ、多くの融資を呼び出されたときだったと思われます。FTXは取引所から顧客資産を送り、今は亡きFTTトークンを担保にしました。FTXが作ったのと同じトークンです。

BlockFiはもちろん、この中で独自のトラブルを抱えていました。FTXと4億ドルの信用枠の契約を結ぶことを余儀なくされたのです。(言ったでしょう、近親相姦だと!)この契約により、FTXは2023年7月まで、いつでもBlockFiを買収する権利を得ました。

皮肉なことに、同じ白馬の騎士であるSam Bankman-Fried氏が今年初めに行った救済措置に対抗して、最新の伝染病の引き金を引いているのです。そして今回、BlockFiは倒れました。

この記事を書くにあたり、Celsiusの破綻に反応して高い利回りを宣伝するメールを送ってきたBlockFiについて、以下のツイートを見つけました。私はこれらの企業は、あまり良くないリスク管理を実践していたと見るのが妥当だと思うのですが、いかがでしょうか?

BlockFiの顧客にとっての今後は?

残念ながら、顧客は長い間待つことになるでしょう。本当に長い間待たされるのです。かつてビットコイン取引市場の70%を占めた取引所であるMt Goxは2014年に倒産し、顧客はいまだに1セントも手にしていないのですから。

連邦破産法第11条の手続きは、一朝一夕にできるものではありません。ジョン・レイ3世は、FTXのCEOを引き受け、破産手続きの舵取りをした直後に、「私のキャリアにおいて、今回のような企業統制の完全な失敗と、信頼できる財務情報の完全な欠如を見たことはない」と裁判所に提出した書類で述べています。

それは、金融史上最悪の倒産事例の一つであるEnronの倒産を監督したジョン・レイ3世と同じなのです。

暗号通貨の分野では、規制の全面的な見直しが必要であることはすでに明らかでしたが、日に日にその傾向が強まっています。今は常識的な範囲での規制が望ましいと思います。