ホームニュースカリフォルニア州、暗号通貨による政治献金を合法化、暗号企業が政治献金を増加

カリフォルニア州、暗号通貨による政治献金を合法化、暗号企業が政治献金を増加

Dan Ashmore

重要なポイント

  • 暗号取引所FTXのCEO、Sam Bankman-Fried氏は、2022年に政治団体に200万ドルを寄付しており、これは記録上27番目に多いものである。これまで彼は、民主党の候補者とPACに合計2100万ドル以上を寄付しています。
  • FTXの幹部であるRyan Salame氏とNishad Singh氏の2人は、さらにそれぞれ100万ドルずつ寄付しています。
  • Bankman-Fried氏は、2020年の大統領選挙でもジョー・バイデン大統領のトップ資金提供者の一人であり、2024年の選挙では彼の支出は10億ドルに達する可能性があるという。
  • Salame氏は共和党の路線で資金を提供していますが、どちらにも厳格な党の方針があるわけではないようです。
  • オレゴン州、ミシガン州、ノースカロライナ州は暗号通貨建ての寄付を禁止していますが、暗号通貨を合法化したり、そのための枠組みの導入を検討している州も増えています。カリフォルニア州は、以前の禁止令を撤回すると発表したばかりです。

イントロ

FTXは多くのポットで手を動かしており、これは政治にも及んでいます。

FTXのCEOであるSam Bankman-Fried氏は、過去に「お金を使うことで自分を幸せにする効果的な方法は、すぐに尽きてしまう。」と述べています。「ヨットはいらない。」

Bankman-Freid氏は、派手なおもちゃはいらないですが世界に影響を与えたいと考えており、それが政治献金に部分的に表れているのです。ジョー・バイデン大統領ほど著名な人物はおらず、現大統領は2020年の大統領選出馬の際Bankman-Freid氏から520万ドルを受け取っています。

彼はこれまで、民主党のさまざまな候補者や民主党と連携するPACに、合計で2100万ドル以上の資金を提供しています。

2024年の選挙については?Bankman-Freid氏は、候補者(政党ではない)によっては最大10億ドルを費やす可能性があり、下限は「1億ドル以上」となりそうだという。

カリフォルニア州、暗号による寄付を合法化

これらの寄付の多くは、従来の不換紙幣ではなく、暗号で行うことも可能です。多数の州が暗号で政治家に寄付することの合法性についてルールを設けていない一方で、ワシントン、アリゾナ、コロラド、イリノイ、オハイオ、ジョージアなど、いくつかの州ではすでに完全に合法化されています。

下の地図を見ると、カリフォルニア州、オレゴン州、ミシガン州、ノースカロライナ州が暗号通貨による政治献金を全面的に禁止しており、いくつかの州は逆の方向に向かっていることがわかります。 しかしこの記事を書いている間に、カリフォルニア州が寄付を合法化する方向にUターンしました。つまり下のグラフは、合法化された州が間もなく1つ増えることになります。

政治に深く関与するFTX

Bankman-Freid氏は暗号内の唯一の寄付者ではありませんしFTXでも彼一人ではありません。2022年のこれまでの寄付を見ると、opensecret.orgはBankman-Friedが200万ドルの資金提供で27位につけています。しかし、さらに2人のFTX幹部であるRyan Salame氏とNishad Singh氏がそれぞれ100万ドルを寄付し、全体のランクで44位となっています。

暗号は今年、価格の下落にもかかわらず主流になりつつあり、政治との関わりの増加ほどそれを象徴するものはないでしょう。この3つのFTXの寄付者を合わせると、今年の政治献金ランキングで14位となります。

興味深いのは、Salame氏の資金提供は共和党主導のようで、5月のAmerican Dream Federal Actionに資金を提供しており、FTXの同僚であるBankman-Fried氏の親民主党の姿勢とは対照的であることです。Bankman-Fried氏でさえ、過去に保守派の候補者に少額の寄付をしているので、彼が上で主張したように、厳密には党主導ではないようです。

実際、暗号における民主党対共和党の対立は魅力的で、民主党はマネーロンダリング、環境破壊、投資家の搾取を心配するため後者はこの業界をより受け入れているように見えます。

過去の選挙との類似性

以前の大統領選挙では暗号通貨は数桁小さいものでしたが、寄付の手段として暗号通貨が使われるようになったことで、過去の選挙を思い起こさせるものがあります。

2016年にドナルド・トランプ前大統領がソーシャルメディア、特にTwitterの力を利用して衝撃的な勝利を収めたことは有名であり、その4年前にはオバマ前大統領がスマートフォンの技術を熱心に活用しました。このようなテクノロジーをキャンペーンに導入する斬新な方法は、特に若い世代や、他の方法では投票に行かないような有権者を獲得するための良い方法となり得るでしょう。

分極化

暗号通貨については、「誇大広告」「一攫千金を狙ったもの」という否定的な意見と、「ブロックチェーン技術は世界をより良く、より公平にすることができる」という肯定的な意見があり、非常に対立が激しい問題であることに変わりはありません。

そのため、ブロックチェーンが暗号とますます結び付き始めているのは驚くことではありません。エルサルバドル大統領、マイアミ市長、ニューヨーク市長など、特定の政治家がこの技術を熱狂的に受け入れる一方で、例えば中国が全面的に禁止するなど、抑制を求める声も聞かれるようになりました。

最近、価格が小康状態であるにもかかわらず、この業界が成長を続けるにつれ、暗号通貨の規制と政治家の業界に対する態度がますます重要になるでしょう。特に、FTXからの政治献金が他の業界にも波及し始めればなおさらです。

しかし、暗号通貨建ての寄付を合法化することは、議員にとって容易なことであり、業界を取り巻く複雑な規制の問題を掘り下げることもなく、暗号ネイティブの人々の寄付を促すことができるため、間もなくカリフォルニア州に続く州が増えることが期待されます。

ソース

https://www.opensecrets.org/outsidespending/summ.php?disp=D

https://decrypt.co/47292/one-of-joe-bidens-biggest-donors-runs-a-cryptocurrency-exchange

https://s3.amazonaws.com/multistate.us/production/articles/abBqAY8jQcuZfeDxD/body/upload-572d89.png