Cardano vs Solana?投資家はMetacade(MCADE)を好む

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Cardano vs Solana?投資家はMetacade(MCADE)を好む

By Alice Davies - 分読み (ショート)

CardanoとSolanaは、今日の暗号の世界における2つの代表的な名前です。分散型アプリケーション(dApps)をサポートしながら、ユニークな機能でシーンに登場したため、Ethereumを「引きずり下ろす」可能性さえあると主張する人も少なくありませんでした。

しかし、最近の状況は変わってきています。多くの投資家が、Ethereum上に構築されたプロジェクトであるMetacadeの方が長期的なポテンシャルがはるかに高いと考えるようになったのです。

地位争いに失敗

Cardanoと Solanaはかつて「ETHキラー」と呼ばれていました。誇大な宣言にもかかわらず、両者は今、世界最大のWeb3エコシステムを制圧するのに苦戦しています。両チェーンはより高い取引スループットとはるかに安い手数料を提供できるのに、なぜEthereumをその座から引きずり降ろそうとする試みに失敗したのでしょうか。

この2つのエコシステム自体、様々なプロジェクトの本拠地となっています。さらに両者はNFTだけでなく、あらゆる種類の分散型金融(DeFi)サービスを提供することができます。問題は、Ethereumに基づくプロジェクトと比較した場合、これらのサービスを利用したいと考える人がそれほど多くないようだということです。

Solana(SOL)とは?

Solana(SOL)は、次世代の高性能ブロックチェーンとして注目されています。このネットワークは、開発者がスケーラブルで安全、かつ効率的な分散型アプリケーションを構築することを可能にし、エネルギーコストを削減し、取引速度を向上させるためにプルーフオブステークの合意メカニズムを利用します。

しかしこのネットワークは、活動開始後2年間は定期的に障害が発生しています。2021年6月から2022年6月の間に、Solanaブロックチェーンは7回スイッチオフしています。ブロックチェーンは24時間365日利用できることが前提なので、これによって多くの投資家がエコシステムへの信頼を失いました。比較するとビットコインは9年連続で連続稼働しています。

Cardano(ADA)とは?

Cardano(ADA)はSolanaと同様のサービスを提供していますが、ネットワークの回復力という点でははるかに優れた実績を持っています。Cardanoと他のネットワークの主な違いは、ピアレビューされた研究を通じて開発された最初のブロックチェーンであることです。

ADAチームは現在、Hydraと呼ばれるネットワークの新しいスケーラビリティ・ソリューションを開発しています。このアップデートが稼働すると、Cardanoは1秒間に最大100万件のトランザクション(TPS)を処理できるようになると予想され、これは「The Merge」がETHの量を15TPSから10万件に増やした後でも、Ethereumの記念すべき改善点となるでしょう。

高い将来性と低い需要

SolanaとCardanoは、時価総額でEthereumを「ひっくり返す」運命にあるように見えましたが、この予測は今のところ的外れです。Cardanoの場合、現在アクティブなウォレットアドレスは7万件に過ぎず、これはEthereumの10分の1以下です。

Ethereum上に構築されたdAppsは、より多くの人々がエコシステムを利用したいと思うため、ユーザー率に関して独自の優位性を持っています。Ethereumの統合的な利点を生かすことになりそうなプロジェクトがMetacadeです。

Metacade:大きな可能性を秘めたユーザー

投資家は、いくつかの重要な理由からMetacadeに深く目を向け始めています。このプロジェクトは、コミュニティ重視の全く新しい プレイ・トゥ・アーンエコシステムであり、会員に素晴らしい特典を提供しています。

GameFiが30億人規模の市場に拡大し、ゲーム業界そのものを征服しようとしている中、Metacadeのようなプロジェクトは多くのユーザーを惹きつけるのに極めて有利な立場にあります。Metacadeは単一のタイトルではなく、ゲームセンター全体であることを考えると、これは十分に可能であると思われます。

コミュニティのイニシアチブ

プレイヤーにとって、ブロックチェーンプレイを最大限に楽しむための最新(かつ最も価値のある)情報を見つけることは、しばしば困難な場合があります。Metacadeは最新のゲーム開発やプレイテクニックなど、ゲームコミュニティが知っていることすべてを共有するためのハブを作ることで、この問題を解決します。

その上でMetacadeはコミュニティと知識を共有するユーザーに対して、MCADEトークンの報酬を提供します。このプラットフォームはプレイヤー間の強い関係をインセンティブとし、その過程でより多くの収入を得る機会を提供します。

プレーヤーが所有する

Metacadeは、分散型自治組織(DAO)になることを計画しており、これも多くのユーザーをこのプラットフォームに惹きつけることになりそうな機能です。MetacadeのプラットフォームはGameFi業界そのものを発展させることを目的としてより多くの力をゲーマーに還元するため、MCADE保有者は将来的なプラットフォームの運営方法について投票することができます。

MetacadeがGameFi業界の発展を目指す重要な方法の1つが、Metagrantsプログラムです。Metagrantsプログラムは、プレイヤーが集まり、投票し、今後どのような新しいP2Eタイトルを作るべきかを決定することができます。優秀な開発チームから提出された提案を検討した後、Metacadeコミュニティは、その作成を促進するために直接資金を提供することができます。

SOL vs ADA vs MCADE:投資家はこう考えている

Solanaは維持に苦戦しており、Cardanoはユーザーベースという点では不十分であるため、どちらのプロジェクトもEthereumを「引きずり下ろす」ことはできていません。実際、Ethereumは「The Merge」を完了したばかりで、現在では競合他社と同様のトランザクション処理能力を提供しています。ユーザー数では圧倒的にエコシステムが大きいので、競争上の優位性は大きいです。

Ethereum上に構築されたMetacadeは、爆発的な成長を遂げるのに十分なポジションにあります。Ethereumからのユーザーにユニークな特典を提供できるだけでなく、このプラットフォームはアーケードで様々なプレイ・トゥ・アーンのゲームを提供しているのです。MCADEトークンはまだプレセールイベントを開始したばかりで、非常に高いポテンシャルを持っていることを意味します。

Metacadeのようなプロジェクトは、より広い業界を結びつける要となるプロジェクトになりえます。ゲーマーにとって非常に魅力的であり、SolanaやCardanoといったメジャーどころと比較すると、はるかに良い未来が待っているのではないかと考え始めている投資家もいることでしょう。

MCADEトークンは、最初の投資ラウンドではわずか0.008ドルでリリースされています。プレセールの後の段階では、0.02ドルに上昇する予定です。これを読んでいるあなたは、今年後半にトークンが一般公開される前に、参加して大きな利益を得ることができます。

MCADEプレセールはこちらから参加できます。