ホームニュースエコノミスト:CBDCは今後、米国の制裁の影響を軽減

エコノミスト:CBDCは今後、米国の制裁の影響を軽減


ロシアの今後の中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタルルーブルの導入は、米ドルへの依存を減らすだろう、とエコノミストは、ウクライナの侵略の結果としてロシアに課される積極的な制裁が増加する中で述べました。

国際金融協会(IIF)は今週初め、西側諸国からの前例のない制裁により、ロシアが対外債務の支払いを怠る可能性が高まっていると述べています。

「制裁がロシア経済に与える累積的な影響は強く、今年は生産量が大幅に減少する。」と同研究所は説明しました。

ルーブル安を防ぐためのロシア政府の必死の措置にもかかわらず、ルーブルの価値は先月の76.2ドルから今日の初めに116.8ドルに下落しました。また、ロシアの外貨準備の50%以上が引き続き中央銀行にアクセスできないため、中央銀行は2日間で金利を2倍の20%に引き上げました。

ロシアは2014年にドルへの依存を減らすプロセスを開始しましたが、危機の間に目撃された国際的な経済制裁の影響は、プロセスを加速することだけが期待されています。

ロシアはすでに外貨準備高に占める米ドルの割合を減らし、ルーブルの裏づけをほとんどゴールドで行うように移行しています。IIFの報告によると、ロシアの外貨準備に占める米ドルの割合は、2014年から2021年にかけて43%から16%に減少しました。  

デジタル通貨がロシア経済の再構築に重要な役割を果たすとエコノミストは述べています。 Lyn Alden Investment Strategiesの創設者であるLyn Alden氏は、デジタルルーブルの導入により、今後の経済制裁による打撃が鈍化すると説明しました。

「Covidが多くのデジタル経済と滞在型仕事の採用を加速させたのと同様に、ロシアによる今回の攻撃と、制裁と準備金の凍結という西側の対応は、代替支払いチャンネルと自己保存型価値貯蔵の採用を加速させるかもしれません。」

暗号通貨は、現在SWIFTシステムから締め出されているロシア市民と、資金の保護と寄付の受け取りを検討しているウクライナ市民の両方にとって、引き続き救いの恩恵であり、危機に対するヘッジとしてのデジタル通貨の有用性を示しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。