ホームニュースChangpeng Zhao氏、フランスの暗号化推進姿勢を高く評価

Changpeng Zhao氏、フランスの暗号化推進姿勢を高く評価

Binanceは、11月の投資を受けて、フランスでのプレゼンスを拡大することを目指しています。

主要な暗号通貨取引所BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏は、フランスの暗号通貨に対するプロフェッショナルな姿勢を賞賛しています。

CZは、水曜日に開催された年次パリブロックチェーンウィークサミットで講演した際に、このように述べました。彼は、BinanceがパリのスタートアップインキュベーターStation Fでフロアスペースを得ていることを発表し、フランスが暗号通貨規制を推進することを賞賛しました。

「フランスは、ヨーロッパにおけるこの業界のリーダーとして、非常にユニークな立場にあります。フランスは非常に親ビジネス、親クリプトの規制です。この業界に対する政府の態度は驚異的です。」

Binanceはフランスで積極的に受け入れられており、CZ氏はこの取引所は同国での基盤を拡大すると述べています。CZはさらに次のように付け加えました。

「フランスは、ヨーロッパにおけるこの業界のリーダーになるために非常にユニークな位置にあります。ヨーロッパの発射台としてフランスで始まり、我々はこの空間を我々の創造的で革新的な拠点として使用することを目指します。」

BinanceがステーションFに入居することは、同社が選んだ新興企業がインキュベーション期間中、無料で宿泊し、建物内の様々なリソースにアクセスできることを意味します。

さらに、選ばれたプロジェクトは、Binanceのチームやパートナーからのサポートも受けることができます。

Binanceはフランスに本社を設置することを検討しているのかもしれません。何年もの間、暗号通貨取引所は物理的な本社がないことを維持していました。しかし、Binanceが成長するにつれて、規制機関が取引所を締め付けるようになってきました。

同社は現在、ある国に物理的な拠点を設けることを検討しており、現在、フランスが有力候補となっています。

Binanceは昨年11月、フランスで成長中のブロックチェーン分野に1億ドルを投資しました。現在も世界最大の暗号通貨取引所であり、他の主要取引所の5倍近い1日の取引量を処理しています。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。