ホームニュース中国が第2位のビットコインマイニングハブに返り咲き:レポート

中国が第2位のビットコインマイニングハブに返り咲き:レポート

Benson Toti

ビットコインのマイニングが中国で再び活発化していることが、新しいレポートで示唆されています。

ケンブリッジ大学の研究によると、中国でのビットコインマイニング活動は徐々に急増し、現在、世界の総ハッシュレートの21%を占めているとのことです。

火曜日に発表されたこの報告書は、暗号の採掘と取引に対する中国の大規模な取り締まりによって採掘者が国外に追いやられてから約1年後に発表されました。マイナーの流出が米国や他の国への道を見つけると、中国国内からビットコインネットワークを確保する全体のハッシュレートは劇的に減少しました。

報告書によると、マイナーたちは「秘密の採掘作業」を開始し、その結果、ハッシュレートは事実上ゼロから世界生産の4分の1近くまで上昇したとのことです。

中国では、2021年6月に政府が義務付けたビットコインの採掘禁止後、秘密の採掘業務が急激に増加したことを受け、主要な採掘ハブとして再浮上した。」とケンブリッジ代替金融センター(CCAF)は調査レポートで指摘しています。

しかし、中国市場で活動が再開され、世界で2番目になりましたが、現在ビットコインネットワークを保護している計算能力の大部分は米国にあります。

安価な電力といくつかの管轄区域にわたる良好な見通しは、ハッシュレートの40%が米国を拠点とするマイナーからのものであることを意味し、米国のトップがリストのトップのままであると思われるシナリオです。

中国の世界のハッシュレートの21.11%は、13.22%を占めるカザフスタン、6.48%のカナダ、4.66%のロシアを上回っています。

Blockchain.comのデータによると、ビットコインのハッシュレートは2021年7月初旬に最低値に達して以来、着実に上昇しています。 7日間の平均チャートは、ネットワークハッシュレートの合計が219.4 EH / s(1秒あたりのexahashes)であることを示しています。 

強気筋が大規模な弱気の圧力と戦い続けているため、ビットコインは現在約30,030ドルで取引されています。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。