中国の国家暗号通貨はますます険悪に

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

中国の国家暗号通貨はますます険悪に

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)
  • 中国の中央銀行総裁は今週、開発中の国家通貨に関する最新情報を発表しました。
  • 匿名性とプライバシーは保護されると彼は主張しています。
  • 当社のアナリスト、Dan Ashmore氏は、これらのデジタル通貨は潜在的に非常にディストピア的であると考えています。
  • とはいえ、この新しいコンセプトには利点もあります。
  • しかし、中国が先導しているため、最終的な目標については懸念があります。

中国は、CBDC(中央銀行デジタル通貨)として知られる国家主導の暗号通貨で最先端を走っています。

技術革新は賞賛されるべきですが、非常に険悪な懸念があります。そして忍び寄っているように感じられるのです。

コントロールに関する懸念

中国の中央銀行総裁であるYi Gang氏は先日、香港のFintech Weekで国家デジタル通貨がいかに先進的であるかについて語りました。「プライバシー保護は最重要課題の一つだ」と主張していたにもかかわらず、現実には、中国国家が国民に対してかつてないほどの権力を持つことになります。ーもともと不足していたわけではないのですが。

国家通貨は、ボタン一つで財布(銀行口座に相当)を凍結することができるのです。さらに悪いことに、財布の中身を抜き取られる可能性もあります。その意味は無限大といえます。

例えば、毎年資金が流出するような自動的な税制を導入することも可能です。あるいは、ある種の罰金制度も可能なのです。また、現在開発中の国家信用格付けとブラックリストである「社会信用システム」は、国家通貨と統合することができるでしょう。信用システムが個人や企業の信頼性を追跡しているのだから、金銭的な罰や報酬も一緒に導入できると考えるのは、それほど非常識なことでしょうか?

今年の4月、バハマのサンドダラーを取り上げたときにも、多くの懸念事項を書きました。しかし中国の国家統治の実績や経済規模を考えると、それとは別次元で、ディストピア的な未来を想像するのははるかに容易なのです。

中国のCBDCはどのように機能する?

懸念はさておき、どのように機能するかについて読むのは魅力的です。ーあなたが恐ろしく思っていないならば。Yi氏は、CBDCがどのように開発されるのかについての洞察を述べています。

匿名性が守られるという彼の主張は、2層の決済システムを中心に据えています。第一層では、中央銀行が人民元を事業者に提供し、事業者間の情報処理のみを行います。第二段階では、事業者(すべて公認業者)が、国民一人ひとりの通貨の交換・流通に必要な個人情報のみを収集するのです。

さらにYi氏は、日付は暗号化され個人の機密情報は第三者と共有されないことを約束しました。注目すべきは、一定レベルまでの取引は完全な匿名性のもとで行われることです。

これは確かに期待できそうですが、ここでもまた証拠と歴史は中国国家の側にはありません。Yi氏の言葉をさらに掘り下げると、彼はこの匿名性に目を光らせる必要があると警告しています。

「匿名性と透明性は白黒つけるものではなく、慎重に検討すべき多くのニュアンスがあることを認識しています。特に、個人のプライバシー保護と違法行為への対処のバランスを正確に取る必要があります。」

このバランスこそが、暗号通貨において時に厳しく問われるラインです。つい最近、分散化の危険性について書いたのですが、この場合はむしろ中央集権の危険性です。

多くの人にとって、CBDCは信じられないほどディストピアです。明らかにあなたが今までこの記事を読んできたと仮定すれば、どのようなケースになり得るかを十分に理解しています。ー全体として、私はこれが特定の州でどのようになるか心配しています。

それから、CBDCとブロックチェーン技術には特典があります。効率、手数料の低減、高速化、アクセス性の向上は、いずれも強力な推進要因です。その危険性は極めて高いでしょう。私たちは何が起こるか見守る必要があると思いますが、今のところ、中国が先導しているように見えます。