ホームニュースCoinbaseは、NFTマーケットプレイスのベータ版を一部の顧客向けに提供開始

Coinbaseは、NFTマーケットプレイスのベータ版を一部の顧客向けに提供開始

暗号通貨取引所Coinbaseは、現在イーサリアムベースのNFTとイーサリアム(ETH)での支払いのみをサポートするNFTマーケットプレイスのベータ版を立ち上げました。

ただし、ベータ版は一部の顧客のみが利用可能です。NFTマーケットプレイスは誰でも閲覧することができますが、そこでNFTを売買できるのは一部の顧客のみとなる予定です。

The Blockとのインタビューで、Coinbaseの製品担当副社長、Sanchan Saxena氏は次のように述べています。

「Coinbaseは、Coinbase NFTのベータ版に少数のユーザーをオンボーディングする予定です。」

NFTマーケットプレイスは、Coinbaseが昨年10月にその計画を発表してから7ヶ月後に登場します。Coinbaseは実際に10月にマーケットプレイスのウェイティングリストを開設しており、そこでは150万人以上がサインアップしていました。ベータ版へのアクセスを許可される人は、ウェイティングリストの順位に基づいて選択されることになります。

ベータテスト

NFTマーケットプレイスへのアクセスを許可されたユーザーは、実際にはベータテスターとして機能し、マーケットプレイスでプロファイルを作成して、NFTの販売と購入に使用できるようになります。 Coinbase WalletやMeta Maskなどのセルフカストディウォレットを接続することを選択できます。

Coinbaseは期間限定ではありますが、手数料を徴収しない予定です。今後、業界標準に応じた手数料を追加していく予定とのことです。

今のところ、ベータテスターはイーサリアムベースのNFTしか取引できず、支払いも支払いもイーサリアムでしか行えません。

しかし、Sanchan Saxena氏は、このマーケットプレイスは時間とともに他のブロックチェーンを統合し、「完全なフィアット・オンランプ 」も追加する予定であると述べています。これにより、昨年Mastercardと提携した後に発表したように、ユーザーはクレジットカードを使ってNFTを購入することもできるようになります。

Coinbaseは0x Protocolと提携し、より低いコストでトランザクションを最適化します。

Saxena氏によるコメント:

「私たちは、NFTを売買できるマーケットプレイスを構築していますが、より重要なのは、あなたがエンゲージできることです。クリエイターと関わることもできますし、コレクターと関わることもできます。コレクターと関わることもできる。そして、そのNFTを中心としたコミュニティで、コレクター仲間と関わることができるのです。これは、私たちの戦略の重要な部分です。」

Coinbaseは、NFTマーケットプレイスを立ち上げる他のいくつかの暗号取引所と一緒になっています。現在、NFTマーケットプレイスを立ち上げている取引所には、Binance、Okcoin、FTXなどがあります。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。