Coinbaseが顧客にTetherの廃棄を指示、ステーブルコイン戦争が過熱

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Coinbaseが顧客にTetherの廃棄を指示、ステーブルコイン戦争が過熱

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • Coinbaseは手数料を免除することで、顧客にTetherを捨ててUSD Coinを購入するよう促しました。
  • Binanceは昨年9月にUSDCのペアを上場廃止し、自社のステーブルコインであるBUSDをプッシュしていました。
  • 中央集権的なステーブルコインの戦争は深まります。
  • DAIは分散化の聖火を握っていますが、モデルが拡張不可能と思われるため関連性を高めるための苦しい戦いに直面しています。

ステーブルコイン戦争が過熱しています。

USDCステーブルコインを共同設立したCoinbaseは、攻勢に出た最新の企業です。同社はUSDTをUSDCに交換するようユーザーに促すブログ記事を掲載したのです。

「過去数週間の出来事によってステーブルコインが試練にさらされ、安全への逃避が見られました。我々はUSDコイン(USDC)が信頼できる評判の良いステーブルコインだと信じているため、摩擦なく切り替えられるようにしています:今日から、グローバルリテール顧客がUSDTをUSDCに変換するための手数料を無料にします。

私はしばらくの間、なぜCoinbaseがもっと攻勢に出ず、その取引所を使ってホルダーをUSDCに押し出さないのか不思議に思っていました。もちろん皮肉屋である私は、Coinbaseのこの決定はT-billsの金利が4%になったことを考えると、USDCが会社にとって大きな収入源になっているため余分な収入を得るためにUSDC保有量を増やすことであると言うでしょう。

それはそれで意味があるし、まさにその通りです。しかしそれでも、Tetherにまつわる絶え間ない不安は、エコシステム全体にとって良いことかもしれません。最良のシナリオはー遠回しに見えるかもしれませんがーTetherのマーケットキャップが慈悲深くトリクルダウンしてゼロになることです。

Tetherが良いものかどうかは別として、この話題で常に会話することは業界全体にとってマイナスです。

Binanceがステーブルコイン争奪戦を一蹴

5大ステーブルコインのうち、今年は本格的な動きがありました。

明らかにTerraUSDは大きなもので、その衝撃的なクラッシュは市場を揺るがしました。その後分散型の聖火はDAIに渡されましたが、DAIにも問題があり、USDCを大量に保有していることから中央集権的であるとの批判を浴びました。

そのためT-billへの移行を決議し、最新の計画では分散化を追求するならば他の選択肢はないとして「フリーフロート」にするとしています。私は過去にDAIに対する考えを述べたことがありますがそれは変わっていません。このモデルは単純にスケーラブルではないため未来はないと考えています。

ところで、フリーフロートするステーブルコインもステーブルコインではありません。

中央管理型ステーブルについては9月にUSDCペアの上場廃止と顧客保有分のBUSDへの自動変換を発表し、このステーブルコイン戦争を一段と加速させたのがBinanceでした。

8月以降のステーブルのシェアをプロットすると、USDTとUSDCが大きく縮小しBUSDが上昇していることがわかるでしょう。

次は何が起こる?

上の図は上位3社がいかに支配的であるかを示しています。DAIは現在52億ドルの時価総額を持ち、これは大海の一滴に過ぎません。

これは中央集権的であることを意味しますが、現実には誰も分散型ステーブルコインの作成方法を解き明かしていないのです。つまり好むと好まざるとにかかわらず、中央集権化が進んでいるのです。

今問題なのは、上位大手の間で誰が勝ち残るかということです。Binanceは自動変換の発表をきっかけに深刻な利益を上げていたため、Coinbaseのこの動きは注目に値します。しかし、Binanceは依然としてUSDTをリストアップしています。これは、最も議論を呼んだステーブルコインが最も定着したことでエコシステム全体にとって絶対に不可欠であり、圧倒的に大きな流動性ペアのままであるためです。

私はそれが良いことだとは思っていないので、市場から見ればUSDCがここで動いたのは嬉しいことです。

数ヶ月後にまた市場シェアを追跡してみると面白いかもしれませんね。そのうちみんなCBDCを使うようになるかもしれませんし。