Coinbaseが日本での事業を終了ーそれでも株価が2週間で50%上昇した理由とは?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Coinbaseが日本での事業を終了ーそれでも株価が2週間で50%上昇した理由とは?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • Coinbaseは「市況」を理由に日本での業務を全て停止しました。
  • 先週は従業員の20%を削減し、昨年6月にはすでに18%を削減しています。
  • 株価は暗号ラリーの中、年間で50%近く上昇しましたが、まだピークから85%です。
  • 同社には問題が山積しており、一方でCEOのArmstrong氏は10月に持ち株の2%を売却しています。

Coinbaseは最近、苦境に立たされています。

ちょうど先週、この取引所は昨年6月にすでに18%の人員削減を行った後、20%の人員削減を行うと発表しました。私は2021年4月に上場したときの価格から90%ダウンし、100億ドルを下回る時価総額で取引されていた同社にとって、これが何を意味するかを分析した記事を書きました。

これは、CEOのBrian Armstrong氏が10月に同社株式の2%を売却した後のことです。その後、私はNasdaqに上場して注目を集めた後、暗号をメインストリームに運ぶ聖火ランナーと見られてきた同社にとって、それが何を意味するかを深く分析する記事を書きました。

しかし今日、さらなる悪いニュースが飛び込んできたのです。この取引所は「市場の状況」を理由に、日本でのすべての業務を停止することを発表しました。

Coinbaseの株価が上昇中

悪材料の猛攻にもかかわらず、Coinbaseの株価は2023年の早い時期に大勝利を収め、わずか18日間で48%上昇しました。

これは価格が全面的に急騰している9ヶ月間で最大の暗号ラリーの中で行われました。Coinbaseの株価のバウンスバックは投資家にとって素晴らしいニュースですが、それはまた皮肉にも問題が何であるかを正確に要約していますーCoinbaseの暗号市場との相関関係です。

暗号ほど不安定なものはないので、その値動きに腰が引けているのは良いニュースではありません。しかし価格が下落すると、業界、ひいてはCoinbaseに対する取引量や関心が急落するため、Coinbaseの業績は暗号市場に左右されることになります。

パンデミックの時、これは素晴らしいことでした。マネープリンターは最大限の力を発揮し、金利は低く、個人投資家は暗号に対する健全な好奇心と太い刺激小切手で武装して、FOMO列車に乗り込んでいました。

しかしマクロ環境の変化に伴い、暗号業界は3兆ドルから8000億ドルへと自由落下し、最近の急上昇で1兆ドルを超えるまでに回復しました。

なぜ日本での運用が停止されるのか?

ここ数週間は快調だったものの、ズームアウトしてみると、Coinbaseは上場以来85%の価値を失い2度のレイオフを経験、10月にはCEOが株式の2%を売却し、そして今、日本での事業を停止していることがわかります。

日本のすべてのCoinbase顧客は、2月16日までに保有資産をプラットフォームから撤退させる必要があります。もしそれができなかった場合、残りの資産は日本円に変換されます。Coinbaseは以前の暗号の冬の間に日本市場に進出するために努力していたので、突然の出発は残念なことです。

しかし、この動きをする取引所はCoinbaseだけでなく、先月にはライバルのKrakenも日本の事業を停止することを発表しています。KrakenもCoinbaseと同じく、FTXの破綻が市場を揺るがした後、従業員の30%をレイオフするなど、大幅な人員削減を行っていました。暗号市場と極端な相関関係にあるCoinbaseの苦境は、かつて業界全体の取引所が直面していたことでもあるのです。

Coinbase第3四半期決算では、取引量が第2四半期から44%減少したことが明らかになりました。取引量と関心の低下が、最終的に株価の急落、レイオフ、そして今回の日本での業務停止を引き起こしたのですが、Google Trendsを見ればこの取引所に対する世間の関心の低下の規模がわかるでしょう。

 $COINの投資家は、過去数週間のマクロデータの軟化と仮想通貨の反発が今後の兆候であることを期待するだろう。さもなければ、この株価上昇は短命になるだろう.