ホームニュースCrypto Academy CEOのGranit Mustafa氏:ブロックチェーンは「デジタル金融を再定義」する

Crypto Academy CEOのGranit Mustafa氏:ブロックチェーンは「デジタル金融を再定義」する

Dan Ashmore

金融業界では、暗号通貨ほど意見が分かれるテーマはないでしょう。

ブロックチェーンのコンセプトは時間の無駄であり、トレーダーが投機するための無価値な暗号通貨を作る以外に何の役にも立たないという人もいます。しかし裏を返せば、現在の弱気市場にもかかわらず、ますます多くの資金やリソース、そして知的な頭脳がこの分野に注ぎ込まれているということです。

我々は継続的な弱気市場や暗号の長期的な将来、その偏光性などについての彼の考えを得るためにCrypto Academy CEOのGranit Mustafa氏にインタビューを行いました。

Coinjournal (CJ): 暗号の初心者は、ブロックチェーンを正しく理解するために必要とされる複雑さや技術的な知識に脅かされることがあると思いますが、いかがですか?

Granit Mustafa (GM):間違いなくそうです。多くの企業のリーダーはビジネスを運営するための頭脳を持ち、その業界に特有の技術的な知識を専門家に頼っているにもかかわらず、予測不可能な業界に対する深い理解は、潜在的なトレーダーや投資家、起業家を脅かす重要な要因になっているようです。

機関投資家や個人投資家にとって、この業界で何かを成し遂げようとすることは恐ろしいことかもしれません。一方で進化の早いこの業界の一角を占めたいと思う人は非常に多く、すべての情報を得ることなく、真っ先に飛び込んでしまうのです。

しかし技術的には複雑でも、ブロックチェーンや暗号通貨のコンセプトはシンプルなので、参加しやすいのだと思います。

ベストシナリオは、この業界に携わることでブロックチェーンの内部構造や業界内のダイナミクスについて実践的な知識を得ることができます。しかし最悪の場合、その急ごしらえは関心を持った人の勤勉さが欠けていた場合において、不利益になることもあります。

CJ:  多くの仮想通貨は依然として二極化しており、お金をつかむプロジェクトが多すぎると言う人もいれば、私たちが知っているように経済に革命を起こすと言う人もいます。このように幅広い結果予測が存在するのはなぜだと思いますか?

GM:他の産業と同様、技術や新興産業の新規性や応用の可能性を全面的に信じる人と、未知のものへの恐怖から反対する人がいます。

金融市場でもラグプールやネズミ講があり、デジタル時代の到来とともにハッキングが多発し、あらゆる産業で犯罪行為が多発していることは周知のとおりです。つまり革命的な発明や技術革新、この場合は破壊的なテクノロジーは、すべて諸刃の剣なのです。

しかしその一方で、この技術が人々の生活を豊かにするだけでなく、非信仰派がしきりに指摘するような犯罪に対抗できる可能性があると、コップの半分を満たしていると考える人々もいます。

このような期待の大きさは、この技術が幅広い応用範囲を持っていることに起因しており、良くも悪くもこの技術の普及による利点と同時に、早急に解決しなければならない欠点もあるのです。

CJ:  現在のような弱気相場が続くと、新規参入者がこの業界を離れてしまうと思いますか?

GM :もちろんです。弱気相場は参加者に挑戦する原動力と考えています。強気相場と弱気相場は市場の基本的なサイクルを表しており、何も新しいことではありません。この繰り返しのサイクルは、市場が運営され始めた当初から存在し、率直に言って、決してなくなることはないでしょう。

今の市場の恐怖は相当なものですが、この重要な時期に信じて健全な投資判断をする人と、それに耐え切れず他のことに注意と資金を集中させる人が試される場なのです。

不健康で不自然な市場の成長は、その後の急で厳しい暴落を構成するのは当然です。市場は新しくて不安定で、不確実性に満ちていますが、不確実性は高いものの、基本的な行動とコンセプトは適用されます。

例えば、Micro Strategyの場合を挙げてみましょう。ビットコイン(BTC)を保有するトップクラスの機関投資家の一人であるCEOのMichael Saylor氏は、あらゆる予想にもかかわらず、Micro Strategyが保有するビットコイン(BTC)を清算するのは、ビットコイン(BTC)が3,000ドルまで下がればいい、売却を決断するのではなく他の資産を担保として入れると発言しました。これは、一過性のサイクルに怯まない業界のホルダーの一例です。

CJ :ウェブサイトで、暗号通貨が金融の未来だと信じていると述べていますね。この将来において、ビットコインはどのような役割を果たすとお考えでしょうか?

GM:私のチームと私は、ブロックチェーンと暗号通貨がデジタル金融を最も確実に再定義するという主張を完全に支持しています。

一般に信じられていることとは異なり、ビットコイン(BTC)を含む暗号通貨の世界的な普及を促進し、加速させるためには規制が非常に重要です。採用が進むにつれ、ビットコイン(BTC)はセーフヘブン投資および価値貯蔵としての役割を実証し、機関投資家の採用が進んで主要な暗号通貨を通じてグローバルな支払いが促進されるにつれ、適切なデジタル通貨の形を取るようになるでしょう。

ビットコイン(BTC)は供給量が限られているため市場で重要な地位を占めており、今は弱気相場による清算のため、ビットコイン(BTC)は機が熟しているのです。今が買い時です。数年後多くの人が、2ドルでビットコイン(BTC)を所有できた時を振り返るように、ビットコイン(BTC)が2万ドルで取引されていた時を振り返るでしょう。

CJ:   2016 年にCrypto Academyが開始されて以来、業界の成長に驚きましたか?

GM :業界が成長したことは喜ばしいことですが、驚きはしていません。私はこの業界に長くいるのでその普及の可能性を実感しています。世界の他の国々がこの業界の信奉者たちに追いついたことを嬉しく思います。

逆にブロックチェーン技術や暗号通貨の採用を促進するためにもっと成長し、規制の状況も良くなると思っていたので、その点では少し残念です。

しかし、バイナンスとそのCEOであるChangpeng Zhao氏(CZ)が採用のための重要なアクセラレーターとして、世界中の政府や金融機関が腰を上げるよう促し、動機付けることを期待しています。

Coinjournal (CJ): あなたはウェブサイトに多くの価格予測を掲載しています。その実績と、どのように予測を立てているのでしょうか。

Granit Mustafa (GM):私たちは、市場全体の動きや重要な指数、Fear and Greed指数などの感情、暗号通貨のロードマップ、市場の受容性、専門家の意見に基づいて価格予測を行い、最も正確に予想される価格の動きを分析し、提示しているのです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。