Crypto.comの解雇は何を意味するのか?Cryptoの冬は続く

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Crypto.comの解雇は何を意味するのか?Cryptoの冬は続く

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)
更新済み 14 1月 2023

重要なポイント

  • Crypto.comが従業員の20%を解雇、昨年夏には5%をカットしていました。
  • 同じ取引所のCoinbase、Kraken、Huobi、Swyftxは先月から規模を縮小しています。
  • 技術部門は全体として数千人を解雇しており、Amazon、Salesforce、Meta、Twitterなどがその一例です。
  • 暗号セクターは市場の価格水準に対する脆弱性を見誤り、傲慢さを示しました。
  • COVID期間中に企業が積極的に拡大したため、ビットコインのボラティリティが見落とされたのです。

Crypto.comは、従業員を解雇する最新の暗号会社となっており、従業員の20%を削減することを金曜日に発表しました。CEOのChirs Marszalek氏は弱気市場が犠牲者を出し続けるように、他の暗号のCEOが非難したものと同じように、ダウンサイジングのための「市場環境と最近の業界のイベント」を引用しました。

解雇が業界に殺到

Crypto.comは、労働者を余剰人員にすることを余儀なくされた唯一の取引所とは程遠いです。Kraken、Swyftx、Huobiはいずれも先月に従業員を解雇しています。Krakenはスタッフの30%を、オーストラリアの取引所Swyftxは40%を、Huobiは20%を削減しました。Coinbaseも今週初め、6月にすでに18%を解雇した後、20%を追加で解雇すると発表したのです。

しかし、影響を受けているのは暗号会社だけではありません。テック業界全体がぐらついているのです。Amazon、Twitter、Meta、Salesforceは、数千人の従業員を削減したいくつかの名前にすぎません。

ハイテクセクターは不安定なセクターとして知られており、過去1年間は金利上昇の影響を受けてきました。多くのハイテク企業が利益を上げることができないため、バリュエーションは将来のキャッシュフローを現在に割り戻すことで導き出されることが多いのです。金利がゼロだった頃は、これが全面的に高いバリュエーションにつながりました。

しかし、インフレが急増しているため、中央銀行は積極的な金利引き上げを余儀なくされています。このため割引キャッシュフローの価値が低下し、企業評価が低下しているのです。

暗号通貨業界の伝染

しかし、暗号はマクロの情勢とは別に独自の戦いにも直面しています。Marszalek氏が「最近の業界の出来事」と言えば、スキャンダルの指摘には事欠かないですが、最も新しいのはFTXの驚異的な破綻です。

CoinbaseとBinanceと並んでトップ3に入る取引所でしたが、その破綻は業界全体に新たな伝染の波を引き起こしました。

FTXのスキャンダルで行方不明になった顧客資産は80億ドルですが、5月のLUNAのクラッシュはおそらくもっと悲惨で、一時は600億ドルのエコシステムが、あまり安定していないステーブルコインであるUSTのデススパイラルに続いて崩壊してしまったのです。

これが引き金となり、暗号貸し手のCelsiusやヘッジファンドのThree Arrows Capitalなど、業界全体で倒産や破綻が相次ぎました。

これらのスキャンダルは価格の下落を引き起こしました。価格、取引量、金利の下落に加え、先に述べたマクロ的な逆風により、暗号企業は生き残るために業務の縮小を余儀なくされています。

Crypto.comの拡大は速すぎた

Crypto.comに限ったことではない批判として、取引所はパンデミックブルマーケットのヒステリーの中であまりにも急速に拡大しました。

我々は2022年の初めに野心的に成長し、我々の信じられないほどの勢いを構築し、より広い業界の軌道と一致した。その軌道はネガティブな経済情勢が重なり、急速に変化した。」とCEOであるMarszalek氏は述べています。

Crypto.comは、7000万人のユーザーを抱えるまでに急成長を遂げました。しかしその過程では不運な出来事もありました。2月にはマット・デイモンのスーパーボール広告が不愉快で、広く批判を浴びました。この広告には1000万ドルの費用がかかり、Crypto.comはわずか4カ月後に従業員の5%を解雇したのです。これは強気相場が持続するかどうかを見誤った最大のシグナルとなりました。

昨年7月に行った人員削減は、マクロ経済の低迷を乗り切るためのものだった」とMarszalek氏は述べています。

そして、次のように付け加えました。「FTXが最近破綻し、業界の信頼を著しく損なったことは考慮に入れていない。このため、慎重な財務管理に重点を置きつつ、長期的な成功のためにさらなる削減を行うという、困難だが必要な決断を下した。

暗号化企業は相関性を見誤った

これらの事象は「予見不可能」とされていますが、一部のアナリストは業界がビットコイン価格といかに相関しているかを考慮し、リスク管理を誤ったことを指摘しています。ビットコインは歴史的に不安定なことで知られており、以下のチャートは業界がどれだけ多くのプルバックに見舞われてきたかを示しています。

COVIDの間、暗号はついにこの激しい弱気相場の傾向に打ち勝ったという強気な意見がありました。最終的にこれは見当違いであり、拡大の多くは安価な資金と暖かいプリンターで予測されたものでした。

連邦準備制度が金利を引き上げたことでシステムから流動性が失われ、リスク資産は大きく下落しました。暗号ほどリスクスペクトルの外側にある資産はなく、暗号は潰されたのです。

2022年のCoinbaseの株価を見れば、暗号取引所にとって事態がいかに急速に悪化したかが分かるでしょう。2021年4月に上場して以来、Coinbaseはその価値の90%近くを失ったのです。

これらの取引所がいかに暗号の神々に従順であるかを示すチャートは、ビットコイン価格に対するCoinbaseの株価をプロットしたものです。

この相関関係は極端で、ビットコイン価格の下落は取引量の減少と業界への関心の低下、そして最終的には暗号取引所の収益減少につながっています。

最終的な考え

もちろん、これは後から振り返れば良いことです。この規模のプルバックを予測した人は多くありませんし、上記の通り暗号以外の技術産業も処罰の対象になっています。

Crypto.comは確かにいくつかの誤りを犯し、暗号市場全体の価格水準とボラティリティに対してどの程度脆弱であるかを見誤っていますが、彼らだけでは到底ありません。

マクロ環境は昨年、計り知れないほど大きく変化し、金利上昇のスピードはあらゆるところを不意打ちしました。暗号市場を揺るがしたスキャンダルは別として、暗号にとって決して良いことではなかったのです。