ホームニュースCrypto.com、EMEAのポリシー担当副社長として元Visa規制担当を採用

Crypto.com、EMEAのポリシー担当副社長として元Visa規制担当を採用

LinkedInで共有された簡単な詳細によると、世界中で利用可能なトップの暗号通貨交換と取引プラットフォームであるCrypto.comは、そのチームに元Visa規制チーフを迎えました。

Visaのヨーロッパ向け規制関連チームを率いていたRoeland Van der Stappen氏は、その職を離れ、暗号通貨会社でオファーを受けたと伝えられています。

月曜日のLinkedInの発表で、Van der Stappenは、彼が現在Crypto.comのEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)のポリシーとエンゲージメント担当の副社長であると述べました。

私はCrypto.comのEMEAのポリシーとエンゲージメント担当の副社長として新しいポジションを始めることを共有できることを嬉しく思います!暗号とWeb3の政策問題に飛び込み、私の同僚が取り組んでいるすべての素晴らしいことを共有し始めることを楽しみにしています。」と彼はコメントしています。

Van der Stappen氏は、ヨーロッパでVisaの規制関連チームを3年半率い、以前は銀行大手のバークレイズで働いていました。

Crypto.comは2016年に設立され、現在4,000人以上をチームの一員として数えています。最近米国市場にサービスを拡大したこの取引所には、1,000万人を超える顧客基盤があります。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。