ホームニュース暗号取引所の創設者、Binanceがロシアを「助けている」のかどうか調査するようEUに要請

暗号取引所の創設者、Binanceがロシアを「助けている」のかどうか調査するようEUに要請


欧州中央銀行のChristine Lagarde総裁も今週、ロシア人は制裁を回避するためにデジタル資産を使用していると述べました

ウクライナを拠点とする暗号交換Kunaの創設者であり、ウクライナの暗号基金のマネージャーであるMichael Chobanian氏は、制裁をめぐるロシアとの潜在的な共謀についてBinanceを調査する必要があることを示唆しています。

木曜日にCoinDeskが報告したコメントの中で、Chobanian氏は欧州連合に、プーチン政権が制裁を回避するのを支援するために、主要な暗号通貨取引所がロシアと「協力」したかどうかを判断するための措置を講じるよう求めました。

ウクライナのブロックチェーン協会の会長でもあるChobanian氏は、調査の結果、Binanceが間違いを犯していないことが証明された場合、謝罪すると発表しています。しかし、それが確認された場合はEUは処理をする必要があるだろうと彼は付け加えました。

先週、BinanceがKuna暗号通貨取引所の創設者の主張に異議を唱えるために動いて、告発が表面化したとのことです。

まるで「大きな銀行」

Chobanian氏はまだ何の証拠もないと言っていますが、このようなことが起こっているのかもしれません。彼は、ロシアがBinanceを「銀行」として使っている可能性が高いとの見解を示しました。

ビットコインや暗号通貨を購入する代わりに、制裁を回避しようとしている人は、ルーブルを使用してアカウントを「補充」し、それを米ドルに変換して、別の国で快適にお金を引き出すことができます。

それは暗号通貨が手を変えなくても起こる可能性があると彼は述べました。 「それは法定紙幣の取引であり、法定紙幣の取引である。」と彼はCoinDeskに語っています。

主張は、ロシアのオリガルヒが制裁を回避するために暗号通貨に頼ることができるという当局からのいくつかの懸念と一致しています。多くの業界の専門家や議員は、暗号通貨は制裁対象の個人やロシア政府にとってほとんど役に立たないと考えています。

ただし、一部の規制当局や指導者は、それが可能であると述べています。今週、欧州中央銀行(ECB)のChristine Lagarde総裁は、ロシアが制裁をかわすために暗号通貨を使用していると警告しました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。