ホームニュースArthur Hayes氏:暗号化市場は2022年第2四半期に暴落するかもしれない

Arthur Hayes氏:暗号化市場は2022年第2四半期に暴落するかもしれない

暗号通貨市場はここ数ヶ月で低調であり、より弱気なパフォーマンスがすぐに期待される可能性があります。

元BitMEX CEOのArthur Hayes氏は、2022年第2四半期に暗号通貨市場がさらなる損失を記録する可能性があると見ています。

彼は月曜日のブログ投稿でこの声明を発表しました。Hayes氏によると、世界の株式市場の病状は暗号通貨のクラッシュにつながる可能性があります。彼のコメント;

「暗号につきまとう不都合な真実は、暗号は世界の先進国市場の株式のような負債ベースの自由でないリスク資産市場と歩調を合わせて動いているということです。これは、技術的真実に根ざした反対語りを作ろうと戦っているサトシの忠実な従者たちの努力にもかかわらずです。」

Hayes氏は、暗号は米国のテクノロジー株と連動して動いていると主張し、ロシアのウクライナ侵攻が悪影響を及ぼすと付け加えました。彼は、長期的には暗号通貨の価格について強気であり続けるものの、短期的なパフォーマンスについては楽観視していません。

元投資銀行家によると、NASDAQ100が下落すれば、暗号通貨市場も一緒に下落するとのことです。彼はこの提案を裏付けるために、伝統的な市場と暗号の相関関係を示す様々なチャートを提示しました。

Hayes氏は、ロシアのウクライナ侵攻が長引くにつれて、NASDAQ100は減少すると考えています。彼のコメント

「世界の成長は、ロシア・ウクライナ戦争の継続と可能なエスカレーションによって駆動される商品価格の上昇で低下し、株価に打撃を与えるでしょう。」

暗号通貨市場は、過去数か月にわたってパフォーマンスが低下しています。 2021年11月に史上最高の69,044ドルに達して以来、ビットコインはその価値の40%以上を失っています。

暗号通貨の時価総額は11月に史上最高の3兆ドルに達しましたが、現在は約1.8兆ドルになっています。ビットコインとより広範な暗号市場はここ数ヶ月で不振であり、その傾向はしばらく続く可能性があります。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。