ホームニュース暗号を使ったフィッシング詐欺は昨年比3倍、全フィッシング攻撃の6.6%に

暗号を使ったフィッシング詐欺は昨年比3倍、全フィッシング攻撃の6.6%に

Dan Ashmore

重要なポイント

  • 2022年、暗号技術によるフィッシング攻撃の割合は3倍以上の6.6%に増加しました。
  • 時価総額で比較した場合、暗号が関与するフィッシング攻撃の割合は他の産業よりも少ないです。
  • 決済業界は、2021年と比較してフィッシング詐欺が6.1%増加しました。
  • 規制当局は、まだ発展途上の業界に対する法整備を目指し、このような調査に注目すると予想されますが、SaaS、ソーシャルメディア、決済業界は、いずれも割合的に高いフィッシングの記録を持っていると言われています。

はじめに

誰もがフィッシング詐欺に引っかかったことがあると思います。このような詐欺はますます増えているようですが、業種別の内訳はどうなっているのか、どの業種がより多くの被害を受けているのか、知りたいと思いました。また、暗号通貨はしばしば犯罪や詐欺の舞台として扱われますが、この先入観を実際に裏付ける数字があるのでしょうか?

2021年のフィッシング攻撃

下のグラフが示すように、2021年には、暗号通貨がフィッシング攻撃の2%にしか関与していませんでした。主要な業界は、金融サービス、ソーシャルメディア、SaaS / Webメールであり、これらを合わせて攻撃の68%以上を占めました。

 

しかし、2021年第1四半期は、暗号通貨の世界では遠い昔の話です。この業界の時価総額は、その四半期に8000億ドルをわずかに下回る水準で始まりました。(爆発的な成長を遂げ、2兆ドルに近づいて終了しました。)

では、1年後の2022年第1四半期と比較すると、この数字はどうでしょうか?暗号の時価総額は2.2兆ドルでこの四半期を迎えました。(その後2.1兆ドルで終了し、実際には比較的安定していましたー血戦は第2四半期に始まりました。)2022年の時価総額は2021年の2.8倍であり、暗号市場はより大きく、確立されているため、フィッシング攻撃の割合が昨年の2%から6.6%へと3倍以上増加したという事実に文脈を与えるのに役立っているのです。

 

全業界のグラフは以下のとおりで、暗号通貨が他の業界と比較してどのように積み重なるのか、最新の位置づけを表示しています。

 

他の業界と比較した動き

また、決済業界を標的としたフィッシング攻撃が6.1%増加していますが、この業界は全体的な規模ではそれほど大きく動いていないことがこの数字からわかります。

これは、暗号の数字が伸びた背景として、この分野が決済と類似していないことから、暗号がフィッシング攻撃のターゲットになりつつあることを示唆しています。とはいえ、決済関連の攻撃がこれほど急激に増加したことは、暗号通貨の動きよりもはるかに衝撃的です。暗号通貨は、業界規模の拡大と規制がまだ追いついていないという事実を示す非常に現実的な理由を持っています。

 

業界の規模

しかし、暗号通貨の規模が今回の調査でいくつかの業界を上回っているため、この点を考慮する必要があるでしょう。市場の規模は明らかにフィッシング攻撃の頻度に影響を与えるのです。

実際、SaaS/Webメール業界は20%の攻撃を受けながらも、推定2000億ドル以下の業界価値で暗号通貨に大きく及ばないという、かなり大きな問題を抱えています。ソーシャルメディアへの攻撃は、2000億ドルの価値がありながら、12.5%の攻撃で暗号化技術を凌駕しています。(この数字は前年には20%を超えていました。)ペイメント業界も、暗号と比較して不利な状況であることがグラフから読み取れます。

 

結論

この数字の意味するところは、まず、昨年度の2%から6.6%への変化は、業界の成長とほぼ一致しており、予想されることであると言えます。また、他の業界と比較しても、暗号は突出しているようには見えず、業界規模に比べた攻撃量は、SaaS、ソーシャルメディア、決済など他の業界をはるかに下回っています。

このデータから、暗号は依然として問題であるにもかかわらず、「西部劇」のような不当な評判を受けていることがうかがえます。

この分野には暗黒面があることは確かですが、それは他の分野での革新や進歩のごく一部であることに変わりはありません。しかし、数字や他の産業と比較すると、暗号は一人ではなく、良いことの方が悪いことよりもはるかに多いのです。

ソース

2021年

2022年

オンライン決済市場->フォーチュン

GlobalNewsWire