暗号通貨の価格は9カ月ぶりの強い上昇を経て急騰、その理由は?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

暗号通貨の価格は9カ月ぶりの強い上昇を経て急騰、その理由は?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • ビットコインは20ドル台に回復、イーサリアムは1,500ドルを超え、アルトコインは9ヶ月で最大の暗号ラリーで北上しています。
  •  冷静なインフレデータを受けて、連邦準備制度が予想よりも早く高金利政策からピボットオフするとの楽観的な見方を示しています。
  • 暗号市場にとって次の重要な日は、Fedが最新の金利政策を決定する2月1日です。
  • Solanaは年初から130%上昇し、アルトコインをリードしています。
  • ミームも上昇し、DogecoinとShiba Inuが再び動き出しています。
  • 一部のアナリストは、市場が予想より早いFRBのピボット(軸足転換)を評価するのは時期尚早だと懸念しています。

暗号通貨市場は、この9ヶ月で最も強い上昇を見せ、年明けに大量のノスタルジアを提供しています。

ビットコインは21,000ドルに迫る勢いで取引されており、イーサリアムは1,500ドル、アルトコインも積極的に上昇するパワーを発揮しています。

先週のこの日、新年早々相場が跳ね返されたので、スナップショットを撮りました。1週間後、方向性は同じですが、ラリーは一段と加速しています。下のチャートは新年の始まりに暗号化された価格のリターンを示しており、上昇の海が広がっているようです。

物価上昇の原因は?

この1年、インフレは、パンデミックに代わって我々のボキャブラリーの中で最も汚い言葉になってしまったかもしれません。しかしこれには正当な理由があり、世界は1970年代以降に見られなかったようなインフレの危機に瀕しているのです。

ここ数週間、インフレはピークに達したという楽観論がほんの少し市場に浸透してきました。そのため、投資家は米連邦準備制度理事会(FRB)が従来の予想よりも早く利上げから脱却することに賭けています。市場は、ほとんどの人が忘れていたことをやってのけ、上昇しているのです。

市場全般が上昇しました。S&P500は5%近く上昇しています。暗号の価格は数分のうちに5%のローソクを立てることができますが、株式市場は明らかに変動が少なく、5%は強い動きに相当します。非常に不安定だった2022年に、1週間でこれだけ市場が上昇したのは4回だけでした。

金利は暗号市場の鍵を握っています。アルトコインはビットコインに対するレバードベットのように取引され、ビットコインはここ1年ほどS&P500に対するレバードベットのように取引されています。2022年4月に利上げが始まって以来、ビットコインの価格は自由落下しているのです。

暗号市場自体から引き出されたぐらつきもありましたが、(LUNAのデススパイラル、Celsiusのクラッシュ、驚異的なFTXの崩壊が思い浮かびます)重要な変数は、すべてのリスク資産の価値を抑制する厳しい金融政策で間違いないでしょう。ビットコインはFRBが方向転換するまで上昇を許されないが、この1週間、投資家は以前より早く方向転換することを期待するスタンスに転じています。

これは続くのか?

次の重要な日は2月1日で、最新の金利政策を決定するために連邦準備制度理事会が開催されます。このFOMCは毎月のCPIレポートと並んで、昨年来の相場の重要なドライバーとなっています。

私は5日前、CPIレポートにぶつかると週明けにボラティリティが出るだろうと書きました。このレポートは予想通りでしたが、またもやインフレ率の低下を反映し、先に述べたように市場を上昇させたのです。

Jerome Powell議長の口からこれまで語られてきた言葉を考慮すると、価格の高騰はいささか驚きです。彼は金融政策の軸足がぶれることはないと断言し、金融政策が再び緩和されるとの市場の早とちりさえも一蹴したのです。

確かに昨年来、市場ではFRBが利上げの範囲や速度についてハッタリをかけているのでは?と何度も賭けに出て、誤ったスタートが繰り返されてきました。そのため、その後の下げの動きが激しくなったという面もあります。

事実、下のグラフは「百聞は一見にしかず」です。

大きな動きをするアルトコイン

暗号の歴史を通じて繰り返し見てきたように、高ベータのアルトコインはビットコインよりも大幅に高い利益を印刷しています。もちろんこれは低いベースからのものです。高ベータの欠点は、厳しい時には痛みがより厳しくなることで、アルトコインはこの暗号の冬を通して確かにそれを経験しました。

この利益は、暗号の標準によってさえも波乱の年を持っていたレイヤー1であるSolanaによって導かれてきました。私は2週間前にこのコインのディープダイブを書きましたが、このコインは、一時イーサリアムとビットコインに続く3位の座から、トップ20内にかろうじて留まっている状態まで急落していました。

度重なる停止、ライバルブロックチェーンへのトッププロジェクトの離脱、失脚したSam Bankman-Fried氏との密接な関係などが重なり、Solanaは史上最高値の260ドルから97%削られ、2022年末には7.70ドルで取引されるようになったのです。

しかし、典型的な暗号の基準では全く不可解なミームコインBONKに導かれたセンチメントの反転がコインを後押しし、現在、過去2週間で2倍以上となり23.40ドルで取引されています。

ミームコインは全面的な利益を享受しています。通常であればその理由を分析するところですが、ミームコインの狂気には本当のパターンがないことはもうわかっているので、代わりに単純にリターンを列挙することにします。Shiba Inuは29%上昇し、すべての父親であるDogecoinは20%上昇、現在112億ドルの時価総額で取引されています。

次は何が起こる?

今のところ、投資家は2022年まで生き延びようとしただけで利益を享受しています。しかし市場を見ると、価格は高騰しているもののボラティリティは依然として低く、出来高もパンデミック時とは大きく異なっています。

FTXの崩壊以来、市場は例年になく静穏であり、これが重要な動きを見せる最初のケースです。楽観的な見方は明らかですが投資家は依然として慎重であり、価格は昨年のこの時期から極端に抑制されています。

75%の下落の後に20%の上昇があっても、70%の下落に相当します。今朝はトレーダーにとって緑のローソク足がきれいで、長い間待ち望まれていましたが、暗号に対するダメージの規模はまだ深刻です。機関投資家の採用は無数のスキャンダルによって大きく損なわれた可能性が高く、FTXの伝染の網にさらなるドミノ倒しの可能性が残っており、マクロ/インフレは依然として非常に不透明です。

この2週間は、暗号だけでなく経済全体にとって必要なポジティブなニュースでした。投資家はチャートの急上昇でそれを祝っていますが、今はまだ不確実な時代で、これから多くの紆余曲折が待ち受けています。