ホームニュース暗号詐欺や盗難資金が2022年に66%減少?

暗号詐欺や盗難資金が2022年に66%減少?

暗号が主流に巡り巡って、ここ数年、暗号通貨の利用や導入が急増しています。しかし、新しい通貨の普及に伴い、不正な使用や悪用が増加しています。

CoinJournalは、 Chainalysisによるレポートを分析して、暗号犯罪がどれほど蔓延しているか、どのタイプが最も蔓延しているか、どの年に暗号犯罪者に最も多くのお金を失ったかを確認しました。

  • 暗号詐欺は2021年に82%増加して78億ドルになりました。

  • 盗まれた資金の32億ドルの72%がDeFiプロトコルからスワイプされました。

  • 総暗号取引量に占める詐欺の割合は66%減少しました。

trad-fi空間での詐欺と比較した場合、暗号は実際どの程度悪いのでしょうか?それとも批判的な意見にも一理あるのでしょうか。暗号は本当に悪意のある人たちの巣窟なのでしょうか?

2022年の暗号犯罪の傾向

ここで、迂闊なことは言わないようにしましょう。この数字はかなり恐ろしいもので、調査によると暗号ベースの犯罪は2021年に140億ドルに達し、これは2020年の78億ドルから(非)健全に増加したことになります。

しかし、これをtrad-fi部門と比較するのであれば、いくつかのカテゴリーを取り除く必要があります。テロ資金調達、ダークネットに相当するもの、その他多くのカテゴリーは、不換紙幣の世界では単に広すぎて定量化できないのです。米ドルは、麻薬の購入や盗品の購入、その他上記のカテゴリーに含まれる無数の秘密活動に使用されないほど純粋なものではないことは、誰もが認めるところでしょう。

ここで注目したいのは、暗号通貨に「特有の」犯罪が主流メディアが言うほど蔓延しているかどうか、また、trad-fiと比較してどうかという点です。ここでいう犯罪とは、詐欺、ハッキング、スキャムなど、その類いのものを指します。これは間違いなく、まったく別のものの比較になるでしょうが、友人の間ではちょっとした詩的なライセンスがあるのでしょうか?

暗号詐欺と盗まれた資金

上のグラフが示すように、年々の成長という観点から、私たちが関心を持っている2つのカテゴリは、詐欺と盗まれた資金という2つの最大の要因でもありました。詐欺は2021年に82%増加して78億ドルになり、2021年には32億ドル相当の暗号通貨が盗まれました。これは2020年と比較して516%の増加です。

それは素晴らしいことではありませんが、しかし、単に見出しの数字だけを読むことに罪悪感を抱くのはやめましょう。この成長の大部分はDeFiで起こったもので、暗号空間の中で最も新しい「サブ産業」であることも事実です。

DeFi

盗まれた資金32億ドルのうち、72%がDeFiプロトコルから盗まれたものである。詐欺に関しては、78億ドルのうち28億ドルはラグプルのみによるもので、これはDeFi分野の古典的(新しい)詐欺で、創設者が暗号通貨を創設してから流動性を拭い、投資家の資金を持ち逃げするというものです。

実際には、28億ドルには流出した流動性のみが含まれ、その後のネイティブトークンの切り下げは含まれず、常にクレーターが90%を超えるため、総損失は実際には高くなります。

数値の意味するところ

では、初期の業界は、何もない状態から通貨システム全体を引き継ぐことへと自らを立ち上げているので、DeFiにパスを与えることができるでしょうか。上記の数字は、詐欺や盗まれた資金が累積で48億ドルから110億ドルに129%増加したことを示していますが、DeFi内のトランザクション量は同期間に912%増加しました。暗号通貨の総取引量は2020年から2021年にかけて567%増加しました。つまり、全体的なレンズを通して見た場合、確かにきれいなものではありませんが、もう少し色を塗るのに役立ちます。

一方、これは、trad-fiの世界で見られるものと比例して、これは完全に異常なことなのでしょうか?

UK Financeのこの調査によると、2019年にペイメントカード詐欺(クレジットカード、デビットカード、チャージカード、ATMのみのカード)から12億8000万ポンド(16.7億ドル)が盗まれました。下のグラフは、2010年から2020年、2020年には1億6000万ドルにのぼります。これは単なる英国の銀行であり、グローバルではないことに注意してください。ただし、DeFiがグローバルであっても、私たちがDeFiで見ているものに比べて淡いものです。

英国でのオンラインバンキング詐欺の損失、Statista経由のデータ

しかし、オンラインバンキングはほとんど新しいものではありませんが、DeFiは間違いなく新しいものです。ヒステリーは、Binance Smart Chain(Safemoon)、Ethereum(Shiba Inu)などのミームパンプやアップオンリーの物語によってヒステリーが引き起こされ、投資家(あるいはギャンブラー)が次の一攫千金の波に乗ろうと、個人資金が流れ込んできたのです。

この業界は1年を通してギャンブルの泥沼で、本物のプロジェクトによって構築された根本的な価値をどこか隠してしまっていました。DeFiは、真の実用性を目指しているプロジェクトもあれば、付加価値を生み出す現実的な望みのない単なる模倣フォークもある中で、これらのプロジェクトをすべて一緒にしてしまうには、あまりにも範囲が広すぎます。そして、もしDeFiが広すぎる言葉であるなら、暗号通貨は間違いなくそうです。

Trad-Fi

trad-fi業界全体を同じような問題で汚すことがないように、DeFi業界全体を同じような筆で描くことには注意が必要です。悪名高いWirecardの詐欺は10年間続き、バランスシートに20億ドルの穴を開ける結果となりましたが、監査人(KPMG)は業務を継続しました。他の場所では、Bernie Madoff氏のサーカス行為により、推定648億ドルの詐欺が発生しました。

Jordan Belfort氏でさえ、単独で2億ドルの投資家の損失を引き起こしたと推定され、彼は結局、彼を不滅にする冒険活劇のレオナルド・ディ・カプリオになりました。

実のところ、trad-fiは大きすぎて、損失の範囲、業界の規模、犯罪の増加を定量化することはできません。しかし、DeFi、または暗号通貨全体が、悪意のある活動によって傷つけられた金融業界内の最初のセクターであると偽ってはいけません。不幸な現実は、暗号通貨が経験したのと同じくらい流星的な成長で、特にその変更があまりにも速く発生して規制当局が追いつくことができない場合、変更を有利に操作しようとする悪意のあるヒルが常に存在するということです。

その違い

ここでの本当の違いは、DeFi内で可能な個々の強盗のサイズです。数字をさらに細かく分析すると、2021年に発生した28億ドルのラグプルのうち、90%が1つの不正取引所であるThodexによるものであり、そのCEOであるFarukFatih Ozerは顧客の資金引き出し能力を停止した後に逃亡しました。当局が彼を捕まえた場合、彼は現在トルコで4万年(!)の刑に直面しています。

Axie Infinityは最近、ハッカーに個人用セキュリティ・キーを奪われ、6億2500万ドルの被害を受けました。昨年は、Poly Networkが6億ドルのハッキングの被害を受けたましたが、ハッカーが資金を返却した後、チーフセキュリティアドバイザーとしての仕事を提供されるという奇妙な展開になりました。

実際、Poly Networkの場合のホワイトハットハッカーは、唯一の慈悲深いコンピューターウィズとはほど遠いものです。これは、SushiSwapがホワイトハットハッカーによってコードに3億5,000万ドルの巨大な脆弱性があることを警告されたのに対し、 Polygonは、8億5000万ドルの損失をもたらす可能性のあるバグを最近指摘され、実際に200万ドルの賞金を支払いました。

しかし、ホワイトハットであろうと悪意があろうと、現実には、数億ドルというこの規模の強盗を、trad-fiの世界ではなく、自宅のラップトップからブロックチェーン上で実行することは、かなり容易なことなのです。暗号が成熟するにつれ、このような孤立した事件も含め、全体の数は減少していますが、この分野の資金と匿名で行動できる可能性は、ユニークな機会を提供するものなのです。

この規模の強盗がtrad-fiの世界であまりにも頻繁に見過ごされていることを想像するのは難しいですが、それでも、上記のいくつかのケースで述べたように、実際に起こります。

ポジティブな軌跡

Chainalysisレポートは、犯罪を起訴する法執行機関の能力の向上に言及しており、いくつかの投資詐欺に対するCFTCのファイリング料金の最近の取り組み、FBIによる多作のREvilランサムウェア株の削除、OFACによるSuexとChatexの制裁について言及しています。(マネーロンダリングに大きく関与したロシアを拠点とする暗号通貨サービス)そして、これは私たちがもっと掘り下げたい分野です。

また、国税庁は2021年に35億ドル以上の不正に入手した暗号通貨を押収したと発表し、米国司法省は悪名高いBitConnect詐欺で5600万ドルを押収、さらにColonial Pipelineランサム攻撃で230万ドルを押収しています。

ますます、法執行機関はこれらの活動を迫害するのを助けるために暗号通貨の橋を標的にすることができました。ブロックチェーンが提供する透明性は、実際には犯罪者にとってその意味での問題です。世界がブロックチェーンで何が起こっているかを見ることができると、大規模にお金を「洗い流す」ことが難しくなるからです。事実上移動する方が簡単かもしれませんが、フラットにブリッジしたい場合は、かなり多くの工夫が必要です。

今後の予測

暗号通貨の取引量が2020年から2021年にかけて567%増加して15.8兆ドルになったにもかかわらず、詐欺や盗まれた資金は129%しか増加しなかったという事実を見ると、これは取引量の割合としての違法行為の66%の減少を表しています。詐欺や盗まれた資金の数値を単独で見るよりも、より代表的な指標です。

前に外挿して、暗号通貨の取引量が2022年の15.8兆ドルのレベルにとどまる場合を見ると、量の割合としての詐欺と盗まれた資金のこの同じ66%の減少は、2022年の詐欺と盗まれた資金が3.7ドルに上陸することを意味します2020年の110億ドルから大幅に減少しました。

したがって、業界全体での急激な成長がなければ、そのような強盗の頻度は実際には大幅に低下しています-これは、2021年の数字を今年に外挿した下のグラフが示しています。(軸の犯罪を許してください、これは単なる視覚表現です!)

結論

締めくくりとして、以前は野放しだった暗号の世界を、当局がますます理解し、取り締まるようになってきたということです。迫害はどんどん起きているし、規制も追いついてきています。この数字は、DeFiと暗号通貨の爆発的な成長により、ハッキングやセキュリティ侵害は、比例して、実際に減少していることを示唆しています。数値化するのは難しいが、こうした問題はもちろんtrad-fiの世界でも起きています。

ただし、そうは言っても、暗号通貨で見られる個々のハッキングのサイズが懸念されています。顧客は、資金に特に注意を払い、保管慣行に慎重である必要があります。業界は絶え間なく成長している可能性があり、問題の規模は誇張されている可能性があります。ー特にtrad-fiの世界での同様のイベントと比較した場合ーそれでもまだ問題です。

しかし、この先もトレンドが続くのであれば、私たちは正しい道を歩んでいると言えるでしょう。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。