ホームニュースキューバ、制裁回避のために暗号を活用へ

キューバ、制裁回避のために暗号を活用へ

昨年夏、検閲の試みにより、多くのキューバ人がインターネットに接続できない状態に陥りました。また3月には首都ハバナのガラス繊維が破損する事故が発生し、キューバ人はさらなる混乱に直面しました。キューバでのモバイルインターネットは3年前に設定されたばかりですが、モバイルインターネット回線の提供は、国民がようやく自由を手に入れる転機となるものだったようです。

しかし米国による厳しい制裁措置が導入され、キューバの多くの国民に大きな負担を強いています。ブロックチェーンのような独立した通貨技術が、彼らの問題解決に理想的である理由の1つです。

現地の企業経営者であるNelson Rodriguez氏は、NBCの最近のインタビューで、2つの相反する視点の衝突が起きていると説明しました。そのため、同国では暗号の利用が増加しています。Rodriguez氏のような 「国民は、主権、分散化、資金を保存し取引する自由」という考えを参照して暗号を信じています。地方政府が曖昧な税金を導入したり、単に技術を禁止したりすることを恐れる必要はないのです。

しかし、PayPal、Revolut、Zelleやその他の一般的な決済システム、グローバル電子財布は、米国の制裁によりキューバでは禁止されています。

キューバ政府は最近、暗号サービスプロバイダーと取引のための法的枠組みの構築を開始しました。暗号通貨を利用したい人は、まず2022年4月からハバナの中央銀行からライセンスを取得する必要があります。

同銀行は社会経済的、法的なニュアンスを考慮した上で、1年間のライセンスを承認するか否かを決定します。このようにして、政府は国際貿易を活性化させる一方、市民が主要なクレジットカードや電子決済システムではなく、暗号ウォレットを使うことでより自由に移動できるようにしたいと考えています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。