ホームニュースCurrency.comが米国の拡大を発表

Currency.comが米国の拡大を発表


Currency.comが米国に進出したことがプレスリリースから判りました。米国の顧客は間もなくオンラインでアクセスすることになります。

急成長しているグローバル暗号交換は、今後数週間でモバイルベースのアプリケーションを展開します。そのウェブサイトは、2022年5月1日から米国のクライアントが利用できるようになります。

米国の顧客は人気のある暗号に投資できる

このプラットフォームの米国版では、米国居住者は取引量の多い暗号通貨を購入、保有、投資することができます。Currency.com USは、48の州と地域で利用できるようになります。ニューヨークとハワイの顧客は、今後数カ月でこの取引所にアクセスできるようになる予定です。

Currency.comの米国CEO、Steve Gregory氏は次のように述べています。

「米国への進出は、Currency.comの成長にとって画期的な出来事です。世界で最も成熟した暗号通貨市場の1つに、簡素で直感的なウェブベースのプラットフォームを導入することができたのです。」

Exchangeは世界的に力強い成長を遂げる

Currency.comの米国への進出は、世界的な力強い成長を受けたものです。その取引活動は、2021年に前年比445%増となりました。暗号取引所で実行された取引の総額は、同期間に409%上昇しました。

Gregory氏は以下のように付け加えました:

暗号通貨に一時的な興味以上のものを抱く人は、これまで以上に増えています。分散型台帳技術サービスを提供する認可を受けたプラットフォームとして、Currency.comは投資家の旅をサポートするのに適した立場にあります。また、規制当局や業界団体と密接に連携し、暗号通貨の売買や取引を行うお客様に安全な環境を提供し続けることができるよう努力しています。

暗号ウォレットとより高速なオンボーディング

Currency.com USは、フィアットから暗号通貨への支払いゲートウェイ、ホストされた暗号ウォレット、および簡素化されたオンボーディングプロセスを備えています。米国のクライアントは、より迅速でシンプルなオンボーディングと実行の恩恵をいち早く受けることができます。

Currency.comの法定通貨から暗号通貨への機能は、人気のある暗号通貨を安全に保管、購入、投資する柔軟性を提供します。暗号ウォレットを使用すると、クライアントはクレジットカードを使用して、暗号通貨をシームレスに売買したり、Currency.comアカウントを銀行のアカウントにリンクしたりできます。

Currency.com USは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュでローンチし、時間の経過とともに暗号通貨を追加します。

コンプライアンスに妥協はありません

取引所では、独自の機械学習技術により、コンプライアンスに妥協することなく、顧客のリスクプロファイルを評価する予定です。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。