ホームニュースDBS銀行、年内にリテール向け暗号トレーディングデスクを立ち上げるとCEOが発言

DBS銀行、年内にリテール向け暗号トレーディングデスクを立ち上げるとCEOが発言

DBS Bank machines in one of its branches

同行はシンガポール通貨監督庁(MAS)の規制上の承認を得て、2021年初頭に機関投資家向け暗号取引デスクを立ち上げました。

シンガポールに本社を置く銀行および金融サービスの大手企業であるDBSは、個人投資家を対象とした暗号トレーディングデスクの計画を立てていると、銀行の最高経営責任者であるPiyush Gupta氏は月曜日に語っています。

Gupta氏は月曜日に発表された銀行の第4四半期の報告に続く決算発表の間に、計画を明らかにしました。

CoinDeskが引用した通話内容の抜粋によると、トレーディングデスクが展開する前にさらに多くのことを行う必要がありますが、DBSの責任者は金融サービスプロバイダーは年末までにすべてのシステムが稼働するようになると考えています。

現在の投資家ベースを超えて拡大するための最初の作業を開始しています。」とGupta氏は述べています。

現在シンガポールの大手銀行は、現在のインフラストラクチャを拡張して、認定投資家の既存の基盤を超えて顧客に新しいサービスを提供することを目指しているとCEOは付け加えました。

トレーディングデスクでの仕事のほとんどは、コンプライアンスとユーザビリティに関するものだとGupta氏は指摘しています。

使いやすさと暗号資産との統合に関係するデスクの側面は、2022年6月頃にアクセシビリティの目標を設定して、今後数か月以内に完了する必要があります。

DBSは昨年、シンガポール金融管理局(MAS)から暗号取引サービスを提供するための規制当局の承認を受け、顧客の需要を満たすために暗号に傾倒しようとしている世界中の主要な銀行機関の1つとして浮上しています。

小売暗号取引デスクの計画は、銀行が機関ベースの暗号取引デスクの発表に成功した後に行われます。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。